Kindle小説サンプル

S女小説 私刑島「地獄の女看守たち」

S女小説 私刑島「地獄の女看守たち」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

女性が支配する秘密の監獄島で、性犯罪の前科を持つ男たちを待ち受ける過酷な日々の物語

私立女子高教師、羽田洋哉(40)は、痴漢の罪を着せられ懲戒解雇されてしまう。訪れた職業安定所で偶然会った元同僚の大島冴子(27)と夕食を共にし、彼女が知人から借りているというクルーザーへ誘われる。そこで振る舞われたワインを飲んだ洋哉は強烈な睡魔に襲われた。目が覚めた彼の目の前に立っていたのは、厳めしい看守服に身を包んだ冴子だった。船はやがて孤島に上陸し、洋哉は女性が支配する私営の刑務所に問答無用で投獄される。待っていたのは、ひたすら婦人靴を修理する刑務作業と狭い囚人房の日々だった。やがて別の工房に異動となるが、そこの担当看守はなんと、皮革メーカーに就職したはずの元担任クラスの教え子、榊綾香(19)だった。このときはまだ、のちに彼女が自分の運命を握る女性になるとは、夢にも思わない洋哉だった。

第一章 島に流された痴漢教師

第二章 凶暴淫虐な女看守たち

第三章 尻に刻まれた忠誠の証

第四章 非道なペニバンレイプ

第五章 アイドルたちの裏の顔

第六章 完全服従か刑場の露か

本文サンプル

プロローグ

「ふう……」
 羽田洋哉ひろやは、ひとつ大きなため息をつくと職員室を出た。校庭が見渡せるベンチに腰掛ける。五月に入って一気に増えた緑が夕陽に輝いている。右手の花壇にはナスやトマトの花がそよ風に揺れている。
 真愛女子高に勤めて二十年近くなるが、いまだ母姉参観には慣れない。新任当初にモンスターマザーから激しいクレームを受けたことがトラウマになっているのだ。前の夜は不安のあまりほとんど寝ていないし、当日も緊張で終日気持ちが張り詰めている。それがようやく終わって落ち着いたところであった。でき映えはどうであれ、無事に完了できたのがなによりだった。
「よう」先輩教諭の安達あだちが寄ってきた。「どうした。くたびれ果てた顔して」小太りの体を揺らして言う。
「あ、え、いえ……」
「もう終わりだろ? どうだ、久々に一杯」

「何がモンスターマザーだ。そんなの一発ぶっこんでやりゃいいのよ」
 安達はジョッキのビールを一気に飲み干して、さっそく二杯目を注文した。
「そんな……いくらなんでも……」洋哉は苦笑いをする。「先輩、本当にしたことあるんですか。そんなこと」興味本位で聞いてみた。
「あるよ」安達はにやりと笑った。「詳しく聞かせてやろうか?」
「いや、いいです……結構です……」
 洋哉は慌てて断った。深入りする相手ではない。妙なとばっちりを受けてはたまらない。
「なんだよ、羽田。俺とつるんでたら出世に影響するってか?」
「いえ……そんなことはないですけど……そういえば、安達さん、管理職試験、受けないんですか?」
「興味ねえからな」安達は無精髭をさすりながら言った。「めんどくせえし、俺は万年平教師で十分だよ。そのほうが気が楽だ。性に合ってるよ」
「ま、まあそれは確かに……そうかもしれないですね……」
 口に出しては言えないが、この先輩が責任のある役職について訓示をしている姿など、正直、想像できない。
「だろ」安達はお代わりのジョッキを受け取って三分の一ほどを一気にあおる。「あんなのはなあ、あちこちにへえこらするのが得意なヤツらにやらしときゃいいのよ。うちの教頭やら校長見てたら分かるだろ」

 事件が起こったのはそれから三ヶ月後の夏休みだった。職員室のテレビに全職員が釘付けになった。
『逮捕されたのは、高校教諭の安達宗男、五十六歳。強制性交等罪の容疑です。被害者は、同校を卒業した女生徒……』
 女性アナウンサーが険しい顔でニュースを読んでいる。
「強制性交等罪って……」
 洋哉がつぶやくと、ベテランの女性教師が洋哉の肩に手を掛けた。
「昔で言う強姦罪よ。被害者の対象が男女になって名前も変わったんだよ」
 驚きはしたが、安達ならやりかねないとも思った。
「なんてことを……それにしても誰が……」
 よりによって卒業生をとは。だが犠牲者については、生徒のプライバシーを守るため、一切、話題に上げたり詮索しないよう校長から通達が出て、皆それに従った。

 当の安達は当然のごとく懲戒解雇となり、学校は女生徒たちの動揺を抑えるべく、カウンセリングや警備の強化、男性教諭へのモラル研修、女性教諭の割合を増やすなどさまざまな方策を施した。

 それから三年後。
 三年生を担任している洋哉は進路面談を行っていた。
「今の調子で頑張ればきっと大丈夫だから。自信持って……じゃ、次、さかきを呼んできて」
 洋哉は面談を終えた丸顔の女生徒に告げた。
「失礼します」
 相談室へ入ってきた榊綾香あやかが、向かいに着席する。二重まぶたの美少女は微笑み、軽く頭を下げる。開けた窓から入ってくる心地良い秋風が、胸元まである栗色の柔らかそうな髪の毛を揺らしている。
「あ……えっと榊の第一志望は、《東条レザー》って、これは……」
「はい。革製品の加工をする会社です」
 洋哉にしてみれば、榊綾香の志望で初めて知った会社だった。従業員は五十名に満たない規模で、受け持ちの生徒を推薦するには、担任としては不安があった。
「みたいだね……そういうのに興味があったんだ……」
「ええ」
「榊はてっきり大学に進学するとばかり思ってたよ。成績も優秀だし」
 多くが短大進学を目指す女子高の中で上位数十人は四年制の大学へと進んでおり、彼女はそのレベルの成績を一年次より維持していた。加えて運動神経も抜群だった。あらゆる球技をこなし、バレーボール部では持ち前の長身を活かしてエースアタッカーを務めていた。幼い頃から空手道場に通う黒帯保持者でもあるらしい。さらには気立ても優しく、まさしくすべてを兼ね備えた女生徒であった。
「推薦は……出していただけますか……」
 綾香は、目に強い意志をみなぎらせて言った。よほど興味のある職種なのだろう。
「進学は、興味なし?」
 念のために尋ねたが、一度自分で決めたことは最後までやり通す性格だと言うことは知っている。
「はい。よろしくお願いします」

 結局、その後の最終面談でも綾香の意思を翻すことはできず、洋哉は東条レザーに推薦を出した。当然のごとくすぐに内定が出て、卒業後、榊綾香は第一志望の会社に就職を果たしたのだった。

 再び事件が起こったのは、その年の夏休み直前だった。
 朝のラッシュ時、洋哉が乗った車両は、ブレザー服の女子高生で埋め尽くされていた。優華女学院の女生徒たちである。彼が勤める真愛女子高の二駅向こうにあるこの女子高は、風紀があまりよろしくないことで有名だった。快速列車は洋哉の降りる駅まで止まらない。あと少しで到着するところで、向かい合っていた清楚な雰囲気の女生徒が、「いやあっ……」と大声を上げた。周囲の視線がいっせいに集まる。
「いま触ったでしょ……この手……」
 女生徒が洋哉の手首をつかんでぐいと引っ張り上げた。
「あ、いや……違う、違います、触ってなんかない……」
「何言ってんの、あんたしかいないじゃん」
 茶髪の女生徒がすぐに反対の腕をつかんだ。確かに周囲には男性はいない。しかし洋哉でないことは彼自身が一番分かっている。
「な、何も、僕はやっていませんっ」
「ダメやん、いい年したおじさんが、女子高生に痴漢なんてやっちゃ」
 うっすら化粧をした女生徒が、ドスの利いた声で脅してきた。さらにパーマをあてた女生徒が後ろから迫ってきた。
「降りようか一緒に」
 四人の女生徒に取り囲まれるようにして、洋哉はホームへ降ろされる。そのまま駅員に引き渡されるものと思いきや、彼女たちは洋哉を女子トイレに連れ込んだのだった。
「ねえ、どういうつもりかなあ」
 茶髪の女生徒が壁を背にした洋哉に凄む。
「僕は本当に痴漢なんてしてませんから……」
「きゃっ、なんで男の人がいるのっ」
 セーラー服の女子たちが入ってきて叫んだ。真愛女子高の女生徒だ。
「あれ、羽田先生じゃない……」
 もう一人が気づいて言う。隣のクラスの生徒だ。
「見世物じゃないんだよ、失せやっ」
 薄化粧の女生徒が脅すと、女生徒たちは逃げるように去って行った。
「ふーん、真女の先生なんだ。あんた」
「やばいよ、女子高の先生が痴漢なんてやっちゃ」
「だから、僕は何も……」
「やってないって? ふん、ここにいる全員が証人だよ」
「美咲の前には男はあんたしかいなかったんやから」
「百パーアウトでしょ」
 女生徒たちの迫力に圧倒され、洋哉は言葉を失った。
「どうする? 示談する?」
 薄化粧の女子高生が腕組みをして言った。
「え……」
 洋哉は一瞬あっけにとられたが、すぐに頭を巡らせる。ここは彼女たちの提案に応じてお金を払い、解放されることが先決ではないだろうか。それにもし断れば、腹いせに駅員に突き出されるかもしれない。洋哉が痴漢したことになっている美咲とかいう女生徒以外は、皆、洋哉より背が高く体格もいい。とても逃げ出したりはできそうにない。
「どうすんのさ」
 茶髪の女生徒が声を張る。
「わ、分かりました……お、おいくらで……」
 薄化粧の女生徒が片手を広げると、パーマの女生徒が、「安いよ、それじゃ」
 茶髪女子も頷いた。
「じゃ、これだね」
 両手の平を示してみせた。
「じゅ、十万円……」
「痴漢の慰謝料としちゃ妥当でしょ」
 パーマ女子が言う。
「いまはそんな手持ちが……」
「ATM行こうよ、あるよね? ここ」
「……え、あ、はい……改札を出たところに……」
 一刻も早く問題を解決して解放されたい洋哉は正直に答える。

「あ、あの、ちゃんと下ろしますので……」
 ATMの操作を取り囲まれて、洋哉は焦る。
「いくら下ろすの?」
 茶髪女子が尋ねる。
「じゅ、十万円を……」
「違うでしょ、ひとり十万だから」
「四十万やね」
 薄化粧女子がにやついて言う。
「そ、そんな……」
「じゃ行こうか、駅員さんとこ」
「わ、分かりました……分かりましたので……」
 ボーナスの残りを定期預金に移す前だったので、なんとか払える額は残っているはずだった。
 ATMボックスの脇、人目のつかぬ場所に移動する。出金した札束を数えて、十枚ずつを女生徒たちに渡していたところに、ブルーのネクタイをした女性が現れた。
「どうしました?」
「え……あああ……いえ……」
「鉄道警察です」

第一章 島に流された痴漢教師

☆ 一

 思い出すのも忌まわしい事件から二ヶ月が経った。街路樹の葉は秋色に染まり始めていた。
「あれやこれや選んでたら、再就職なんて永久に決まりませんよ」
 職安の女性担当者が厳しい口調で洋哉に言う。
「あ、はあ……すみません……仰る通りと思いますが……まだ、その……気持ちの整理がつきませんので……また出直してきます……」
 うなだれた格好で建物を出て駅へと戻ろうとしたところに、「先生、羽田先生じゃありませんか?」
 振り返ると黒っぽいスーツに身を包んだ長身の美女が立っていた。
「お、大島先生……」
 元同僚の大島冴子だった。学年も担当教科も違っていたので詳しいことは知らないが、確か昨年の秋に学校を辞めたはずだった。

 大島冴子の誘いで近隣のイタリアンレストランに入り、少し早い夕食を共にした。
「羽田先生はいま?」
 職安から出てきたところを見たであろう冴子が尋ねた。
「……ああ……わ、私、実は、学校をクビになったんです……」
「え、どうして……差し支えなければ」
「はい……痴漢の罪を負わされまして……」
 改めて身の潔白を晴らさんとばかり、痴漢はえん罪であったこと、しかし無罪を証明できなかったため起訴され有罪となり、女子高を懲戒解雇され、妻には離婚され、現在求職中であることを目に涙を浮かべて話した。
「それは……何といっていいか……私は羽田さんを信じますよ」
 冴子はいかにも気の毒だという顔をして言った。
「優女の生徒たちに脅されてお金を払うところを見つかったのも悪かったようです……これが痴漢を認めたとみなされて……」
「本当に不運ですね」
 冴子も洋哉に合わせるように頷き、一緒にため息をついた。
「し、信じていただけますか……」
「もちろん」
 ショートカットヘアがよく似合う冴子の美しい微笑みに、洋哉は胸がかすかにときめくのを感じる。
「大島先生はいま?」
「私も、もう学校の先生ではないんです……まあ、先生とは呼ばれてますけど……」意味ありげに微笑んだ。「矯正施設の教官です……でも、あまり詳しいことは言えないんですよ……国家機密といえば大げさなんですが」
 女子のための少年院のような施設だろうかと、洋哉は想像した。プライバシーのこともあって明かせないのだろう。矯正教官だとすれば、元体育教師の冴子にはふさわしい職場だとも思った。彼女が生徒を厳しく指導する姿も幾度か見たことがある。
「まだ早いですね」食事を一通り終え、冴子は腕時計を見て言った。「もう少し飲みませんか? ご都合よければ」
「あ、はい、ぜひ……」
 酒はさほど強くない洋哉だったが、目の前の美女の誘いを断るほど野暮ではない。
 店を出てタクシーを拾うと、冴子は運転手に埠頭へ向かうよう告げた。
「知り合いからクルーザーを借りていて、くつろげるから、どううかなと思って。お酒もいろいろ置いてあるし」
「く、クルーザー!」言ったあとで恥ずかしくなるような大声を思わず挙げてしまった。「す、凄いですね、それは……楽しみです……」

 港のライトに浮かび上がった白い船舶は洋哉が思っていたよりもずっと大きく、室内はホテルの部屋のようだった。
「大島さんは操縦もできるんですか?」
 ソファに案内された洋哉は飲み物の準備をしている冴子に、ドギマギしながら尋ねた。
「ええ、真女にいた頃、船舶の二級を、出てから一級を取りました」
 切れ長の目で洋哉を見つめて言う。
「か、格好いいですね、大島さんは。なんか、年下の女性にこんなこと言ってしまうのもなんですけれど……」
 長身美女に憧憬の眼差しを返しながら、すでに顔をだいぶ赤らめた洋哉は言う。
「ふふっ……ワインでいいかしら?」
「ええ、もう、僕はなんでも……」
 彼女が注いでくれるものなら、なんでも受け入れたい気分だった。
「じゃ、あらためて乾杯!」
 覚えているのはその一杯のワインを飲み終えたあたりまでだった。

 目を覚ますとベッドの上に仰向けになり四肢を大の字に拘束されていた。
――こ、これは……
 脇の壁に小さな円い窓があり、そこからうっすら光が差し込んできている。どれくらい眠ったのだろう。
「お、大島さん……」
 呼んでみたところで、船の前方スペースの方に人の気配はあるが応答はない。手足をばたつかせるも両手足とも皮の枷できつく固定されビクとも動かない。
「大島さん、これはっ……」
 抗議するかのように大声を出してみる。続けて何度か声を挙げるも反応がないので、諦めていると、ようやく靴音が向かってきた。
――カツ、カツ、カツ、カツ……
「おはようございます」
「ああっ……大島さん……」
 冴子はダークグリーンの厳めしい服――看守服だろうか――に身を包み、同色の帽子を被っている。つばの部分だけが光沢の黒で、朝日に輝いている。
「これは……いったい……」
「羽田洋哉、あなたはいまから姫刃島きじんとうに収監されます」
「キジントウ……収監……な、なんのことです! ……」
 長身美女はそれには応えず、再びブーツの足音を響かせて去って行った。

 船が島に着くと、軍服に身を包んだ大柄な女性兵士二人が、洋哉の拘束を解き、両脇を挟むようにして甲板に連れ出した。先に出て待っていた大島冴子が、手錠を洋哉の後ろ手にカチャリとはめた。
「お、大島さんっ……」
 訴えるような目で見上げる洋哉の頬を冴子が激しく平手で打ち据えた。
――バシッ……
「きひいいっ……あああ……」
 冴子が無言でにらみ据えている。気安く名前を呼ぶなとでも言われているようだった。洋哉はすべての言葉を飲み込んで、女性たちに前後を挟まれ、舷梯を降りていく。
 陸の両脇には、やはり軍服を着て小銃を抱えた女性兵士たちが三人ずつ立って、じっとこちらを見つめている。皆大柄で若い。二十歳前後ではないだろうか。兵士には、白人や黒人もいる。一見、日本人に見える女性も、中国ほかアジアの女性のような気がする。とにかく体格を優先に集めた傭兵たちのようだ。すべて女だった。
 目の前には岩肌の山とうっそうと茂る森があるばかりで、建物らしきものは見当たらない。舷梯を降りたすぐに待っていた軍用ジープの後部座席に乗せられる。右側に大柄な女性兵士、左側に冴子が着いた。後ろ手の手錠が背中と座席に挟まって手首に食い込んでくる。
「うくううっ……」
 洋哉が痛みに顔をゆがめると、冴子が優しく肩を抱き、「すぐに着くから」と艶っぽい声で耳元にささやいた。運転席に座った女性兵士がエンジンを掛け、軍用車を発車させる。車は道なき道を森のほうへ向かうと草木の茂みに突っ込むように奧へと入っていく。
 カモフラージュされたような入口だった。両脇を樹々に覆われた道を少し走って大きなカーブを曲がったところで、前方にコンクリート製の建物が現れた。建物は横に長い平屋建てで、両側を挟むように岩山がそびえている。
「ああ……」
 洋哉は説明を求めるように冴子のほうを見たが、彼女は無言で前を見つめたままだった。さきほどの強烈な平手打ちが思い起こされ、洋哉も黙って前を向き直す。建物の前に車が止まると女性たちはすぐさま降り、洋哉も降ろされる。建物の上部も、土や緑で偽形化されているようだ。秘密めいたたたずまいが洋哉の不安をあおる。
 冴子は大柄な女性兵士たちに英語で何ごとか耳打ちすると、車からは少し離れた入口から、建物の中へと消えていった。
「GO」
 黒人女性が洋哉の背中を押す。洋哉は二人の兵士に再び両脇を固められ、すぐそばの入口から建物の中へと入っていく。鉄格子の部屋が三つほどあり、手錠を外された洋哉は一番奥の部屋へ入れられ施錠された。ベッドと手洗いとむき出しの便器が設置されているだけの部屋だった。テレビやネットでしか見たことのない、悪事を働いたあるいはその容疑を掛けられた人間を監禁するための部屋だ。
「あああ……ど、どうして……」
 洋哉は女性たちが見張っているほうへ寄り、鉄格子をつかんで訴える。
「Shit!」
 ブロンド兵士が唇に人差し指を当てて上からから睨み据えた。洋哉は慌てて後ずさる。
 鞄はどうなったのだろうか。財布やカードケース、家の鍵など、ポケットの中のものはもちろん、腕時計も没収されている。
 半時間ほど経っただろうか。見張りの女性たちがいなくなったのを見計らって、洋哉は我慢していた用を足した。さらにしばらくすると、見張りの女たちが戻ってきて、洋哉を檻の外へと連れだした。再び後ろ手に手錠が掛けられる。檻のエリアの中央にあるドアを開けると長い廊下があり、そのすぐ右側の部屋に連れて行かれる。
 向かいの壁のデスクに、看守服を着た冴子が座っていた。

☆ 二

 冴子の目配せを受けて、女性兵士たちは洋哉を膝立ちさせる。
「ようこそ、姫刃きじん島へ」
 椅子を立った冴子は洋哉の前にくると机の縁に腰を預けた。編み上げブーツの脚を交差させると、切れ長の美しい目でじっと洋哉を見下ろした。
「……ああ……」
 嘆きの声を漏らすも、《大島先生》という言葉はぐっと飲み込んだ。
「どうしてここへ連れてこられたか……知りたい?」
「は、はい……」
「あなたが犯した罪を償ってもらうためよ」
「わ、私は無罪です……あれはえん罪なんです……昨日もお話ししたように……」
「そう……えん罪ね……私個人としては信じてあげたいけれど……この制服を着た私は、上が決めた決定に従って、自分の職務を果たすしかないの。悪いけれど」
 大きく開いた看守服の襟を触って言う。
「そんな……こ、ここは、何なんでしょうかっ 大島先生は、いったいっ」
 たまらず大きな声を出した洋哉を見据えて、冴子の表情がみるみる気色ばむ。机の上から革の手袋を取ると苛立った仕草で装着する。
「立たせて」
 二人の外国人女性が脇の下に手を入れて、華奢な男の体をぐいと引き上げたまま、自分たちは半歩ずつ後方に下がる。簡単な日本語は、理解できるようだ。大きな手で背中を押され、洋哉は顎と胸を突き出すような格好になる。
「歯を食いしばりなさい」
 美女は鼻腔を膨らませ、切れ長の目を見開いて言う。洋哉が従ったとたん、強烈な平手打ちが頬を襲った。
――バシーン……
「うがあっ……ひいっ……」
 あまりの痛みについ甲高い情けない声を上げてしまう。
 往復で、二発、三発、四発、五発と続いた。
「がふうっ、ぐああっ、だああっ、ぎひいいいっ……」
 このような厳しい平手打ちを受けたのは、生まれて初めてだった。教師はもちろん、親にだってこんなに強く打たれたことはない。元体育教師の筋力の凄まじさを思い知った。
「……ひいぃ……す、すみません……」
 洋哉は声を震わせて詫びる。
「勝手な質問は許さないわ。私の言うことに黙って従ってればいいの」冴子はうなだれた洋哉の顎をつまんで上向かせた。「できない?」
「で、できます……」
 声を震わせ、ツーンとする鼻を啜り、耳鳴りを聞きながら、血の味のする唾液を飲み込んだ。
「じゃ、確認するけど、あなたの犯した罪は?」
「…………」
「えん罪かどうかなんて関係ないんだよ。まだ殴られ足りないか? 今度はこれでいこうか?」
 赤いルージュの長身美女は、革手袋で拳をつくって振りかざした。
「ひっ、い、いえ……きょ、強制わいせつ、罪、です……」
「だったよね……反省はしてる?」
「あ……ああ……」
 裁判官にも再三聞かれた言葉だった。
 少しでも早く社会復帰できるよう、弁護士から説得を受け、罪を認め、反省の意を裁判官にも示すよう促されたものの、本当にやっていないことを認めることはできなかった。結果、執行猶予こそついたものの、初犯にしては重い刑罰を下されることとなったのだ。
「決まりなのよ、この質問は。記録しなくちゃならないし」
「……お、大島先生……」
「あのね、これはあなたの生死に関わることだよ」
「……生死? え、あ……」
 いったい何を言っているのだろう。冗談だと言って、冴子が笑みを見せるのを待つも、いっこうにそんな気配はない。
「聞いてる? あたしの言ってること」
「……も、もちろんです……わ、分かりました……反省しています……」
 そう言う以外にはなさそうだった。
「だよね。この質問されるだけでも、ここじゃ幸せだと思わなくちゃ。聞かれない輩だっているんだよ」
「え……」
「まあ、そのうち、いろいろ分かってくると思うけどね……」冴子は後ろに下がって再び机の縁に背中を預けた。「で、反省って、言葉だけ?」
「……あ、え、ああ……」
「どんな態度で反省したか、それも記録に残るから……」
 長いブーツの脚を交差させる。
「……あ、す、すみませんでした……反省しています……」
 頭を下げて、彼なりに精一杯、謝罪の意思を示した。
「それでいいのね?」
「……あああ……は、い……」
 これ以上、何をしろと言うのだろう。
「分かった」
 机からバインダを取ると、手短に何かを記録して戻した。
「身体検査をするわね」
 女性兵士たちに目配せをする。手錠が外され、二人の女性兵士が左右斜め前に離れて待機する。
「服を脱いで」
「え……あああ……はい……」
 三人の女性から受けるプレッシャーに圧倒され、シャツとズボンを脱いで、上の下着も外し、ブリーフ一枚になる。
「華奢だね、羽田ちゃん、筋肉ゼロじゃない」
 冴子の嘲りに、二人の側近兵士たちもにやついて、洋哉は恥辱に頬を染める。どうやら外国人兵士たちはかなり日本語を解せるようだ。
「身長一五六センチ、体重四五キロ」
 測定器に乗せられ心細そうにする洋哉を見て、女たちは失笑する。
「はい次。それも脱がなきゃ、検査できないよ」
 冴子がブリーフを指さして言った。
「こ、これは……」
 戸惑う洋哉を鼻で嗤い、冴子は「構え」と女性たちに命じる。
 女性たちのしなやかな動作とともに肩に掛かっていた自動小銃の銃口が、洋哉を狙った。
 洋哉はパニックに陥りながら、慌ててブリーフを脱ぎ捨てる。股間を両手で押さえたとたんに、「気をつけっ!」と冴子が大声を上げた。弾かれるようにして外した手を両腿にピタリと付ける。
「ふふっ、かわいいおちんちんだね……あなた、包茎さんなの?」
「……あああ……」
 強烈な平手打ちが飛んできた。
「ずだぅうっ……」
「あたしの質問を無視するんじゃないよ。聞いてるでしょ」
「は、はい……そうです……」
 顔を火照らせ声をうわずらせて応えた。
「そう、包茎ちゃんなんだ……包茎ちゃん、口開けて」
 冴子は右肩をつかむと、もう一方の手でポケットから小さな懐中電灯を取り出して洋哉の口の中を調べる。
「もっと大きくっ」
「あ、あい……」
 もはやされるがままになるしかなさそうだった。二本の銃口はいまだこちらを向いている。冴子が撃てと命ずれば、本当に発射しそうな気配がある。
「よし、じゃあ、もうひとつの穴、後ろの穴を見せてもらおうか」
「え……いえ……それは……」
「規則なんだよ、そこに手を突いて」
 冴子は机の縁を顎で差した。
 体がこわばってしまって動けない洋哉を見かねて、女性兵士に目配せする。銃を肩にかけ直したブロンド女性が洋哉の背中を押さえつける。大きな手、凄まじい筋力が小男をあっという間に冴子の意のままにした。
「お尻もっと上げて、それじゃ調べづらいわ」
「あ、あああ……」
 なんて惨めな格好だろう。
「ケツ上げろって」
 冴子が尻たぶを激しく打擲する。
「くわうううっ……ひぃっ……」
「脚を広げろ」
「は、い……」
 冴子が英語で何やら命じたあと尻を乱暴に触られる。
「くうっ、ひいいいっ……」
 ブロンド兵士に尻たぶを広げさせ、懐中電灯を当てて、尻穴を調べているようだ。なんて哀れなことだろう。そもそも自分のような素人がそんなところに、何かを隠しているわけがない。貧弱な体を嗤われ、肉体的欠陥まで馬鹿にされ、こんなものは身体検査という名をした虐待に他ならない。人権の著しい侵害だ。島を出た暁には、しかるべきところに訴える必要がありそうだ。
「よし……穴はOK、きれいなアナルだね。バージン?」
――な、なにを言っているのか……
「……はい……も、もう、いいでしょうか……」
「馬鹿言ってんじゃないよ、これからだよ。穴の奧を調べないでどうするの」
 頭を下げて恐る恐る股の向こうを見てみると、冴子が中指にスキンを嵌めているのが見えた。
――あああ……
「ううっ……」
 何やらひんやりとしたものが尻穴の周囲に塗られる。ゼリーだろうか。次の瞬間、何か尖ったものが――彼女の指先だろう――尻穴に当たる。
「くわああっ……」
 尻穴に異物を入れられるなど、小学生時分の浣腸以来だ。
「だ、だめです……」
「力抜いて」
「ど、どうか……」
 冴子が英語をしゃべると両腰に冷たい銃口が突きつけられた。
「ひいいいいっ……」
 腰が砕けて尻からみるみる力が抜けていった。と同時に冴子の指先がズブリと括約筋を押し広げて侵入してきた。
「はうううううっ……」
「んとに、カチカチのバージンみたいだね、ふふっ」
 ねじ込むようにして指が深く埋まっていく。一度侵入を許した肛門は、されるがままであった。
「うはあああっ……」
「何か隠してないか、よく調べないとね」
 円を描くように腸の中をこねくり回す。
「くふああああっ……も、もう……許して、くださいいっ……」
 

S女小説 私刑島「地獄の女看守たち」

Kindle小説サンプル

S女小説 ヴェスパ・レジーナ「男を壊す女たち」

S女小説 ヴェスパ・レジーナ「男を壊す女たち」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

第一章 美人社長の残酷な鞭打ち

第二章 美貌マネージャーの恫喝

第三章 魅惑の美人店長は隠れS

第四章 女性幹部達による逆輪姦

第五章 社長の娘はJKクイーン

第六章 妙齢の女性上司に犯され

華奢で童顔のバイト男が、アパレル会社の美人上司達に、虐待指導される悲劇

万年フリーターである雛形透(40)は、コンビニのバイト先で知り合った白石希美(20)の紹介で、ヴェスパ・レジーナ(女王蜂)というブランド名を持つ婦人服のアパレル会社へ面接へ赴いた。この春、希美が就職した会社で、彼女の叔母が社長を務めているのだった。マダムやヤングマダムをターゲットとする同社スタッフは、商品モデルを兼任することもあって、長身美女揃い。むろん希美もその一人であった。美人統括マネージャーによる一次面接を経て、チーフデザイナーと社長を兼任するカリスマの麗人、真宮和美(36)との面接に臨んだ透は、幸運なことに、その場でバイト採用。すぐさま感謝のメッセージを希美に送り喜びに浸っていたのも、しかし束の間。翌日の出社から、いきなり現実の厳しさを思い知らされることになるのだった。

本文サンプル

プロローグ

「長いことお疲れさまでした」
雛形ひながたとおるは、一緒にコンビニを出た白石希美のぞみねぎらった。二人は、この店でアルバイトをする同僚だった。店は経営者の事情で昨日閉店し、今日の片付けが最後の仕事となった。
「こちらこそ、お世話になりました」
 短大生の希美もかしこまった仕草で頭を下げた。来春に卒業を控えた二十歳は、つぶらな瞳が魅力的で、まだどこかあどけなさを残す色白の美女だった。
 透が一年前にアルバイトとして入ったこのコンビニに、半年遅れて入ってきたのが希美だった。その美しさと可憐さ、そして快活さに一目惚れしてしまった透だが、四十歳の独身フリーターにとって希美はあまりにまばゆく手の届かぬ存在に思えた。告白する勇気などとてもない。それでも、このまま別れてしまうのはあまりにも名残惜しく、勇気を振り絞ってみる。
「あのぅ……よかったら、少しお茶でもしませんか?」
「え?」
 短大生は、唐突な提案に驚いた表情を見せた。
「あ、いや……ごめんなさい……」
 思わず目を伏せる。最後だからとはいえ、自分のような者がこんな若くて美しい女性を誘うなんて、やはり無謀すぎた。身の程を知らなくては。
「……ああ、お茶、いいですよ。行きましょう」希美は腕時計を見て言った。「友だちと待ち合わせてて、まだ時間が少しあるから」
「あ、ホントに……」
 ついでだってかまわない。勇気を出して誘ってよかった。顔があからさまにほころぶのをこらえる。確か、駅前に新しい喫茶店ができていたはずだ。

「これから、どうするんですか。雛形さん」
 希美の形の良い唇が、タピオカドリンクを太いストローで吸い上げる。
「また、次のコンビニ探さないと」
「ふふっ、好きですね、コンビニ」
「いまはもうこれしかできませんから……」透はため息交じりに自虐的な笑みを浮かべる。「まあ、コンビニって経営者次第だけど」
「確かに……でも、いいオーナーのお店ほど潰れちゃいません?」
「それは言えますね。経営は厳しくなくっちゃいけないってことかな」
「お店をうまく回すには、飴と鞭を使って、いかにアルバイトをこきつかうかってことじゃないですか」
「なるほど……鋭いなぁ」希美の洞察に感心しながら、熱い珈琲を啜る。「で、希美ちゃんは? ……どうするんですか?」
「微妙ですね。卒業まで半年切っちゃってるし……いまから新しいバイト探すのもなんだし、少しのんびりしちゃおうかな」
「いいなぁ、うらやましい限りです……就職のほうは?」
「ええ。アパレル系の会社に、決まりました」
「おめでとうございます! ……学校じゃそういうのを専門に勉強していたの?」
 考えてみれば仕事以外にあまり話したことがなかったので、希美のプライベートをほとんど何も知らなかった。
「生活デザイン学科で、服飾専攻です」
「じゃあ、服のデザインとか?」
「そうですね。自分でデザインして、それを販売するみたいな」
「凄いね!」
「それが夢というか目標ですね。実は社長が叔母で、彼女自身がこの会社の現役デザイナーなんです」
「へえ……それは素晴らしい」
「ええ……でも、要はコネ入社ですよ」そう言って希美は悪戯っぽく微笑んだ。「雛形さんは……独身?」
「……にしか見えないでしょ。甲斐性無しですから……」
 独身どころかこの年になるまで童貞である。小学校の体育の時間以来、女性とは手をつないだことすらなかった。
「自由でいいじゃないですか」
「それって褒められてるのかな……」
 苦笑いする透を見て、希美も笑った。その嫌みのない笑顔がまたチャーミングでたまらない。
「もちろん、褒め言葉ですよ……」
 たわいもない会話をしているうちに、すぐに半時間ほどが経ってしまった。
「……あ、そろそろ行かなくちゃ……ごめんなさい……」
 希美が申し訳なさそうに言う。
「あ、いえ、とんでもない……ありがとうございます。すみません、つきあわせちゃって」
「いいえ。じゃ、新しいバイト探し頑張ってください。また、いつか会えたら、お茶しましょ」
「うん、ぜひ……あの……もし……よかったら……電話番号、交換できませんか……」
 思い切って聞いてみる。
「あ、そうだよね。LINEでいい? ですか」
「も、もちろん……ど、どうやるんだっけ……」
「ふるふるすればいいんですよ」
 携帯電話をスマートフォンに替えたばかりの透は、希美の指南を受けながら、彼女とつながることに成功したのだった。上出来だ。

 その晩、ビールのほろ酔いに任せて、さっそく希美にメッセージを打ってみる。
『こんばんは、雛形です。今日は、ありがとうございました。考えてみたら、希美ちゃんとプライベートの話なんてまったくしたことなかったから、最後にいい記念になりました。また機会があったら、ぜひお話しさせてください』
 一時間ほどして、返事があった。
『こちらこそ。またよろしくお願いします』
 続けて、パンダのおやすみスタンプが送られてきた。
 透も慌ててスタンプを探し、おやすみを返信する。

 次にメッセージを送ったのは、二週間後だ。
『ようやく、次のコンビニが決まりました。今度の店長も優しそうな感じです。潰れないことを祈って(笑)、頑張ります』
 それに対する希美の返事は、おめでとうのスタンプだけだった。
 透は気落ちする。
――やっぱり、迷惑なのかな……
 あんな若い美女が、少しの間だけでも四十のオヤジをまともに相手をしてくれたことに感謝すべきなのかもしれない。

 とはいえ、春になると、やはり気になってついメッセージを送ってみた。
『いよいよ、社会人スタートですね。正社員としてのご活躍、お祈りしています。万年バイトの身分としては、うらやましい限りです』
 送ったあとで、ちょっと卑屈な文面だったかと後悔する。
 その夜は、返信がなく、もうここまでにしようと諦めていたところ、翌日になってメッセージがあった。
『ありがとうございます。雛形さんもお身体に気をつけて頑張ってください。私も夢に向かって励みます』
 その夢は何なのか尋ねようとして、止めた。
――しつこいよな。こんなやりとりを続けたところで、彼女とどうにかなれるわけでもない……
 今のところ付き合ってくれてはいるものの、本当のところは迷惑がられているのではないだろうか。
 そうとはいえ、やはり、ひと月ほどして、いてもたってもいられなくなり、あまり飲めない酒を無理やり飲んだ後、メッセージを打ってしまった。
『お仕事、順調ですか? 僕の方は、なかなかハードです。店長は優しいのですが、その奥さんがお店に出てくるようになって、彼女に叱られてばかりです。すみません、泣き言になっちゃって』
 数日経っても返事はなかった。透は送ったメッセージを読み返して、後悔する。
――酔っ払っていたとはいえ、どうして、こんな情けない文章を送ってしまったのか……
 激しい自己嫌悪に陥り、もう二度とメッセージは送るまい、彼女の人生の邪魔になるようなことはしないと誓った。

 それから、四ヶ月後、九月も終わり、もはや白石希美のことを忘れかけていた頃、スマートフォンに一件のメッセージが入った。希美からだった。
『雛形さん、お元気ですか? 白石です。突然ですが、うちの会社でアルバイトを募集しています。よかったら、面接を受けてみませんか? 私からも推薦させていただきますので』

第一章 美人社長の残酷な鞭打ち

☆ 一

 白石希美が勤める《ヴェスパ・レジーナ》は、三十代から四十代の女性をメインターゲットとしたアパレルショップ運営会社だった。ショップのブランドネームがそのまま社名となっている。関東を中心に全国主要都市に店舗を持ち、これから海外展開も視野に入れた勢いのある企業だ。ヴェスパ・レジーナは、イタリア語で《女王蜂》を意味するらしい。なるほど、マダムやキャリアウーマンの服飾ブランドにはそぐわしい名前だ。
 透の面接は青山にある東京本社で行われた。
「はじめまして、統括マネージャーの桐野きりのです。私が面接を担当させていただきます」
 長い黒髪の女性は言った。年の頃は、三十代前半だろうか。複雑な模様が描かれたセピア調のスーツは、アパレル業種のエグゼクティブにふさわしい印象だ。
「ひ、雛形です。はじめまして。どうぞ、よろしくお願いいたします」
 透は女性の品格や服装の華麗さに圧倒され、貧相な自分がみすぼらしく思われているのではないかと、顔を火照らせた。
 女性は履歴書を手に取って、透に質問しながら内容を一通り確認していった。
「ここのところは、ずっとコンビニが続いてますね」
「あ、はい。でもその昔はいろいろ、清掃や運転も……やっておりました……」
 彼女のクールな口調や印象のせいか、まるで女刑事に取り調べを受けているような錯覚を覚える。
「ところで、雛形さんは、当社でどんな役割を果たしたいですか?」
「え、あああ……」
 突如、重たい質問を受け、透は言葉に窮する。白石希美に誘われるままに応募したアルバイトであった。そのようなことは考えてもみなかった。とりあえず、鬼のように厳しいコンビニオーナー夫人の元から逃げ出したかっただけだ。
「どうですか?」
 女性は、まっすぐに透を見つめる。
「……あ、は、はい……」何か答えねばと一心に考えを巡らす。「じょ、女性が中心の職場と思いますので……それをぜ、全力でサポートさせていただければと……そう、考えます……」
 女性はうっすらと微笑んだ。
「分かりました……では社長にも会っていただこうと思いますので……」
 女性はタブレットを取り出して、スケジュールを確認した。一瞬、ホッとした体に、またもや緊張が走った。
「しゃ、社長に……」
 アルバイトごときに、社長面接まで必要なのだろうか。これまでたくさんの職場を渡ってきたが、社長直々に面接されたことなどなかった。

 一週間後、透は再び同社を訪れた。先週面接を担当した桐野裕子総括マネージャーが社長室へと案内し、自身は仕事場へと戻っていった。
「は、はじめまして……雛形です」
「真宮です。どうぞよろしく」
 渡された名刺には、《ヴェスパ・レジーナ 代表取締役 真宮まみや和美かずみ》とあった。思ったより若い女性だった。三十代半ばだろうか。だとすれば、透より四つ五つ年下であった。栗色のワンレングスが似合う瓜実顔の正統派美人である。なるほど白石希美と血がつながっているだけあって、どこか面差しがある。
「作文読ませていただきました」
 先週の面接終わりに、桐野マネージャーから依頼されたものであった。作文を書くために、ネットで改めてこの会社のことを調べた。このときに、ヴェスパ・レジーナが、昨年よりアジア要所のファッションブティックと提携関係を結び、海外進出を始めていること、その原動力は、代表でデザイナーでもある真宮和美の才能に基づくものであることを知った。「強く美しく」をテーマに、和のテイストを含んだ彼女独自のモードは、ヨーロッパのコレクションにも度々取り上げられていた。もちろん国内でも、積極的に美や洗練を求めるマダムやキャリアウーマンから絶大なる支持を集めていた。
 透はこのヴェスパ・レジーナの裏方として女性たちをサポートしたい旨をなるべく細かく書き記して、マネージャーの指示通り、事前にメールしたのだった。
「よく調べていただいたようですね、うちのこと」
「は、はい……でも、正直に言うと販売が中心だと思っていまして……」透は大げさに驚いた様子で言った。「自社でのデザインや製造をここまで本格的に手掛けられているとは思いませんでした」
「とはいっても、オリジナルの販売は、まだ全体の半分だけどね」
 耳、胸、腕、指と、彼女の体には、いたるところに高価であろう宝飾類が煌めいている。
「は、半分でも素晴らしいと思います……」
「うちのことよく理解して、ここに臨んでくれたことは嬉しいわ」
「は、はい……」
 透は結果を伺うように、女社長を仰ぎ見る。
「……そ、それで……雇っていただけますでしょうか……」
 透は待ちきれぬようにして、年下女性に対しては少々卑屈に響く言葉を口にした。
「うん、そうだね……えっと……ちょっと舌見せてくれる? 舌」
「え?」
「健康チェック、舌を出して。ベロ」
「あ、あい……」
 透は怪訝に思いながらも、和美社長の指示に従った。
「長く伸ばしてみて……そう、伸ばせるだけ長く」
 おかしなことをさせるものだ。しかし、言われるままにできる限り長く伸ばしてみせた。
「なるほど、大丈夫そうね。いいよ、戻して」
「……あ、はぁ……」
 透は狐につままれたような顔をして、女社長の言葉を待った。
「基本的にうちは女性しか採ってこなくて……でも、これからは男性の助けも必要だということで、募集を掛けたんだけど……あなたなら大丈夫そうね。希美の推薦ということもあるし……この場で採用決めたいと思います……アルバイトからだけど」
「あ、ありがとうございますっ」
 透は深々と頭を下げた。しかも、正社員へ登用される機会までありそうな口ぶりではないか。
「明日からさっそく、これますか?」
「あ、明日から……あ……はい……大丈夫、です」
 明日からいきなりとは想定外だったが、了承した。せっかくのチャンスだ。社長の機嫌を損ねてふいにはできない。
「とりあえずは、ここで働いてもらうから」
 女社長は床を指さして言った。
「は、はいっ……」
 社長室付けのアルバイトということか。ようやく直接社長に面接されたことへの合点がいった。

 その晩、さっそく希美にメッセージを送った。
『採用です! 明日から出社します。勤務先は本社の社長室です。ありがとうございます。希美ちゃんのおかげです』
 すぐに返事が来た。
『おめでとうございます! よかったですね』
『また同僚ですね。いや、僕はバイトだから恐れ多いですね』
『いえいえ、同じ会社の仲間としてまた一緒に頑張りましょう♪ 本社に行くことがあったら、覗いてみます』
『はいっ。これからもどうぞよろしくお願いいたします』
『こちらこそ、よろしくお願いします』
『本当にありがとうございます。また何かあったら連絡させてください』
『はーい♪』

「昨日、お話ししたとおり、当面は私のサポートをしてもらいますね」
 革張りのハイバック椅子に腰掛けた真宮和美社長が言う。
「は、はい……よろしくお願いします……」
 透は執務机の脇にしゃっちょこばって応える。
「あなた……ひょっとしてスーツそれだけ?」
 女性社長は一張羅である透のグレースーツを指して言った。面接ももちろん、これだった。
「あ、はい……すみません……」
「だいぶくたびれてるね。アルバイトとはいっても、いちおうはアパレル勤務だから。その格好でここのオフィス、出入りして欲しくないわ」
――あああ……
 そこまでは考えが及んでいなかった。コンビニやファストフードのアルバイトとは訳が違うのだ。
「新調しようか。この際、二三着。渋谷に出した新店舗でメンズ扱ってるのよ。よそのブランドだけど、スーツもいいの揃えてるから」
「え……」
「本来、割引購入は正社員にしか適用しないんだけど。特別扱いしてあげるわ」
「……あ、はい……」
 困惑するしかない。断れば、せっかくの採用がふいになるかもしれない。
――あああ……
 希美の顔が突如思い浮かぶ。
「支払いは、給料天引きで少しずつでいいからね」
「あ、ありがとうございます……」
 透は少し安心して頭を下げる。それであればなんとかなるかもしれない。
 その日は終日、社長室の隣にある資料庫の整理を命じられた。

 本社でのアルバイトを終え、社長の指示通り、渋谷の店舗へと向かう。
「はじめまして。この度、アルバイトということで、本社の方でお世話になることになりました雛形です」
「社長から聞いてます、伊藤です。どうぞよろしく」
 透を待ち受けていたのは、伊藤弘美という女性店長だった。まだ年齢は二十代半ばだろうか。エキゾチックな印象の麗人は、背が高く意志の強そうな眼差しをしている。社長が「うちのスタッフはスタイル抜群の美女揃い」と言っていた言葉に嘘はないようだ。今その姿のまま、ファッション雑誌の表紙を飾ってもなんの違和感もないほどだ。
「遅くにすみません。よろしくお願いします」
 透は長身の店長に頭を下げた。閉店後で、表の入口は閉じられており、もう客はいなかった。
「こちらこそ。スーツを新調ということで」
「ええ……そのようなことになりまして……」
「担当を紹介しますね」
 そう言って店長がオフィスの方へ声がけしようとしたところへ、若いスタッフが、「お疲れさまです」と出てきた。
「の、希美ちゃん? ……」
 一瞬分からなかったほど、髪形とメイクが洗練されていた。アルバイト時代よりずいぶんと大人びた印象だ。
「お久しぶりです」
 懐かしい笑顔に透は込み上げてくるものがあった。アルバイト時代の憂鬱を何度も救われた白石希美の笑顔だ。
 社長の言葉通り、メンズスーツに関しては、ヴェスパ・レジーナのオリジナルデザインではなかったが、厳選したブランドの品ばかりを揃えていた。
「うん、凄くいいと思いますよ、似合ってる」
 希美は姿見に映った透のスーツ姿を見て言う。同じグレースーツでも色が明るくフォルムがしっかりしている。
 さすがはブランド品だ。値段だけのことはある。生地の品質も自分の安物スーツとは雲泥の差だ。透はそう自分に言い聞かせた。
「い、いいね……さすがは希美ちゃんの見立てです……」
「靴もあるんですけど、どうします?」
 古びた靴はこのスーツに合わせるにはいかにもアンバランスだ。それに店長の伊藤弘美も見ているなか、とても断れる雰囲気ではない。この購入はきっと希美の営業成績に反映されるのだろう。彼女のためだ。彼女が喜んでくれるなら。
「あ、じゃあ、せっかくだから……」
 月賦にして給料から天引きという話だから、なんとかなるだろう。それに正社員割引にしてくれるというはずだった。
「ありがとうございますっ」
 結局、スーツの上下、シャツ、ネクタイや靴などを二セット。さらにタイピンなどのアクセサリーと合わせて、総額四十万円近い買い物となった。社員割引にしても三十万円を軽く超えた。この会社に腰を据えて働く覚悟を決めざるを得なくなった。

「うん、悪くない」社長の真宮和美は新しいスーツを着て出勤してきた透を見て微笑んだ。「さすが希美のセレクトね。よく似合ってるよ」
 和美は姪のセンスを素直に褒めた。
「あ、ありがとうございます……」
「本当は、もう一着くらい欲しいところだけどね。それはまた追々、春夏ものとかで揃えましょう」
「あ……は、い……」
「じゃあ、さっそくだけど、着替えて」
 透のために用意された机に畳んだ作業着が置いてある。
「…………」
「何?」透の不満をすばやく嗅ぎ取った和美が声を張った。「何か言いたいことがあるなら言って」

☆ 二

「せ、せっかくスーツを購入しましたので……」
「だから?」
 和美の顔が気色ばんでいくのが分かり、透は言葉を失った。
「い、いえ……」
「それ着たところであなたに接客ができるの?」
「そ、それは……できません……」
 婦人服中心のアパレル知識など皆無だ。
「最初っから説明し直さないといけないのかな……スーツを買ってもらったのは、ヨレヨレの格好で、このオフィスに出入りしてもらいたくない。ただそれだけのこと」
「あああ……は、い……」
「それに、あなたにやってもらう仕事はほとんど手や体を動かす作業だから……それともデスクワークでもしようと思ったの? そんな職歴ないじゃない」
「す、すみません……」
「うち、あなたが考えてるほど甘くないかもよ。どうする、やってけるの?」
「あ……ああ……」
 希美の困惑する顔が頭に浮かぶ。せっかく紹介してもらったのにここでリタイアしては申し訳ない。そんなことになれば、二度と彼女に合わせる顔がないだろう。それは困る。
「スーツの代金は、即金で払ってもらうけど」
 ああ……その問題の方が、より切実かもしれなかった。
「……そんな……いえ、すみません。すみませんでした……」透は慌てて作業着を手に取って頭を下げた。「どちらで着替えてきたらいいでしょうか」
「そこで着替えなさいよ。バイトのためにいちいち着替え部屋なんて用意してないから」
「あ……は、はい……」
 透は恥ずかしさを堪えながら、女社長の目の前で服を脱ぎ、淡いグリーンを帯びたグレーの作業着に着替えた。
「やっぱり、そっちの方がしっくりくるかな。あなたには。基本、掃除やってもらうからね」
「は、い……」
 社長の身辺サポートを中心に、店舗やオフィスで働く女性を支援する単純作業と聞いていたので、衣服の整理や調べ物なども想定していたのだが、甘かったようだ。結局、掃除夫のバイトとして雇われたのだ。
「まずはこの部屋の掃除。午後から出かけるから、掃除機はそのときに。私がいるあいだは、かけないでね」
 和美はまず自身の根城である社長室を完璧に掃除することから命じた。
「はいっ」
「とりあえず拭き掃除から取りかかって」
「しょ、承知しました……」
 与えられた化学雑巾を使い、埃を立てないよう注意しながら机やソファを拭き、磨いていく。さまざまなバイトで掃除の経験は豊富にあったのでそれを踏まえて社長は仕事は与えているのだろう。執務机で仕事をする和美の視線を気にしながら、作業にいそしんだ。まずは雑巾掛けからという言葉があるが、四十歳にもなってまだそんなことから始めなければならない自分が情けなくなる。しかも上司は年下の女性である。
「カタカタうるさい。音を立てずにやって」
 応接テーブルを磨く透に叱咤の声が飛ぶ。
「すみませんっ……気をつけます……」
 透は小さな声でそう言うと、より注意深く周囲にも気を配りながら作業を続けた。

「静かにやれとは言ったけど、手を抜けとはいってないよ」
 掃除の出来映えをチェックして和美は言った。意地悪な姑が嫁に対してするように、指先で拭った埃を透の目の前に突きつけた。
「掃除の経験は豊富だって、履歴書にも書いてあったよね」
「は、はい……」
「あれ、嘘なの? 詐称?」
「い、いえ、う、嘘ではありません……」
「こんなんじゃ、他もたかがしれてるよ。やり直し。最初っから」
「…………」
「何? また不満?」
「いえ、すみません……」
「言っとくけど、あたしこんな感じだから、覚悟はしてて」
「は、い……」
 確かにこれくらい厳しくなければ、浮き沈みの激しいアパレル業界を渡ってはいけないだろう。
「大丈夫? 続けれる?」
「はいっ、すみませんでした……大丈夫です……」
 透は新しい雑巾を手にすると、もう一度応接テーブルを念入りに磨いていった。

「社長、いかがでございましょうか……」
 和美のペースに完全に飲み込まれてしまった透は、彼女に取り入るような物言いを試みる。
「うん、まだ気に入らないところはあちこちあるけど、最初だから大目に見たげるわ」
「すみません……あ、ありがとうございます……」
 昨晩、彼女のことをネットで調べたところ、いくつかの媒体のインタビューに応えていて、業界で一目置かれている存在のようだった。年齢は、三十六歳。自分より四つ年下の女性に顎で使われていることが明らかになって屈辱的ではあるが、カリスマ女史の厳しい指導の下、何とも言えぬ充実感を味わい始めているのも事実だった。
 和美に連れられ、地下の駐車スペースへと移動する。
「車とバイク、洗っといて」
 女社長は、白のメルセデスと黒いハーレーダビッドソンを指して命じた。
「丁寧にやってよ。洗車バイトの経験あるって書いてあったけど、嘘じゃないよね?」
「ほ、本当です。こういった高級車の洗車も経験ありますので、おまかせ下さい、ませ……」
 ここにきて、これまでで一番厳しい上司に当たってしまったのではないだろうか。透は不安になってくるが、これまでと違うのは、その鬼上司が、とびきりの美貌とスタイルを持っているということだ。この女性ひとの下でなら、耐えきれるかもしれない。
「しっかりやって」
「かしこまりました」
 和美はヒールの音をカツカツと響かせて、職場へと戻っていった。

――こんな車には一生乗ることなどないだろう……
 透は柔らかな布で、白く大きなボディを拭き上げながら、自らの才能と努力により若くして財を成した女性に純粋な尊敬の念を抱く。
――さぞかし格好いいだろうな……
 地下の照明を受けて妖しく輝くハーレーのマフラーを磨き上げながら、革の上下を身にまといブーツを履いて跨がる彼女を想像し、鼓動を高めた。

「いかがでしょうか、真宮社長」
「うん、悪くないけど……時間掛かりすぎだね、今日一日終わっちゃったじゃない」
 車とバイクを確認した和美は言った。
「……あああ……すみません……」
 慎重になり過ぎてしまっただろうか。
「タイムイズマネーだからね」
「はいっ、気をつけますので……申し訳ありません……」
「よし、じゃあ、ご飯行こうか」
「え、あ、はい……」
 返事をしながら耳を疑った。自分のような者を食事に誘ってくれるなんて。

 ハイヤーで十五分ほど行った先に、和美が行きつけのイタリアンレストランはあった。
「入社歓迎会だね」
 そう言って和美はワイングラスを軽く掲げた。
「あ……ありがとうございます……すみません、アルバイトの私に……こんな……」
 恐縮しきりで何度も頭を下げる。
「バイトだって、一緒に夢を追う仲間だからね……私のこと真剣にサポートしてくれるんでしょ」
「も、もちろんです……」
 強いアルコールは苦手な透だが、高級ワインの口当たりの良さに驚く。これならいくらでも飲めてしまうかもしれない。
「最初にも言ったと思うけど、頑張ってくれるなら、正社員への登用も考えてるから」
「は、はいっ、頑張らせていただきます」
 口にしたことのないほど高級な酒と料理を堪能し、透はすっかり舞い上がってしまった。
「顔真っ赤にしちゃって」
「すみません、本当はお酒、ほとんど飲めないんですけど。あまりに美味しくて……」
 和美は静かな微笑みを浮かべている。
「ほら、こういうときも、きちんとしたスーツがあると便利でしょ」
「お、おっしゃるとおりです……社長の、真宮社長のご指示に従って、良かったと思っています。ありがとうございます」
 テーブルの皿に額が着きそうになるほど頭を下げる。
「ふふっ、でしょ……少しずつ、揃えていきましょう。あなたのためだから」
「は、はい……そうさせていただきます……」
 デザートを済ませ店を出ると、歩いて行ける距離のバーに少し寄った。その後、二人を乗せたタクシーは、オフィスビルへと戻った。
「あなたも一緒に降りて。もう少しやってもらいたいことがあるから」
「は、はい……」
 妙な不安を覚えたが、もはや和美の言いなりであった。
 奧のエレベータを使って、四階へと上がる。
「ああっ……」
 そこは高級ホテルのような空間だった。
 ソファを並べたラウンジスペースを抜けて、奥の部屋へと進む。
 豪勢なシャンデリアに、大きなベッドやソファ、テーブル。高台にあるため、窓からは都心の夜景が見渡せた。
「プライベートで使ってるの。一息入れたいときとかね」
 そう言う和美に白いバスローブを渡され、シャワーを浴びてくるよう命じられる。お湯を浴びながら何やら良からぬ不安に襲われる。
――いったんどういうことだろう。もう遅いし、用事があるといって、帰らせてもらおう……
 シャワーを出ると、脱いだ衣服がバケットごとなくなっているのに気づく。
――ええっ……
 受け取ったはずの白いバスローブもなかった。
――そんな……
「早く、出といで。そのままでいいから」
 腰にバスタオルを巻いて部屋に戻るとシルクの黒ガウンに身を包んだ和美がベッドに腰掛けていた。

S女小説 ヴェスパ・レジーナ「男を壊す女たち」

Kindle小説サンプル

S女小説 麗しき残忍「モデル議員の牡秘書虐め」

S女小説 麗しき残忍「モデル議員の牡秘書虐め」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

女性幹部ばかりの議員事務所で、奴隷のように虐げられる男たちの悲話

とある事情で長年勤めた会社を退職した小竹忠博(40)は、ボランティアとして、元ファッションモデルの県議会議員、藤岡玲子(36)の事務所に出入りすることとなった。入所早々、玲子の男性秘書、蛭川(58)への厳しすぎる指導を目の当たりにして、恐れおののく忠博だったが、可憐な秘書長、柴坂聖子(24)の魅力が、彼を激しく惹きつけ、可能な限りここで力を尽くす決心をさせる。職場で広報の経験があった忠博の貢献もあって、翌春の地方統一選挙において、玲子は見事に再選。彼を正式な秘書として登用した。しかし忠博が光栄に浸ったのもつかの間、彼の人生の歯車は玲子を始め周囲の女性たちによって、徐々に狂わされていくのだった。

第一章 議員事務所は美女の花園

第二章 ミスの制裁は虐待と屈辱

第三章 秘書採用は地獄の入り口

第四章 足舐め靴舐めブーツ舐め

第五章 恥毛を剃られて強制手淫

第六章 憧れの秘書長に犯されて

本文サンプル

第一章 議員事務所は美女の花園

☆ 一

 駅を降り、くれないに色づいてきた街路樹の道を五分ほど歩いて、小竹忠博は目的の場所に着いた。平屋建ての事務所である。
―――約束の時間、間違っただろうか……
 ドアには鍵が掛かっていて、呼び鈴を数度鳴らしたが応答はない。どうやら誰もいないようだ。
「小竹さん、ですか?」
 背中からの声に忠博は振り返る。
「あ、はい……」
「すみません、遅くなっちゃって」
 若い女性が立っていた。色白で目のぱっちりとした美人だった。
 女性はドアの鍵を開けると明かりを点けて忠博を打ち合わせテーブルに案内し、バッグから名刺を取り出した。
「はじめまして。柴坂です」
 洗練されたデザインの名刺には、《○○県議会議員藤岡玲子事務所 秘書長 柴坂聖子》とあった。
「頂戴いたします。はじめまして、小竹です。すみません、今は身分がないもので……名刺の方がちょっと……」
 忠博が恥ずかしげに言うと女性は、「いえ」と微笑み、「どうぞ、お掛けになってください。今、お飲み物持ってきますので。ホットコーヒーでいいですか?」
「あ、はい。すみません。ありがとうございます」

「この度は、当事務所のボランティアへのご応募、誠にありがとうございます」柴坂聖子が丁重に頭を下げる。「まだ選挙まで半年ありますので、こんな感じで……」がらんとした事務所を見渡す。「誰もいないことも多いんです。すみません、こちらから時間を指定したのにお待たせしてしまって……」
 あらためて詫びる聖子に忠博は胸の前で小さく両手を振る。
「あ、いえ……」目の前の女性の若さと美しさは、まばゆいばかりだ。「私でよければ、なんでもお手伝いさせていただきますので」
「ありがとうございます……助かります。随分前から、藤岡がお世話になっているようで」
「あ、いえ、お世話だなんて……応募フォームにも書きましたけど、前回の選挙のときに藤岡先生の街頭演説をたまたまお見かけして……感銘を受けて……もちろん、投票させていただきました……」
 ホームページからボランティアの申し込みをして、今日の面会に至ったのだった。
「その節は、ありがとうございます。おかげで初当選できました……あのときは、私はまだ学生で」
「柴坂さんも、前回の選挙から……」
 忠博はもらった名刺を一瞥して言う。
「はい。見習いでしたけど…………藤岡とは、いとこの間柄なんです」
「なるほど……どおりで……」
「え……」
「そう言われると、ご容貌が……やはり似ていらっしゃいますね。どちらもお美しくて」
 忠博は思ったとおりのことを口にした。二人とも目鼻立ちがくっきりとした正統派の美女である。
「いえ、そんなことは……」聖子は照れて顔の前で手を振る。「じきに本人もくると思いますので……」

「はじめまして、藤岡です」
 白いスーツを着こなした藤岡玲子の立ち姿と美貌は、まさしく《モデル議員》と呼ばれるに相応しいものだった。東京でモデルとしてファッション誌や婦人誌を中心に活躍していたのだが、四年前に帰郷し地元の県会議員として立候補、当選した。大学時代にモデル事務所にスカウトされたことがきっかけで回り道をしてしまったが、法学部出身の玲子が政治の世界に携わることは、当時からの夢であった。
「こ、小竹です……ど、どうぞ、よろしくお願いいたします」
 忠博の緊張が一段と高まる。
「こちらこそ、小竹さん。助かります」
「先生、はじめましてじゃないそうですよ」
「あら、どこかで?」
 二人は親戚関係にあるらしいが、人前では、特に聖子の方は、立場をきっちりとわきまえているようだ。
「そうでしたか……握手までしておいて、ごめんなさいね」
 忠博の説明に玲子はうなずき白い歯をこぼす。
「いえ、とんでもありません。私の方こそ、もう少し早くお手伝いに来るべきでしたのに……ただ、これまでは仕事が忙しくて……今はそれもなくなりましたから……」
「会社をお辞めになったんですってね。いろいろと事情はおありでしょうけれど」
 応募フォームの内容を聖子からざっくりと聞いていた玲子が言う。
「次は、どちらへ?」
 玲子にコーヒーを持ってきた聖子が尋ねる。
「それは、まだ、なにも……しばらくは休息をと思いまして……」
「そう……」玲子はカップをすする。「うちにしてみればありがたいことだけど……」
「はい、時間はたっぷりあるので、こき使ってやってください」
 忠博は二人の美女にあらためて頭を下げた。
「ふふっ、頼もしいわ。ねえ、聖子ちゃん」
「ええ、とても。ところで小竹さん、パソコンとかお詳しいですか?」
「あ、はい、いちおう前の会社では、そのような部署にいたもので……」
 それを聞いた女性たちは顔を見合わせて手を叩いた。
「じゃあ、ホームページとかも……」
 聖子が目を輝かせる。
「はい。ひととおりは」
「どうですか? うちのホームページ。前いたボランティアの人に作ってもらったんですけど、古くさくないですか」
「そんなに言わなくったっていいでしょう」
 聖子の言葉に、玲子が苦笑いする。
「だって、本当のことですよ」
「あ、ええ……」忠博が応える。「確かに、いろいろと改良の余地はあると思います」
「小竹さん、もしよかったら……今から少し打ち合わせさせてもらってもいいですか?」
「もちろん、大丈夫です」
「よかった、本当に」玲子が立ち上がる。「いい方が見つかって。小竹さん、よろしくお願いしますね」
 玲子が求めてきた握手に忠博は立ち上がって両手で応えた。指が長いのだろう。女性にしては大きな手に感じた。
「こちらこそ、よろしくお願いいたします」
「先生、そろそろお時間が……」
 ひとりの男が入口の扉を開き、顔を覗かせて言う。
「入ってきて。紹介するわ」
 玲子が手招きして男を呼び入れた。
「あ、はじめまして、蛭川ひるかわと申します」
 忠博が受け取った名刺には、藤岡玲子事務所の秘書と書いてあった。薄い頭髪を整髪料で整えた小男だった。年齢はもう還暦近いだろう。
「小竹です。この度、ボランティアとしてお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします」
「こちらこそ、よろしくお願いいたします」
「蛭川、あなたができないって言ったホームページのリニュアル。小竹さんにお願いすることにしたから」
「あ、ああ……すみません、私の技術では、どうにも難しくて……」
 蛭川は苦笑いをした。忠博は、玲子が、自分の秘書とはいえ、ずいぶん年上であろう男性を呼び捨てにしていることに驚いた。
「難しいんじゃなくって、やる気がないんでしょ。そもそも」
「先生、それは……」
 蛭川は腕時計を気にしながら額の汗を拭う。
「次、少し遅れるからって、連絡入れて」
「あ、はあ……」
「対話集会でしょ。公民館の。いいよ、少しくらい」
 蛭川が電話をかけ始めたのをきっかけに、聖子がパソコンデスクに忠博を案内し、ウェブサイトリニュアルの打ち合わせを始めた。
 玲子はソファに腰掛けると煙草に火を付けた。電話を終えた還暦間際の小男を立たせたまま説教を始める。忠博は、聖子と打ち合わせしながらも、背中の方から聞こえる玲子の声が気になって仕方なかった。
「……で、ホームページの話に戻るけどさ、いちおうは自分でもやろうとしたの?」
「は、はい……」
「本買って、勉強した?」
「い、いえ……そこまでは……」
「そこまではって、それが基本でしょうが」
 女性が一段と声を張る一方で、男の言葉は消え入りそうになっていく。
「すみません……」
「で、自分じゃ手に負えないからって、親戚のボランティアに丸投げしたんだったよね? たしか」
「あ、あああ……それは……はい、甥っ子です」
「どうしたの彼。最近まったく見ないけど」
「アルバイトが忙しいみたいで……」
「ずいぶん無責任なことだよね、蛭川一族さんは、ああ?」
 玲子が声を荒げる。
「申しわけありません……」
「本来、あんたが石にかじりついてでも勉強して、尻拭いしなきゃならない立場でしょ。わかってる?」
「はい……」
「あんたはボランティアじゃないんだからね、給料払ってんだよ。それに見合う仕事できてるのか? おまえ、蛭川、ああ?」
「も、申しわけありません……」
 玲子が怒声を浴びせ、蛭川が涙声になり、忠博はさすがに、ウェブサイトの打ち合わせに集中できなくなってしまった。見かねた聖子が後ろを振り返り、「先生、もうそろそろ」と声を掛けた。

☆ 二

「どうですか、先生」
 聖子は忠博が作り替えた藤岡玲子議員の公式サイトを本人に見せて感想を尋ねる。
「いいわね、凄くセンスいい。しかも、こんなに早く。よく作れたね」
 満足のいく表情でうなずいている。
「ええ、頑張らせていただきました」
 忠博ははにかんで言う。無職となって失い掛けていた自信が少しは取り戻せたような気がした。
「しっかし、まったく……いままでのは何だったのかって思うよね……」玲子は旧いサイトのプリントアウトを見ながら、怒りを募らせる。「蛭川っ!」
「はいっ」
 事務所の隅で作業をしていた老秘書が立ち上がり、こちらへ向かってくる。
「見てみな、これ。どう思う?」
「あ、はい……私のつくったものより、かなり……いいですね……」
「呑気なこと言ってんじゃないよ、馬鹿」
 玲子は小男の頭を軽く叩いた。
――ああっ……
 忠博は心の声で叫ぶ。
「すみません……」
「こんな酷いサイトつくってさ、長いこと恥さらしにしてくれたよね、あたしのこと」
「申しわけありません……」
「もういい、蛭川、おまえは今後一切、ウェブサイトに関わるな」
 玲子はゆるく波打った栗色の髪を苛立たしげにかき上げる。
「は、い……」
「これからは全部、この小竹さんにまかせるから」
「しょ、承知しました……」

「驚きました?」
 忠博を昼食に誘った聖子が尋ねる。
「え、ああ……はい……少し……」玲子のことだと察し、苦笑いする。「でも政治家の先生は、あれくらいが普通なのかもしれません。外で気を張っていらっしゃるから……」
「ええ……あと、蛭川さんも、ちょっとのんびりしてるっていうか、抜けやミスが多いから。彼にも問題はあると思います……」
 玲子と面立ちは似ているが、聖子は黒髪のストレートヘアである。艶のある美しい髪質だ。
「ああ、はあ……」
「あ、大丈夫、小竹さんは。先生も凄く信頼を置いてると思いますよ……だから……どうか、辞めたりしないでくださいね……」
「いえ、ご心配なく。それはありません。ただ、本当にちょっと驚いただけで……」
「それと、これは先生の方からもぜひ伝えておくように言われたんですが、うちの事務所で活動するに当たって絶対に守っていただきたいことがあるんです」
「はい」
 忠博は緊張して姿勢を正す。
「事務所内で見聞きしたことをけっして外部に漏らさないようにしてください。それから……レコーダーなどの録音機器を持ち込まないこと……一昨年のあの一件以来、先生も過敏になってるんです」
 女性国会議員による男性秘書へのパワハラ事件のことを指しているのだと、忠博は思った。秘書の録音を週刊誌がリークして、男性秘書の人格を否定するような激しい罵声や暴行が明らかになったのだ。連日のようにテレビが過剰報道し、女性議員はついに引退へと追い込まれてしまった。
「あ、は、い……わ、わかりました……」
「すみません。お気を悪くされないでください。ボランティアをお願いしておきながら、ずいぶんと厚かましくて失礼な話ですけど」
「い、いえ……ご事情も先生のお気持ちもお察しします……それに、ボランティアを志願したのは私ですから。こちらのルールに従うのは当然だと思っています」
「ありがとうございます……そう言っていただけると助かります」
 申しわけなさそうな聖子の表情を見ているとかえって気の毒になってきた。
「で、明日からはどうしましょう?」忠博は自ら話題を切り替える。「ウェブサイトの管理といっても、もう出来上がっていますから、そんなに時間もかかりませんので、他にお手伝いできることがあれば」
「いいんですか、小竹さん、本当に」
 聖子は大きな目を輝かせる。
「ええ、もちろんです。ご指示いただければ、なんでもやります。毎日でも出てきますよ」
「本当に助かります。では、甘えさせてもらっていいですか」

 聖子の指示を受けて書類整理を済ませると忠博は彼女の元へ向かう。「柴坂さん、終わりましたのでチェックをお願いします」
 ずいぶんと年下の女性にそんなことを言うのは初めてで恥ずかしい気持ちがあったが、忠博はどうにもいいようのない興奮を感じてもいた。
「はい。バッチリです」忠博の仕事を確かめて、聖子は極上の笑みを見せた。「お仕事も早いし、言うことありません」
「次は、何をいたしましょうか?」
 褒められて素直に嬉しくなる。
「えっとぉ、どうしましょうね」
 聖子は事務所を見回すと顎に指を当てて少し考えた。
「あ、あの、もしよかったら……掃除でもしましょうか」
 忠博は自ら申し出る。
「え……」
「い、いや、別に汚いとか、散らかってるとか、そういうことではなくて……」
 聖子の驚いた顔に、忠博は焦って言葉を継いだ。
「すみません。実は、私もそれ思ってたんですが、そんなことお願いしていいものかどうかと……」
「ぜ、ぜひやらせてください……聖子さん……」
「あ、はい……」
「すみません、下の名前で呼んだりして……かまわないでしょうか……」
「それは、どうぞご自由に……じゃあ、すみません、よろしくお願いします」
 聖子は照れを隠すようにして、そそくさと自分の机に戻ろうとした。忠博は、掃除道具一式の場所を聞くとさっそく新たに与えられた仕事を始めた。

「ただいま」
 玲子の声に、聖子が仕事の手を止め、「おかえりなさい」と振り向いた。
「先生、お帰りなさいませ」
 忠博も掃除の手を止め、出先から戻ってきた玲子に頭を下げると、引き続き打ち合わせテーブルを拭き上げていく。
「ほら、見てご覧よ」
 玲子は後ろから着いてきた蛭川に言う。外出の際はもっぱら彼に運転手をさせているようだった。
「こんなことまでやってくれてるわよ、小竹さん。あなたも少しは見習ったら?」
「あ、はい……」
「へらへらしてる場合じゃないでしょ。冗談で言ってるんじゃないんだよ」
 またもや軽く頭を叩くのが忠博の目に入る。
「すみません」
 どうやら男は叩かれ慣れているようだ。避けたり反抗したりする態度はみじんもない。玲子の怒りをそのまま受け入れている。
「聖子ちゃん、お願いしたの?」
「いえ先生、それが、小竹さんのほうから言っていただいて……」
「あ、はい……」忠博は照れくさそうに顔を上げる。「志願といいますか……とにかく先生のお役に立ちたいので……やらせてください……」
「助かるわ。ありがとう、小竹さん……」玲子が上品な笑みを見せる。「ちょっとゆっくりしていいかしら、朝早くから三つも回って疲れちゃった」
「どうぞどうぞ、私などに遠慮なさらず……」
 忠博は恐縮しきりで自分の仕事に戻る。聖子も体を正面に戻してパソコンを打ち始めた。
「蛭川、おいで」玲子はソファに腰掛け、長い脚を組むと、老秘書を呼びつけた。「ついでに休もうとしてんじゃないわよ。運転してただけでしょ、おまえは」
「あ、はい……」
 小男はおどおどして、玲子の前にしゃっちょこばった。
「座れ、そこ」
「あ、あああ……」
 蛭川は忠博の方をチラリと見て大きく唾を飲み、容赦を乞う眼差しを玲子に送った。
「正座だよ」
 玲子にもう一度きっぱり言われ観念した蛭川は靴を脱いで、実年齢以上に若くて美しい雇い主の足元にひざまずく。
「す、すみません……」
「すみませんって何? 何に対して謝ってるの?」
 長身の美人議員は首を少しかしげ、明るい色のウェーブヘアをかき上げて言う。
「は、はい……事務所の掃除を自分から買って出なかったことです……」
「わかってるじゃない、わかっててなんでできない?」
 スカートの中がひざまずいた男から見えそうなのにまったく気にするそぶりがない。目の前の老秘書のことを男とみなしていないのだろうか。
「申しわけありません……」
「謝ってばっかじゃなくてさ、理由が知りたいわけ。こっちは」
「…………」
 蛭川は言葉を失い、床を見つめている。
「どこ見てんの、おまえ。こっち見なよ……あたしが話ししてるんだからさぁ、ちゃんとこっち見るのが筋でしょ」
 モデル議員がヒートアップしていく。
「は、い……」
「待ってたんだよ、あたしは。あんたの方から、言ってくるの。掃除だけじゃなくって他にもいろいろやることあるんだから。そもそも秘書なんて名ばかりじゃない。運転しかしてないんだから、運転手でしょ、実質、おまえは。違うか?」
「はい……すみません……」
「ふーっ」
 玲子は大きくため息をつくと煙草をくわえて火を付けた。
「小竹さん」議員が忠博の方を見る。「あなたうちで秘書やる気ないかしら。ボランティアじゃなくって、きちんとお給料も出しますから」
「せ、先生……」
 すぐに反応したのは、蛭川の方だった。焦りに満ちた顔で、うんと年下のボス女性を見上げている。

☆ 三

 翌日、忠博は蛭川に誘われ近くの喫茶店へ昼食に出た。
「正直言って、私はあまりおすすめできませんよ。小竹さんがうちの秘書になられるのは」
 そう言って蛭川は食後のコーヒーをすする。薄い頭を整髪料で整えスーツを着ているのであるが、貧相な小男のせいか、どこか物足りない印象を与える。玲子の怒りを買うのも、この風貌がたぶんに影響しているのではないだろうか。
「そうですか……」
「ご覧になったでしょう……先生の厳しいところを。小竹さんはまだボランティアの立場だから、先生も遠慮されてると思いますけれど、これが給料をいただく身になれば……」
「まあ、ある程度は……覚悟しています」
「それはそれは……」蛭川は驚いた顔、呆れた目で、忠博を見つめる。忠博の決心が本物だと悟ると言葉を続けた。「小竹さん、本当はあんなものではないんですよ」
 二人きりの場面では、激しく暴力を振るわれることがあると、蛭川は時折興奮気味につばを飛ばしながら長々と語った。
「本当ですか……」
「ええ、これは秘書長の柴坂さんだって知らないことですよ……あ、ほら、たとえばここ」
 蛭川はそう言って左腕の袖を捲った。大きな青あざができていた。
「あ……」
「ね。気をつけの姿勢をしているところへ、回し蹴りですよ。いかに気性の荒い女性か……反省や謝罪の態度を示しているのに、興奮した彼女はまったく手がつけられないんです」
「そこまでされて、辞めようとは思わないんですか?」
「まあ……いまのところは……」蛭川は言葉を濁した。「いちおうは政治家の秘書という立場が与えられますし……ただ、小竹さん、私が言いたいのは、あなたが思っている以上に、厳しい職場かもしれませんよ、ということです…………あ、もう、こんな時間だ。戻らなくっちゃ」

「蛭川さん、どこにいたんですか? 携帯を何度も鳴らしたのに」
 事務所に戻ると聖子が言った。彼女には珍しく厳しい口調だ。
「小竹さんとつい話し込んでしまって……携帯、車の中に置き忘れちゃって……先生は?……」
「タクシーで行きましたよ。予定が少し早まったらしくて」
「ええっ……そうなんですか……」
「それくらい想定しといてもらわないと……」
 上司である立場上、聖子も注意せざるを得ない。
「ええ。でも先生が一時半と言われたので……それまでは大丈夫かと……」
「だから……予期せぬことも起きますから……携帯持ち忘れたのって前にもなかったですか」
 聖子は半ばあきれ顔で言う。
「すみませんでした。もうわかりました。車の掃除をしてきます」
 蛭川は憮然とした顔で出ていった。
 聖子は両手を少し広げて、首をすくめた。
「難しいですね。年上の男の人を注意するって」
「あ、いえ、まあそうでしょうか……でも、聖子さん。僕には遠慮なく注意して下さい」
「あ、はい」聖子の顔に笑顔が戻る。「でも小竹さんは、注意なんて必要ないですよ」
「いえ、今はいいかもしれませんが、もしこちらで秘書としてお世話になることができたら、それは初めての経験なので、聖子さんに教えていただくことがたくさんあるかと思います。どうか、厳しく鍛えてやってください」
 忠博は照れを隠すかのように少しおどけた調子で言った。

「ねえ、蛭川、あんた本当にいい加減にしないと……」
 戻ってきた玲子は、さっそく老秘書を足元に正座させて説教を始める。
「す、すみません……」
「携帯の通じない秘書なんて問題外でしょ。ねぇ、蛭川……それも、今度が初めてじゃないよね」
 玲子の言葉に、忠博の向かいで作業をしている聖子もうなずく。
「申しわけありません……」
「あたしもそろそろ踏ん切り着けなきゃいけないのかな……小竹さん」玲子はテーブルで作業をしている忠博に視線をやった。「運転免許持ってますよね」
「あ、はい……」
「じゃあ、決まりだね。小竹さんには今日からでもさっそく秘書としてやってもらいましょうか」
「わ、わたくしは……」
 蛭川が声を震わせて尋ねる。
「秘書をそんなに抱えられるほど、うちは余裕ないしね。悪いけど、蛭川さん、あなたはクビです。明日からこなくて結構」
「そ、そんな……先生……ど、どうか……ここで使っていただけないとわたくしは……」
「自業自得でしょ。そんなこと言うくらいなら、どうしてもっと真剣に仕事してこなかったの」
「すみません……心を入れ替えて勤めますので、どうか、もう一度、機会を与えていただけませんでしょうか……」
 蛭川はもはや、聖子や忠博が見ている前でもはばかることなく、床に頭を着けんばかりに謝罪し、懇願する。
「無理だよ。何度言っても同じじゃない。理解できないんでしょ、この頭は」
「ひっ」
――ああっ……
 忠博は目を見開いた。玲子のヒールがわずかに蛭川の頭をこすったのだ。忠博の表情を見て聖子も作業を止め、玲子の方へ視線をやる。
「あなたがちゃんとできるのはさぁ、体罰受けたときだけでしょ」
「は、い……」
「どうする? みんなの前で大恥かいて生まれ変わってみる? それとも今日限りでさよなら?」
「…………」
「どうすんのよ」
 再び玲子のヒールが、今度はまともにコーンという音を立てて、老秘書の頭頂部を蹴った。
「はうああっ……ど、どうか……お願いします……気合いを入れてやってください……」
「そう……じゃあ、遠慮なくいくわよ。コートのポケットに、手袋入ってるから持ってきて」
「あああ……先生……」
 皆の前で女ボスに予想以上の本腰で殴られることを悟り、男は怯える。
「早くしなさいっ」
 蛭川から受け取った革手袋をくわえ煙草の玲子が装着している。忠博の方から見える小男の横顔は、まるでこれから厳罰を受ける囚人のようである。顔色を失い、喉を大きく動かして生唾を飲み込んでいる。
「さて、何発いこうか」
 玲子の革手が蛭川のネクタイをぐいと引き上げ、膝立ちさせる。
「ひぃ……」
「先生」聖子が思わず声を掛ける。「……暴力は、どうなんでしょうか」
「聖子ちゃん、これは暴力じゃないわ。指導よ」
「でも……」
「どうする、蛭川さん。やめようかもう。暴力はよくないみたいだから」
「い、いえ……お願いします……先生……」
「じゃあ、あなたの口から説明してあげてよ」
 玲子はそう言うと、聖子を手招きして隣に座らせた。
「し、柴坂さん……」
 床を見つめたまま声を絞り出す蛭川に「顔上げなさいっ」と玲子の厳しい叱責が飛ぶ。
「はいっ」
 蛭川に見つめられて、聖子は緊張気味にタイトスカートの脚を固く閉じる。
「柴坂秘書長、わ、わたくしが今から先生から受けるのは暴力ではありません。指導です。それをしていただかなければ、わたくしはここにいられません。ど、どうか、ご理解くださいませ……」
「いいんですか? 本当に」
 聖子は心配そうな眼差しを蛭川に送って言う。
「はい……大丈夫です……」
 忠博の目には喫茶店で息巻いていた男とは別人のように映った。
「いいよね」
 玲子は、もう一度確認を取るように聖子に尋ねる。
「ええ、ご本人が納得しているのなら」
「ようし、こっちおいで」
 玲子は再度、蛭川のネクタイをひっつかむと、ぐいとたぐり寄せた。
「はうううっ……く、苦しいです……」
「これくらい耐えなきゃ。しっかり指導して欲しいんだろ? おまえ」
「はい、うくぅ……」
「歯を食いしばれ」
「はぃ……」
「目は開けてろ」
 蛭川が目を開けると玲子の右手が上がり、頬をこっぴどく打ち下ろした。
「くがああっ……」
 返す手の甲で反対側を打ちのめし、さらに三発、四発と続き、五発目の強打で蛭川の体は床に投げ出された。
「かわあっ、うがああっ、ずはうううっ……」
「この能なしが、まだ足りないかっ」
 玲子はネクタイをつかんで蛭川の体を引き上げる。
「ひいいっ、も、もう、ご容赦を……玲子先生、堪忍してください……」
 蛭川の鼻の下が赤く滲んでいるのを見て、聖子がティッシュを渡してやる。
「優しいね、聖子ちゃんは」玲子が苦笑する。「でもね、ほんとのこと言うと、これは秘書長、あなたがやるべき仕事なんだよ」

☆ 四

「さっき聞いたんだけど、蛭川、おまえ昨日、聖子ちゃんに反抗的な態度見せたんだって?」
 ソファの玲子は今日も朝から蛭川を足元に正座させている。黒いトップスに上品な花柄スカート。手足の長いモデル議員は、まったく何を着ても様になる。
「あ、はい……つい……すみません……」
「そういうのは今後一切許さないからね」
 長いブーツの脚を組み替えるときに爪先が蛭川の額をかすめた。
「はかうっ、しょ、承知いたしました……」
「聖子ちゃん」玲子に呼ばれて、二十四歳の美人秘書長はまたも隣に座る。「秘書長として責任持って躾けてもらわないと。できるね?」
「はい」意を決したようにうなずき、足元にうずくまる老年部下を見下ろす。「蛭川さん、昨日のような態度は困ります。今後、気をつけてもらえますね?」
「……は、い……も、申しわけありませんでした……」
「誰に謝ってんだよっ」
 黒革ブーツの靴底が蛭川の額をまともにとらえた。
「あがあっ……し、柴坂秘書長ですっ……」
「だったらちゃんとそう言えよ。相手の目を見てきちんとっ」
「はいっ、し、柴坂秘書長……この度は本当に、申しわけございませんでした……」
 尖ったヒールで額を少し切り赤く滲ませた老秘書は、おどおどした様子で上目遣いに聖子を見る。
「わかりました。二度とそんなことしなくて済むようにしてください」
 顔を土足で足蹴にされた男に少しの同情は示したものの、もはや玲子の暴力を非難することはなかった。
「……は、い……」
「いい?」玲子が聖子に確認するように問う。「いいの、ほんとにこんなので……土下座になってないじゃない。あたしだったら頭踏みつけちゃうけどな」
「す、すみませんっ……」
 蛭川は慌てて、額を床にこすりつけた。
「蛭川さん、わかったわ。もういいから頭、上げて」
「ほんと優しいわね。聖子ちゃんは……まあ、いいわ、少しずつ頑張って」
「ええ、すみません……」
「あと、あれもお願いね」
「あ、は、はい…………蛭川さん、もういいわ。立って、ください……あと、小竹さんも、ちょっとこっちへ」

「今から、身体検査をさせてもらいます」
 ヒールで立った聖子は、横並びに立つ忠博と蛭川を見下ろして言う。ヒールなしでも彼女の身長は二人よりは高い。

S女小説 麗しき残忍「モデル議員の牡秘書虐め」

Kindle小説サンプル

S女小説「ミストレスマンション」

S女小説「ミストレスマンション」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

マンション管理組合のS女理事長に厳しい指導を受ける男性管理人の悲哀

管理会社の社員である軽部昌人(40)は、担当マンションの管理組合女性理事長、黒瀬千晶(35)の横暴ぶりに頭を悩ませていた。千晶になじられ首を切られた男性管理人はすでに三人目である。昌人は提携する人材派遣会社の香月佳奈子(25)に相談し、新しい管理人を要請するも、人選や研修などがあるため、すぐにというわけにはいかない。その間、仕方なく代打の管理人として現場に赴いた昌人だったが、慣れない仕事に懸命に取り組む彼にも千晶は容赦なく牙を剥くのだった。

第一章 女性理事長の猛威に震え

第二章 臨時管理人としての試練

第三章 変わりゆく恋人の部屋で

第四章 男を虐め倒す女性住人達

第五章 愛しき恋人の管理人拷問

第六章 貴女だけに捧げたい尻穴

本文サンプル

第一章 女性理事長の猛威に震え

☆ 一

「すみません、どうにも面倒なことになってしまって」
軽部かるべ昌人まさとは、人材派遣会社社員の香月こうづき佳奈子に頭を下げた。
「いえ、当社の方こそ、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。マンション管理員の教育とスキルアップには特に力を注いでいるつもりなのですが……」
 濃紺のスーツをきれいに着こなした二十五歳の独身美女も恐縮しきりである。
「とんでもない。香月さんの会社の責任ではありませんよ。あのマンションの管理組合が特殊で……」昌人は声を潜める。「特に理事長が、やっかいなんです」
「直接お目に掛かったことはないのですが、その……大変厳しい方だとは伺っています」
「はい。まだ三十半ばくらいのお若い女性なのですが、かなり気性が激しくて……で、こんなことがあったすぐあとで、大変厚かましいお願いなんですが、次の管理人さんをなんとかお願いできないでしょうか」
「あ、はい……いまのところ人材は余るほどいるのですが……でもあの管理員はかなり優秀なほうで……彼で駄目なら……ちょっと人選は難しい気がします」
 佳奈子は昌人の目を真っ直ぐに見て言った。
「ええ。私も彼の仕事ぶりは見ていましたが、礼儀や技術、仕事への取り組みもとても優秀だと思いました。ただ…………」
 昌人は言い淀み、テーブルに視線を落とす。
「何でしょう、遠慮なくおっしゃってください」
「やはり、ずいぶんと年下の女性に、理不尽なことで頭ごなしに厳しく注意されるのが耐えられなかったのだと思います」
「それにしても、派遣スタッフの職務放棄はこちらの落ち度です。決して許されることではありません。改めてお詫び申し上げます」
 佳奈子はもう一度頭を下げた。
「いえいえ、香月さん、それはもう本当に……ですので、次の方は……そういうことに平気でいられるというか、受け流せるような人選をと……」
「なるほど、では女性の方がいいですか?」
「それはかえってよくないような気がします」
「そうですね。同感です」
 佳奈子はパールのピアスを揺らして頷く。
「彼女より年下の男性がもしいれば……難しいでしょうか」
「それはそうですね……職種的に。年齢層でいえば、前任者と同じくらいかそれ以上にはなってしまいます。それはどうしても……」
「すみません。贅沢を言える立場ではありませんでした。とにかく、香月さんだけが頼りですので、この通りなんとかお願いいたします」
 昌人はテーブルに額がつくほどに頭を下げた。
「あ、そんなこと、よしてください……大丈夫ですから……それより、明日にでも新任者を派遣したいのはやまやまなんですけど……」
「もちろん、承知しています……」昌人は頭を上げて応えた。「新しい方が見つかるまでは、私が現場に入るつもりです」

☆ 二

「おはようございます」
「いってらっしゃいませ」
 昌人は、マンションロビーをモップ掛けしながら、通勤、通学に出て行く女性たちに挨拶する。棟は最上階を除き、全戸女性専用で、若い女性独身者ばかりである。
「おはようございまぁすっ」
「ざいまあすっ」
 女性たちの活気あふれる声とヒール音がロビーに響き、不惑を迎えたばかりの昌人も若々しく新鮮な心持ちになる。思わぬことで現場労働をやらされる羽目になってしまって塞ぎかけていた気分を持ち直す。
 掃除を一通り終え、フロントスペースに待機していたところへ、一人の女性がエレベーターから降りてきた。最上階の住人で管理組合の理事長である黒瀬千晶である。ノーブルな美貌を持つ長身女性は、カツカツとヒールの音を鳴らしながら歩いてくる。
「あ、お、おはようございます」
 昌人は緊張で身を固くして頭を下げた。
「おはようございます」
 黒瀬千晶は落ち着いた声音で、頭は下げることなく、挨拶を返した。
「この度は、本当にご迷惑をおかけしてすみませんでした」
 昌人は、管理人が辞めてしまったことを理事長に詫びる。激高した勢いで首を切ったのは彼女であるのだが、もちろん、そんなことはおくびにも出せない。
「いえ……で、次の管理人さんはいつ?」
「はい、ただいま急いで探していまして、それまではわたくしが……」
「あなたが……そう……今、少し話せます?」
「あ、はい、もちろん、中へ、ど、どうぞ……」
 昌人はフロント脇の管理人待機室へ千晶を案内する。
「お茶とコーヒー、どちらに」
「あ、そんなのいいから、掛けて」
 千晶はテーブルを挟んだ向かいを顎で差した。密室に入ったとたんに態度が急変した彼女に昌人は驚き、すぐに従った。
「す、すみません……」
 昌人は不安を感じながら、とりあえず再度深々と頭を下げた。
「これでもう三人目ですよね、急に管理人さん辞めちゃうの」
「は、はい……申し訳ありません……」
「こんなこと言っちゃなんだけど……もうちょっとまともな人を寄こしてもらえないかな」
「すみません……ある程度は教育済みのスタッフを担当させてはいるつもりなのですが……」
ある程度じゃ駄目なのよ」
「は、い……」
「それとも、うちのマンションの規模がさほど大きくないからって、それなりの扱いされてるのかな」
「いえ、とんでもありません……」
 大規模マンションとはいえないかもしれないが、昌人が勤める中堅管理会社からしてみれば、十分に規模のある案件だった。
「あんまり融通が利かないようであれば、管理会社を代えさせていただくという選択肢も、私たちにはありますけど」
「く、黒瀬理事長……」
「先月も一社、営業に来てたわ」
「ど、どうか……全力でやります、やらせていただきますので……」
 昌人は机につかんばかりに頭を下げた。

☆ 三

 翌日の午後、自社オフィスにいた昌人の携帯が鳴った。黒瀬千晶からだった。
「いますぐ、来てもらえますか」
 有無も言わさぬ調子で、しかもその声には多分に怒気が含まれていた。

 昌人はタクシーを降りるとロビーへの階段を駆け上がる。
―――あああっ……何番だっけ……
 玄関自動ドアの暗証番号が書いてあるはずの手帳をカバンから取り出そうとしたところで、黒瀬千晶が向こうから歩いてきた。玄関まで近づいて、自動ドアを開けると、無言のまま管理人待機室の方へ向かった。昌人は背筋を痺れさせながら後を追う。

「どういうことなのっ! うちのマンションほったらかしじゃない」
 昌人が待機室に入るなり千晶の雷が落ちた。
「す、すみません。わ、わたくしも、どうしても社でやらなければならない業務がありまして……」
「それは、そっちの都合でしょ。うちの管理はどうなるのよ。何時間もフロントがら空きにして」
「も、申し訳ありませんっ……あ、新しい管理人が見つかり次第、フルタイムで対応させていただきますので……」
「それまではどうするのよっ、見つかるまでこんな状態なの?」
 千晶はさらに声を荒げる。
「申し訳ありません……」
「あなた、次の理事会来なくていいよ」
 マンション管理組合の理事会は、管理会社担当も出席するのが常である。
「え、あ……黒瀬理事長……」
「管理会社の見直しを議題に挙げるから」
「そ、そんな……」
 営業部が新規開拓を苦戦している中、昌人が属する管理部には手持ちのマンションを何としても死守するよう厳命が下ったばかりだ。このタイミングでの管理業務解約は、会社ばかりでなく、昌人自身の将来にも大打撃を与えるだろう。
「ど、どうか……この通りです……」
 昌人はカバンを椅子に置くと両腕を体にぴったりとつけて、九十度に頭を下げた。
「ふん」千晶は鼻で嗤う。「それ本気で謝ってるの? 本当に詫びる気があるなら、床に頭つけるくらいしなさいよ」
「えっ」
 昌人は体を起こして、千晶の表情を恐る恐る伺う。鼻筋の通った高貴な面立ちは怒りの色を残したまま、うっすらと笑みを浮かべているようにも見えた。
「アタシ、冗談で言ってないから……その気があるなら態度で示して」
「り、理事長……」
 昌人は今一度、哀願するような眼差しを女性権力者に送ってみる。女性の表情は少しも揺るがず、じっとこちらを見据えている。観念するしかなさそうだった。
「わ、分かりました……」
 昌人は革靴を脱いで脇に揃え、冷たい床に跪く。白地に黒の模様が描かれた膝丈のスカートからスラリとした脚が伸びている。
「こ、この度は、本当に申し訳ございませんでした……」
 昌人は声を震わせ、黒革パンプスのつま先に向かって、額を沈めた。そのまましばし女性権力者の声を待つ。
「頭上げて」
「は、はい……」
「待っても一、二週間が限度だよ。それまでに必ず終日入れる管理人さん見つけてくること」
「そ、それまでは、いまの形でご容赦を……」
「しょうがないじゃない……だけど、時間が短い分、厳しくチェック入れさせてもらうから」
「は、はい……なにとぞ、よろしくお願いいたします……」
 昌人はもう一度、床に額がつくほどに頭を下げた。

☆ 四

 会社に戻った昌人は、さっそく香月佳奈子に電話を入れてみる。
「どうでしょうか、例の管理人さんの件」
「ええ、今、候補者をリストアップしたところです。もう少しお時間いただけますか」
「すみません、なんかせかしてるみたいで……実は、今日も理事長さんに呼び出されてしまって……雷を落とされちゃって……」
 さすがに床に頭を着けて詫びさせられたとは言えなかった。
「そうなんですね……分かりました。なるべく急いでやりますので……」
「あ、あの……香月さん、よかったら候補の選定、手伝わせていただけませんか。僕、そちらのオフィスに伺いますので」
「ええ、それはぜんぜん構いませんけれど……」

「お待たせして、すみません」
 別件の電話を終え、香月佳奈子が打ち合わせブースにやってきた。
「いえ、とんでもない。こちらこそ、お忙しいところにお邪魔しちゃって」
 そう言いながら昌人は佳奈子の天使のような微笑みに癒やしを感じる。同じ美人でも昼間自分を罵倒し、土下座までさせた鬼女とは大違いだ。
「さっそくですけれど、これ候補者です」
 佳奈子は履歴書のファイルを昌人の方へ向けて開き、差しだした。
「あ、ありがとうございます」
 昌人はいったんテーブルに両手を着き、深々と頭を下げてからファイルに目を通していった。
「どの方も、挨拶や清掃スキルなど、一定のレベルは期待できる人材だと思っています」
「なるほど……」
 昌人はファイルをざっとめくっていく。写真や略歴を見る限り、五十代から六十代のいかにも真面目そうな人物ばかりだ。
「いかがでしょう……」
「ありがとうございます。ここまで絞り込んでいただけていたとは……凄く助かります……ただ問題は、例のことですね……黒瀬理事長の厳しいチェックに耐えられるか……」
「それなんですが、正直、私もどう聞いていいのか分かりかねましたので……とりあえず、家庭の事情などで求職の必要度が高い人材ばかりを集めました……」
「なるほど……少々のことがあっても辞められないという……」
「あ、まあ……」
 佳奈子が困惑したような表情を示したので昌人は慌てた。
「いえ、すみません、ホント、難しいお願いをしてしまって……香月さんがお気に病む必要はまったくありませんので……」
「お気遣い、ありがとうございます」佳奈子の顔に笑みが戻る。「……で、どうしましょうか……」
「少しこちらで検討させていただきたいのですが、このファイルをお預かりすることは……できないですよね……」
「そうですね……本来無理ですけど……」佳奈子が声のトーンを落とした。「コピーでよければ、内緒で。だけど、管理は厳重にお願いします」
「助かります」昌人は再び深々と頭を下げた。「用が終われば、お戻ししますので」
「破棄してくだされば結構です」佳奈子は微笑んだ。「軽部さんのことは信頼してますから」
 佳奈子はそう言ってコピーを取りに席を立った。

「今日は本当にありがとうございました」席を立ち上がった昌人は唾を大きく飲み込むと、さっきから考えていた台詞を思いきって口に出してみる。「香月さん、今日、も、もし、お時間よろしければ、お食事でもいかがですか。お礼をさせてください……」
「ホントですか?」
「え、ええ、もちろんです」

「今日、本当に来てもらえるとは思ってませんでした」
 レストランからバーへ移り、昌人は顔を赤くして佳奈子に言う。
「どうしてですか?」
「だって、香月さんほどの人だったら、きっと彼氏だっているだろうし……でも、ダメ元でお誘いしてみたんです……」
「ふふっ」
 佳奈子は意味ありげな笑みを浮かべる。
「そ、そうですよね、いらっしゃいますよね……だ、大丈夫でしたか、僕なんかと、こんなとこにきてしまって……」
「あ、いえ……」佳奈子は急に真顔になる。「ごめんなさい……そんなつもりじゃ……笑ってしまったのは……軽部さん、私が思ってた通り、純情な人だなって」
「え……」
「いませんよ、彼氏なんて」
「嘘でしょう……」
 昌人は信じられないと言った顔をしてみせる。
「本当ですよ。正直言うと三ヶ月前まではいましたけど……今は完全フリーです」
「そ、そうなんですね……」
「軽部さんは?」
「僕も、実は独身なんです。バツイチです。三十のときに結婚して、五年前に別れました。子供はいません……」
「ふふっ」
 再び佳奈子が吹き出した。
「あ……」
 昌人はまた何か失敗をしたのではないかと不安顔になる。
「なんか、私たちお見合いしてるみたい」
「あ、あああ……」
 昌人はずっと続いていた緊張がほぐれていくのが分かった。そして気がついたら次のような台詞を口にしていた。
「香月さん、お誘いしたその日に、こんなこと言うのどうかと思うんですけれど……」グラスから手を離して、姿勢を正す。「も、もしよかったら、僕とおつきあいしていただけないでしょうか。も、もちろん、結婚を前提としたまじめな交際です」
「え……」佳奈子は大きな目をさらに見開き、一瞬驚いた表情を見せた。「あ……私と? ……え、あ、ああ……」
「だ、だめでしょうか……」
「……少し考えさせてもらえますか……」
「も、もちろんです……すみません、いきなり……」昌人は慌てふためく。「あ、どうしたんだろ、僕……」
 黙ってうつむく佳奈子の様子に不安になる。
「わ、忘れてもらってもかまいませんので……今言ったこと……すみません……」
「忘れていいん、ですか? 忘れた方がいい?」
 佳奈子の顔がやや悲しみの色を帯びているように昌人には見えた。
「い、いえ……忘れないでください……返事は、また今度でかまいませんので……」

☆ 五

「ほらっ、ここ残ってるじゃない」
 千晶の大声がマンションロビーに響き渡る。
「す、すみません……」
 昌人は重たいモップを抱えて走り寄り、指摘された床を磨き直す。
「ムラだらけじゃないっ。隅々まできっちりやってよ」
「は、はい……」
 華奢な体でモップに力を込め直す昌人は、つくづく自分は肉体労働に向いていない人種だと思う。
 エレベーターから若い女性が降りてくる。三階に住む女子大生だ。
「おはようございます」
「おはよう、これから学校?」と千晶が応じる。
「ええ。あ、管理人さん、代わりました?」
「うん。急に辞めちゃってね。凄く困ってんの。とりあえず管理会社の社員さんに臨時で来てもらってるんだけど」
「そうなんですね……ご苦労様です……」
「すみません、ご迷惑をおかけして……」
 作業着姿の昌人は女子大生に頭を下げる。
「いえ、じゃ、失礼します」
 女子大生は千晶に一礼すると表へ出て行った。

「黒瀬理事長、ロビーのモップ掛け終わりました。チェックをお願いいたします……」
 昌人は、管理人の待機室で仕事をしている様子の千晶に言う。体と声が屈辱に震えているのが分かる。
「分かった。その前に、仕事の電話一本させて」
「はい……」
「ボーッとしてないでよっ、突っ立って待ってたって仕方ないでしょ。管理組合の理事長が指導しにわざわざ来てるんだからさ……コーヒーくらい淹れなさいよ」
「あ、すみません……気がつきませんで……」
 厳しい口調で部下に指示を出している様子の千晶の元にコーヒーを差し出す。千晶はIT系通販企業の経営者であった。一口飲むと、煙草をくわえて火を点けたので、昌人は慌てて灰皿を探し、キッチンの隅にようやくそれを見つけると差しだした。千晶は昌人が灰皿を手から放してテーブルに置く前に、こぼれ落ちそうな灰を灰皿の上に落とした。
―――あああ、なんて……
 昌人は泣きたくなるほどの屈辱を感じる。
 何もしていないとまた叱られると思い、絞った布巾でテーブルを磨き始める。その昌人に、いまだ電話中の千晶が目配せを送り、自分の肩を揉む仕草をする。
―――な、何を……
 昌人は見ぬ振り、気づかぬふりをしてうつむき、テーブルを磨いている。千晶が赤いマニキュアの指でトントンとテーブルを叩く。そちらに目をやると、やはり自分の肩を揉む仕草をする。昌人はたまらず、軽く礼をするとキッチンの方へ向かって、掃除を始めた。
「ねえっ」
 電話を終えた千晶が大きな声を出す。ヒステリックというよりも威圧する声だ。
「はいっ」
 昌人はスポンジを放り出して、すぐに彼女の元へ向かった。
「何か、アタシに言いたいことでもあるの?」
「い、いえ……」
―――あれは明らかに、肩を揉めという仕草ではなかったのか……いくらなんでも……そんなことはできない……
 昌人は頭に浮かべた言葉をぐっと飲み込む。
「仕事は一段落ついたし、今日はじっくりやるわよ」
「あ、はい……も、申し訳ありません……今日も、午後から社に戻らなくてはならなくて……」
「あ、そ、じゃあ、午前中いっぱい、みっちりやりましょうか」
「は、い……」
「表の草が生えっぱなしでさ、凄く気になってんのよ。草抜きやろ」
「あ、あの……理事長……申し訳ないんですが、除草は管理契約外でして……確か、今年の契約更改のときにお値引きの条件として、除外させていただいたはずかと……」
「除草剤撒いてそちらで勝手にやってくださいってね。そんな話だったよね」
「い、いえ……そういうつもりでは……」
「実際誰がやるのよ、こんな、オーナーも住民も女だらけのマンションで」
「……あああ……」
「誰にやらせるつもりなのかって」
 千晶は声を荒げた。
「す、すみません……で、でも……」
「ちょっと、表の草を抜いてみてくれませんかって、お願いしてるのよ、アタシが」千晶は一転、優しげな声音に代わる。「駄目?」
 拒否すれば、再び恫喝される。そんな思いにかられた昌人は、「わ、分かりました……私の個人的なサービスとしてでよろしければ……」
「だよね、そういうことなら、問題ないはずだよね……そんなの言われなくても最初っからやってよ」
 千晶は細長く描かれた眉毛を吊り上げて言った。
「は、はい……すみません……」

「よし、ロビーはいいわ。いつもこれくらいきれいにやること。いいね」
 一通りチェックし終わった千晶が威厳たっぷりに言う。
「はい……」
「次の管理人にもしっかり伝えるのよ、それがあなたの仕事なんだからね」
「承知しました」
 昌人は、大柄の女性に相応しいゆったりとした足取りでロビーを抜けて表に出ていく千晶のあとを小走りに追う。

「ここから、あそこの端まで。きれいに抜いといて」
 千晶は、エントランス脇の雑草を指さして言う。
「はい。た、確かに理事長がおっしゃられるように、ここは外から見えてしまいますので……」
 昌人は自分を納得させるようにそう言った。
「だよね、気づいてたんなら、自分から言ってこないと……馬鹿」
「あ、すみません」
―――聞き違いだろうか……馬鹿と言われたように思ったが……まさかそんな……
 昌人は千晶の言葉を胸に引っかけながら、軍手を嵌め、草むしりを始める。
「ところで、次の管理人のめどは立ってるの?」
「あ、はい……候補者を五人ほどに絞り込んで人選中です……」
「そう。そのリスト持ってきてよ。一緒に選んだげるから」
「あ、あのそれは……ちょっと、すみません。ご勘弁を……派遣会社と結んだ守秘義務もありますので……」
「どうしてっ?」
 千晶の脚が動いて昌人の腰に当たる。
「あわっ……」
 前のめりになって両手を地面に着いた。偶然だろうか、それとも……。
―――まさか、蹴られたのでは……
 昌人は真意を探るべくスーツ姿の長身女性を見上げて表情を伺おうとするも、強い視線に気圧されてうつむいてしまう。
「何? アタシが信じられないっていうの?」
「い、いえ……そんなことは……」
「じゃあ、もってきなさいよ」
 パンプスの脚が上がって、昌人の膝頭を蹴る。
―――ああっ……
 今度は気のせいではない。本当の蹴りだ。クライアントの女性に暴力を振るわれたのだ。これは抗議しなければならない。しかし、昌人の口を突いてでたのは正反対の言葉だった。
「しょ、承知しました……あ、明日でよろしければ、お持ちしますので……」
「明日だね。分かった。待ってるよ……草は根っこから全部きれいに抜いといてね。あとでチェックするわ……」
 千晶はそう言うと、高度を上げた陽が放つ紫外線が忌々しいとばかりに、建物の中へと戻っていった。

☆ 六

 昌人は、千晶の監視指導の下、清掃業務を終えて、午後、会社に戻った。処理しなければならない仕事が大量に貯まっている。午前中をまるごと奪われるのはやはり辛かった。ストレスも積もっていく。しかもこんな厳しい状況の中、千晶のマンションの契約を他社に奪われることは絶対に許されないのだ。大きなプレッシャーを感じながら机に向かっていると猛烈にあの女性ひとに会いたくなってきた。あの笑顔に癒やされたい。

「すみません、こんなに頻繁にお呼び出ししてしまって」
 昌人はレストランのテーブルを挟んで座る佳奈子に詫びる。女性ははにかむように黙って微笑んでいる。
「どうしても、今日も会いたくて……やっぱり、あなたのことが好きです……ご迷惑でしょうか……」
「いえ……もし、そうだとしたら、私もこんなに続けて出てきませんから」
「お付き合いいただけるということでしょうか」
 佳奈子は恥ずかしげに頷いた。
「あ、ありがとうございます。よろしくおねがいします」
「こちらこそ」

 バーでしばらく飲んだ後、昌人はタクシーで佳奈子をマンションまで送っていった。
「じゃあ、気をつけて」
 昌人が片手を上げて言うと、佳奈子は降り際に少し寂しげな顔を見せた後、「お茶、飲んで行きます?」

「どうぞ」
 片付けをすませるまで入り口で昌人を数分待たせた後、佳奈子がドアを開けて呼び入れた。
「失礼します」
 昌人はドギマギしながら、佳奈子のアパートに脚を踏み入れる。ひとり暮らしの女性の部屋に入るなんていつぶりだろう。
「コーヒーか紅茶か、それとも……ワインもありますよ、飲みかけのボトルでよければ」
「あ、そうですね……」
「ワイン?」
「はい」
「私も、なんだか、もう少し飲みたい気分でした」

「すみません、すっかり遅くまでお邪魔してしまって」
 しばし二人で話し込んだ後、昌人は壁の時計を見やって言った。
「いえ……よかった」
「え」
「今日会えてよかったです……ホントのこと言うと、私も会いたくて……もっと言えば、私も早くから軽部さんのこと、いいなって思ってたんです」
「あああ……」
 昌人は思い昂ぶったまま佳奈子の肩を抱く。目を閉じた彼女の唇に自身の唇をそっと重ねた。

☆ 七

 翌日、土曜日の朝、昌人は約束通り、マンションの最上階にある千晶のオフィスを訪れた。最上階だけはそれぞれが広い二居住区の構成で、もうひとつの部屋は、やはり千晶が自宅として所有していた。
「り、リストをお持ちしました」
 昌人は打ち合わせテーブルに、管理人候補者の履歴書を広げる。
「独り者はどれ? 確認しといてくれた?」
「あ、はい……えっと、この彼と、それから、こっちの方です」
 昌人は佳奈子から得た情報を元にファイルを指さす。
「年齢は……五十八歳と六十三歳か……」千晶は同時に写真も見比べる。「じゃあ、こっちの少し若い方にしようかな。虐め甲斐のありそうな顔してるし」
「り、理事長……」
「何? 少しくらいストレス発散させてよ……高いお金払ってんだからさ」千晶は冗談とも本気ともとれる口調で言う。「文句あるなら、本気で管理会社再検討の議題を挙げるわよ」
「あ、いえ……はい……ど、どうか……お手柔らかにお願いいたします……」
 昌人としてももはやそう言うのが精一杯だった。
「心配しないで、殺しはしないからさ」
 波打ちロングヘアのハンサムレディーは、うっすらと笑みを浮かべながら言う。
「……」
 もちろん冗談とは分かっているが、あまりにも物騒な言葉に昌人は絶句する。
「あと……相談なんだけど、ついでにさ、掃除してもらいたいところがあるのよ……」
「は、い……」
 昌人は大きく喉を動かした。
「この、うちの事務所……ここの打ち合わせスペースと、あとトイレだけでいいからさ」
「と、トイレを……」
「駄目?」
「え、いえ、理事長、いちおう契約では、共用部のみのメンテナンスということで……」
 昌人は半ばパニックになりながら声を震わせる。
「んなこたぁ、百も承知だよ。その上で、できるのかできないのか聞いてんの」
 千晶の声に怒気がこもった。
「あ、それは……ただ、人材派遣会社との契約もありますので……」
「別にやるのはあなただっていいんだよ。誰がやったって。やるの? やらないの?」
 昌人はしばし黙り込み、おもむろに声を絞り出す。
「しょ、承知しました……とりあえずは私の方でやらせていただきます……り、理事長様のご要望にお応えできればと……そ、その代わりと言ってはなんなのですが、今年とできれば来年以降も契約更新の方をお願いさせていただけないでしょうか……」
 昌人の懇願を聞いて、千晶はフーッと大きくひとつため息をついた。
「あなたねぇ、言いたいこといろいろあるけど、まず……『とりあえず』って何? アタシの大事なオフィスの掃除を『とりあえず』やるの? クライアント様のオフィスをさぁ」
「あ、いえ……そう言う意味では……」
「ああ、分かった。アタシはその程度の客なんだ。お宅にとって」
「いえ、違います……」
「どこが違うのよ。しかも、ちょっと掃除追加したくらいで、契約をずっと保証してくれだって? 世の中舐めすぎじゃない?」
 千晶は、真っ赤なルージュの唇を尖らせて声を張った。
「も、申し訳ありません……」
 昌人はすぐさま千晶の足元に跪き、頭を下げた。二度目の土下座はもはや抵抗が薄れていた。躊躇なく行動に移すことができた。ただ、屈辱が背中を痺れさせる感触は前回と同じだった。
「『とりあえず』じゃ駄目でしょう?」
 上から降ってくる声に、昌人は顔を上げ「はいっ」と返事をする。
「念入りにぃ、アタシが納得するまでピカピカにしないと」
「はいっ」
「あと、契約続けるかどうかは、あなたの仕事具合をしっかり見てから。来年の契約は、今年いっぱいのあなたを評価してから。そんなの当然でしょ」
「仰る通りです。も、申し訳ありませんでした」
 昌人はもう一度頭を下げる。
「いい加減にしないと、お前」
 その言葉と同時に、重たい圧力が昌人の後頭部にのしかかってきた。
―――ゴチッ……
「うがあっ」
 フローリングの床で額を打ち付け、昌人は目から火が出るような衝撃を受ける。
「ほらぁ、やっぱり。土下座するなら、床に額こすりつけなきゃ。常識でしょ。サラリーマンとして」
 なおもグイグイと体重を伸しかけるようにして踏みつける。
「すみません、許して、ください……」
 あまりの痛みと屈辱に昌人は泣き声を上げる。
「ようし、そのままだよ……そのままにしてな……」
 ようやく、頭から脚が退かされる。

「ようし、頭あげていいよ」
 その声に昌人が体を起こすと、千晶がしゃがみ込んでいて、女優のような美貌がしっかりとこちらを見据えている。
「す、すみません……」
 美女の威圧感に昌人の口から謝罪の言葉がついて出る。
「駄目、許さない」
「ど、どうすれば……」
 土下座までして容赦してもらえないのならば昌人としてもなすすべがない。
「殴らせてよ、ビンタさせて」
「え……」
 一瞬、何を言われているのか分からなかった。
「あなたが私に相当な失礼したんだから……私にもそれをお返しする権利があるんじゃない? 違う?」
「で、でも……暴力なんて……」
「そんな人聞きの悪いこと言わないでよ。そういうのが好きなの、私。察して……それくらいつきあってよ」
―――そうか、やはりこの女性はそういった性向の持ち主なのだ……
 そうと分かれば、逆に腹をくくった方が良いように思えた。
「わ、分かりました。ですがどうか……お、お手柔らかにお願いします」
 気がついたらそう言ってしまっていた。
「暴力じゃないからね。あなたとアタシのお約束の中でやることなんだから」
 千晶はにんまりと笑い、隠し持っていた革手袋を取りだし、赤いマニキュアの指に装着する。
「あああ……」
「レディーの手を痛めちゃまずいでしょ」
―――そんなに強く打つつもりなのだろうか……
「なんて顔してんの」
 黒いレザーグローブを嵌めた千晶の指が昌人の顎をつかんだ。
「理事長……」
「歯、食いしばって」
「あああ……」
「しっかり食い締めないと怪我するわよ」
―――この女性ひとは、本気で自分を打ち据えるつもりだ……
 ようやく気づいた愚かな自分を呪いながら、昌人はぐっと歯を食いしばる。
「目は開けて…………開けろ、目をっ」

S女小説 「ミストレスマンション」

Kindle小説サンプル

S女小説 名門私立S女学園3「全校統一」

S女小説 名門私立S女学園3「全校統一」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

学年全体を制覇した女生徒たちがその嗜虐熱を、さらなる次元へ向けてたぎらせていく物語

女子高教諭の稲田弘信は、教え子ばかりでなく、女性教師や妻にまで虐待蹂躙される立場へと身を堕としていた。そのきっかけをつくり、いまでは学年全体を牛耳っているのが二年一組の早川沙樹であった。沙樹の最終目標は彼女の意志による学校全体の統一である。しかし、その野望を阻もうとするのがPTAそして生徒会の存在であった。教諭であり沙樹の奴隷でもある稲田弘信は、これらの障害を取り除くべく工作員の役割を厳命されるが……。彼を待ち受けていたのは地獄の苦難であった。

第一章 女生徒のブーツ舐め

第二章 双子姉妹の壮絶責め

第三章 生徒会長の復讐陵辱

第四章 検尿検便の責任担当

第五章 血の臭い漂う学園祭

第六章 永遠に輝く女子覇権

本文サンプル

第一章 女生徒のブーツ舐め

☆ 一

「おはようございまぁす」
 愛らしい女生徒が弘信を追い越しざまに一礼して、校門へと入っていく。
「おはようございます」
 稲田弘信は微笑んで挨拶を返す。
 きっと一年生だろう。解禁になったブーツも履いていない。こんなに早い時間に登校するとは、部活生だろうか。
 それにしてもよく冷える。十二月ももう半ばだ。こないだまで黄金色に染まっていた銀杏の木もすべて葉を落とし、桜女学園のキャンパスはすっかり冬景色となっている。修学旅行でを入れられた両尻がまだヒリヒリと痛む。
「おはようございます」
「ああ、おはようございます」
 よく見かける顔の女生徒たちが三名ほど、やはり足早に弘信を追い越していく。三年生は、もう受験も追い込みだ。この時期すでに補習は行ってないはずなので、それぞれ自習に励むのだろう。ひとりはミドル丈の革ブーツ、あとの二人は羊毛で覆われたモコモコとしたブーツを履いている。彼女たち三年生や二年生のうちでもクラス委員でない一般の学生がよく選んでいるタイプだ。これなら学生らしくて好ましいと、弘信は思う。
―――カツ、カツ、カツ……
 後ろから迫ってくるヒール音に弘信はドキリとして振り返る。
「お、おはようございます……」
 先に声を掛けたのは弘信だ。
「おはよう」
 登校してきたのは、弘信が副担任を務める二年一組の早川沙樹だ。切れ長の目を持ち、鼻筋のスッと通った美貌は一段と洗練を増してきている。うっすらと化粧をしているのではないかと思えるほどに完成した面立ちが冬の朝日に輝いている。ブレザーの制服の上に濃紺のコートを羽織り、チェックのスカートから伸びた長い脚は、例のごとく膝下が本革のロングブーツに覆われている。ヒール込みの彼女はもはや弘信が見上げなければならないほどに背が伸びていた。手にはクラス委員のトレードマークであるオープンフィンガーの革手袋が装着されている。
「早川さん、きょ、今日はバイクの方は……」
「ちょっとカスタマイズしようと思ってね。ショップに預けてんだ……たまに歩くのもいいよね」
 女生徒はうっすらと笑みを浮かべていった。
「で、ですね……そう思います……」
 沙樹の機嫌がさほど悪くなさそうなことに、弘信はホッとする。彼の一日の幸不幸は、この教え子の気分に左右されることが多かった。弘信は辺りを見回して、他の生徒が近くにいないことを確認する。
「か、カバンをお持ちいたしましょうか……」
 恐る恐る言う弘信に沙樹はしばし見下した視線を送ると、黙ってカバンを渡した。
 校庭の石畳をカツカツとブーツのヒールを鳴らして歩く沙樹に、弘信は従者のようにしてすぐ後を追う。教室のある校舎へ入っていくものと思いきや、女生徒は入り口を通り過ぎて、校庭の方へ向かった。
「きょ、今日は?」
 弘信は思いきって声を掛けてみた。考えてみれば、彼女にしてはずいぶんと早い登校だ。
「部室だよ……やることたくさんあるからね……」
 映画研究部の部長である彼女が言った。
「私にできることがあったら、なんでもお申しつけください……」
 弘信は紺色の上質なコートの背中に小声を掛ける。一年生の頃はショートだったボブヘアは長めのミディアムボブとなり、うなじがほぼ隠れている。この髪型にブーツの足元も相まって、今朝の沙樹は大人の色香が一段と増したように弘信は思った。
「すっかり寂しくなっちゃったね」
 弘信のへつらいを無視するように、沙樹は校庭の木々に目をやって言う。
「そ、そうですね……」
 弘信もあわせるように辺りを見回し、慌てて頷く。
「あなたも寂しいんじゃない。だいぶきてるよ頭、特に後頭部」
「あ、ああ……はい……」
 度重なる虐待や陵辱のストレスからだろうか、確かにこの一年で、抜け毛、薄毛がかなり進行したように思う。もちろん、あなた方のせいだなどとは口が裂けても言えない。弘信の口から出たのは、「すみません」という言葉だ。「お見苦しくて……」頭をかきながら、十七歳の美少女に苦笑いを送る。

 沙樹は南校舎に入り、視聴覚教室の隣にある部室へと向かった。弘信も追って中へと入る。
「こ、ここは……」
 教材用の映像メディアをストックする棚以外は、倉庫として使われていた部屋だが、いまでは映画研究部の部室として編集用のパソコンや打ち合わせテーブル、ソファに観葉植物まで置かれ、弘信が声を挙げて驚く程の様変わりだ。それまで同好会だったのが、十二月から部に昇格するという話は聞かされていたが、ここまで充実させるには、相当の予算が下りたのだろう。
「なかなかでしょ」
 沙樹はコートを脱ぎながら自慢げな表情を見せる。
「ええ、さ、さすが早川さんです……」
 弘信は愛想笑いを浮かべながら、沙樹のコートを受け取り、ポールハンガーに掛ける。部長である彼女の許可を得て、エアコンのスイッチを入れた。
「とりあえず、コーヒー淹れてきてよ」
 沙樹が奥のキッチンスペースを顎でさして命じた。
「は、はい……」

「さ、沙樹さん、わ、私はそろそろ駐輪場の方へ……」
 弘信は淹れ立てのコーヒーを手渡しながら恐る恐る言う。
 毎朝、クラス委員たちの通学バイクを迎え、手入れするのは弘信たちの仕事だ。沙樹は、教師の中ではベテランや中堅の年齢である成松や弘信を下っ端の仕事にこき使うことで、自分の力を男子教員全員に誇示しているようだった。それは今のところ見事に成功していた。沙樹の服装や素行を面と向かって注意できる男はこの女子高に一人もいなかった。
「いいよ、今日は。成松だけで」
 沙樹は五十を過ぎたベテラン教員を平気で呼び捨てにする。
「でも……ひとりでは……とても……」
 弘信は、十台を超えるバイクを一人で点検したり、磨いたりするのは時間的にも厳しいだろうと思い、若手教師に応援を要請していいか、沙樹に尋ねたが、あっさりと断られた。
「駄目。あのオッサン、ちょっとたるみすぎてるから……この辺で、痛い目見とかないと……」
 時間が足らず、整備や手入れが中途半端になって、成松が、手脚に皮革を纏ったクラス委員たちから殴られ蹴られするのは明白だった。
「ってか、人の心配してる場合なの?」
「あ……い、いえ……」
 沙樹の声音に怒気を感じ、弘信は身をこわばらせて、気をつけの姿勢を取る。
「座れ、そこ。正座しろ」
 うら若き女帝はコーヒーカップをテーブルに置くと、ポケットからシガレットの箱を取り出した。
「は、はい……」
 弘信は冷たくて固い床に正座する。沙樹がブーツの脚を組むときに、白いショーツが一瞬見えてドキリとする。
「何?」
「い、いえ……」
 沙樹がシガレットをくわえてタバコの先を上下に動かす。
「あ、すみませんっ」弘信は慌ててライターを受け取り、火をつけて差し出す。「し、失礼します……」
「もっと、こっちこいよ。アタシが近づかないといけないの?」
 股間を狙った鋭い蹴りが飛んでくる。
「ぐわううっ、すみませんっ……」
 男教師は、膝をさらに進めて、消えた火を慌てて点けなおして差し出す。
「煙草の火くらいちゃんとやんなよ」
 沙樹はフーッと大きく煙を吐く。
「申し訳ありません……き、気をつけます……」
 顔面へまともに煙を浴び、咳き込みそうになるのを堪えながら弘信は正座の脚を整え直した。
 目鼻立ちがスッキリした顔立ちをふわりと包むボブヘア、赤いリボンを胸元にあしらった白いブラウスに濃紺のブレザー、夏に比べてだいぶ長さが戻ったチェックスカート……ここだけみるとどこにでもいる女子高生のスタイルであるが、彼女の薄桃色の唇はタバコをくわえ、手には革手袋が嵌められ、膝下はロングブーツに覆われている。その佇まいは、日々、男子教師を恐怖に陥れている無慈悲なクラス委員のありようを見事に体現していた。
「なんでもおざなりにやってんじゃないよっ」
 黒革ブーツが跳ね上がって、弘信の頬を激しく捉えた。
「ぎひいいっ……も、申し訳ございませんっ」
 中年教師は大きくかしいだ体を起こし、怯えきった表情で美しき教え子を見上げる。
「罰だ。舐めろ」
 土埃でうっすらと汚れた靴底が弘信の眼前に差し出された。
「あ、あああ……は、い……」
 弘信が舌を差しだそうとしたそのとき、「おはよう」と声がした。

☆ 二

 入室してきたのは葉山静香だった。大きな目を持つセミロングヘアの美少女は、沙樹の右腕的な存在で、この映研部でも副部長を務めている。
「おはよう」と沙樹が返す。
「あ、は、葉山さん、おはようございます……」
 静香は弘信の挨拶は無視して、コートを掛けると、沙樹の隣に座り、自分でさっさと煙草に火をつけた。
「あ、すみません……」
 弘信は慌てて掴んだライターを両手で握ったまま頭を下げる。
「いいのよ、こっちは。なんかやらされてたんじゃないの? 沙樹に」
「だったよね」
 沙樹は煙草をくわえると、組んだ脚を戻して、前屈みの姿勢になり、弘信の頬を平手で強打した。
「はうううっ、す、すみませんっ」
「どうして、お前はそう集中力がないの?」
「も、申し訳ありません……や、やります……」
「何を?」
「お舐めします……」
「だから、何をだって」
 土足のつま先がこっぴどく額を突く。
「はぐううっ……さ、沙樹様の靴をお舐めいたします……」
「ふふっ」
 静香が煙草の煙を吹き出して嗤う。
「ブーツの靴底舐めてくれるんでしょ」
 沙樹が興奮に小鼻を膨らませて言う。
「は、はい……」
「だったら、そう言えよ」
 またもや脚が動こうとしたので、弘信は慌てて、「は、はいっ、沙樹様のブーツの靴底をお舐めしますっ」
「いいね、お前のその愛想笑い」沙樹が大きく煙を吐きながら言う。「静香にもよく見せてあげな」
「は、い……は、葉山さん……」
 弘信はぎこちない笑顔を静香に向ける。静香はチャームポイントの大きな目で、じっと弘信を見据える。口元に湛えた笑みは蔑みの色を濃く帯びている。
「何?」
 静香はそう言って、弘信の顔を目がけ、フーッと煙草の煙を吐きつけた。
「い、今から、さ、沙樹様のブーツの靴底をお舐めしますので、ど、どうか……ご覧下さいませ……」
「そうね、アンタの惨めなとこ、じっくり見たげるわ。せっかくだから、動画に撮ってあげようね」
 そう言うとタバコをくわえて、席を立ち、ビデオカメラを手にして戻ってきて構えた。
「それなら、こうしないとね」
 今度は沙樹がくわえ煙草でソファを立ち、リードの着いた赤い首輪を持ってくる。
「あああ……」
 哀願の意を込めた弘信の嘆きを無視し、沙樹の革手が無情に首輪を装着する。
「さてと……」
 沙樹がブーツの脚をTの字に組み、握ったリードをぐっとたぐり寄せる。
「あうううう……お、お許しを……」
「ふふっ」
 静香は煙草を揉み消して、ビデオ撮影に集中し始める。
「だったら早く舐めろよ」
「は、はい……」
「お前、犬だろ? ウチらの」
「…………は、い……」
「んなら、『はい』じゃないでしょ」
 静香がカメラを構えながら言う。
「ねえ」
 沙樹が苛立たしげに、靴のつま先で弘信の顎を蹴った。
「あううっ…………わ、わんっ……」
 女生徒たちは声を押し殺して嗤う。
「とっとと舐めろよ、犬っころ」
「は、あ、わん……」
 弘信はT字に組んだ脚のつま先に顔を移動させて舌を伸ばす。静香のカメラに顔がしっかり映るよう沙樹がつま先を上向けた。
「ほら、笑顔で、稲田先生お得意の愛想笑いで、カメラ目線だよ」
 静香の指示に従い、弘信はぎこちない笑顔を作って、レンズを見る。その上で舌を細かく使い、教え子のブーツの靴底に付着した土埃を舐め取っていく。
「返事はどうしたっ!」
 沙樹のつま先が激しく弘信の口を叩いた。
「うがあっ……」唇の内側が切れ、血の味が広がっていく。「わ、わん……」
 弘信は涙目で、容赦なき女帝を見上げる。
「続けろよ」
 切れ長の澄んだ眼差しが厳しく見据える。
「わ、わんっ」
 弘信は前よりいっそう、せわしげに、必死さをアピールするようにして舌を動かしていく。
「ほら、顔だけじゃなくて、体ごと動いて。横着すんじゃないよ」
「わ、わんっ……」
 弘信は沙樹に指摘された通りに、体の位置をずらしながら、つま先から舌を下げていき、土踏まずを経てヒールの部分まで細かく舐めていく。歩きやすさを優先した厚めのヒールであるが、角の部分が鋭利で、舌に突き刺さるような感触を与える。ここをヤスリか何かで丸く削らせてもらうことができれば、体へのダメージがかなり減るのにと弘信は常日頃から思っている。特に結菜に蹴られるときはそうだが、この尖りが背中や太股に無数の傷をつくっているのだ。
 片方の靴底を舐め終えた弘信は、終了の許可を請うように、女主人を見上げ、小さく、「くん」と鳴いた。
「終わったのか?」
 沙樹の問いかけに、弘信は、「は……わん……」と応えてかすかに頷く。
「今、お前、はいって言おうとしたな?」
「はうあああ……」
 弘信は、思わず、「すみません」と言おうとした口をつぐんで悲しげな顔を見せる。
「罰だ。口開けろ」
 沙樹が火の着いた煙草の先を弘信の顔に近づける。
「舌出せ」
「あ、あああ……」
 弘信が長く伸ばした舌の上に、灰がポンポンと落とされる。その様子がすべて、静香のビデオカメラに納められていく。
「たまには、静香も撮ったげようか」
 沙樹がそう言って、静香からカメラを受け取って構える。
「さって、じゃ、どうしよっか」
 静香は沙樹から受け取ったリードの先をぐっと引き寄せた。
「はううううっ」
 組んだ脚のつま先に顔が当たりそうになる。静香が履いているのは、膝丈の編み上げブーツだ。韓国への交換留学の際、気に入って買ってきたらしい。留学生のソヨンが履いていたのとほぼ同じだ。膝下から足の甲辺りまで、びっしりと埋め込まれた金具に絡んでいる紐が、黒革ブーツにとてもハードな印象を与えている。静香の白い肌、愛らしいルックスとのコントラストが甚だしくて、複雑な魅力を少女に与えている。
「ゆ、許して、ください……葉山さん……」
 弘信は怯えた表情で見上げ、生唾を飲み込んだ。
「何よ、まだ何もやってないでしょ」
「わ、わん……」
「ふっ、もういいよ、犬は……」
 静香に鼻で嗤われ、弘信は自分から吠えてしまったことに赤面する。
「ほら、目線はこっち」カメラを構えた沙樹が言う。「笑顔で舐めな」
 アングルに合わせて、今度は静香がTの字に足を組んだ。やはり白いショーツがチェックスカートの奥に見え、弘信はドキリとする。
「は、はい……し、失礼いたします……」
 静香のブーツの靴底には滑り止めのスリットが刻まれていて、そこに細かな石や泥、砂粒が詰まっていた。弘信は、それらが口の中に入ってこないよう、慎重に舐めていったが、やはりいくらかはこぼれ出て、容赦なく舌を汚していった。
「教え子の女子に、きったない靴底舐めさせられてさ……悔しくないの? アンタ」
 静香が小鼻を膨らませて言う。嗜虐に満ちた自分のセリフになおさら興奮を高めている様子だ。
「答えろよ、正直に」
 沙樹がカメラを構えたまま、長い脚を伸ばして、弘信の背中を蹴った。
「くはううっ……は、はい……悔しくないと言えば……嘘になります……です……」
「持って回った言い方すんじゃないわよ、馬鹿」
 静香がさきほど沙樹がしたようにつま先で弘信の口を叩いた。
「かうわうああっ……す、すみません……」
 塞がりかけた傷口が開いて、新たな出血が始まる。
「どうなんだって」
 静香の編み上げブーツが弘信の額を強く蹴る。
「ぐああっ……悔しいです……すみません……でも……」
「でも?」
 静香は昂ぶった声を出す。まだ成長の余地を残した胸がゆっくりと上下に動いている。嗜虐の高ぶりで息が荒くなっている。
「でも……こ、これが私の立場ですので……仕方ありません……沙樹様や静香様のご命令ならば……従わないと……」
「仕方ありません? 何、じゃ、お前、ウチらから言われて、嫌々やってんだ」
 女生徒は男教師の言葉尻を捉まえてさらに追い込んでいく。
「い、いえ……そんな意味では……」
「そういう意味でしょ。いまそう言ったじゃん」
「しゃべればしゃべるほど、ボロでちゃうね、お前、稲田」
 沙樹は静香の言葉責めに感心しながらカメラを向け続ける。

「そろそろ、始めようか、沙樹。時間ないし」
 弘信に汚れたブーツの靴底をさんざん舐めさせた静香はそう言うと気がすんだような表情をしてソファを立ち、パソコンデスクへ向かった。
「修学旅行でたくさん撮りためたからね。これから編集で大忙しだよ」
 沙樹が弘信を見据えて言う。
「あああ……」
 弘信は、自分が教え子のディルドを咥えたり、尻穴を犯されている映像も当然含まれているのだろうと思う。
「稲田!」静香が珍しく大声を挙げる。「ボーッとしてないで、アタシにもコーヒー淹れてよ」
「は、はいっ……ただいま……」

☆ 三

「成績については、まったく問題はありません。この調子で取り組んでいただければ、来年の大学受験もかなり優位に進められると思います」
 弘信は早川紗津季に何度も同じ言葉を繰り返した。
 沙樹の母親に会うのは初めてのことだった。切れ長の涼しげな目、スッと通った鼻筋は、まさしく沙樹に通じる美貌だった。
「そうですか……安心しました。もっと早くお目に掛かりたかったのですが、なかなか仕事が忙しくて……ごめんなさいね……その上、先生を拙宅に呼びつけてしまって……しかも、お休みの日に」
 紗津季は女性向けの宝石や皮革製品を輸入販売している会社の社長であった。年齢は四十歳手前と聞いているので、弘信よりも少し年下である。そうは思えぬ若々しさ、また年下と思えぬ落ち着きを持った淑女であった。
「いえ……だ、大丈夫です……それに拙宅だなんてとんでもない……こんな素晴らしいお宅は、私たち雇われ教員には夢のまた夢ですよ……」弘信は高級家具が設えられ、調度品で飾られたリビングを今一度見渡して言った。「で、では……私はそろそろ……」
 弘信は出張面談を切り上げ、腰を上げようとする。
「あら、もう少し、ゆっくりしていってくださいな。お急ぎかしら?」
「い、いえ……そういうわけではありませんが……」
 弘信は上げかけた腰を下ろして、不安げな表情を見せる。一瞬、沙樹に言われたような錯覚を覚えた。母娘であるので当然だが、紗津季の面立ち、声質、スタイルは、どれも沙樹の気配を感じさせる。
「稲田先生」紗津季は切れ長の目で、弘信をじっと見据える。「私にもあのサービスをお願いできますか?」そう言った直後に、今日初めて見せる妖しい笑みを浮かべた。
「え……いや……あああ……」
 弘信はハッとする。よく考えてみれば、当然の流れだった。クラスの教え子である葉山静香や木橋陽子の母親とは懇意のはずだ。なぜ彼女は例外だと思ったのだろうか。沙樹の母親だからか。ならば、むしろなおさらではなかったか。心身の準備がまったくできていない弘信はうろたえる。
「聞いてますよ、クラスのお母さん方からいろいろ……私もいつか時間ができたら、お願いしようと思っていたの」ブランデー入りの紅茶のせいか紗津季の頬はやや火照っている。「稲田先生のご熱心なサービスをね……」弘信の下半身にねっとりとした視線を送って言った。
「し、しかし……お、お母様……今日は、ご主人も……」
 弘信は、さきほど飲み物を運んでくれた紗津季の夫、沙樹の父親のことを思う。
「かまわないわ」紗津季は鼻で嗤って、アルコール入りの紅茶を飲み干した。「少し待ってて。準備してくるから」そう言い残してリビングを出て行った。

「おまたせ」
「はい……ああああ……」
 顔を上げた弘信は驚愕する。彼の瞳に映っているのは、紗津季ではなく、娘の沙樹であった。制服のブレザーに、赤いネクタイ、ブラウス、チェックのスカート……いつも学校で見る姿の彼女であった。
「さ、沙樹さん……今日は外出をしていると……」
「いまさっき学校から帰ってきたんだよ。映研の様子見に行ってて。編集作業が貯まってるからね……それはいいけど、ママから話は聞いたよ……さ、行きましょ。もう準備OKみたいだからさ……」
 沙樹の誘いで、弘信は早川家の地下室へ降りていった。
「こ、ここは……」
 部屋の様子に弘信は驚く。赤と黒の二色にまとめられた地下室は、まるでSMルームのようだった。妻の恭子に鞭打たれるときに使うホテルの部屋にそっくりだ。黒い壁に映えるX字の磔、おどろおどろしい雰囲気を醸している鉄の檻。床には血の色を思わせるビニル製のマットが敷き詰められていた。
「ようこそ、早川家特製の仕置き部屋へ」
 奥のベッドに腰掛けた紗津季が言った。真っ赤なバスローブを纏って、リードを手に握っている。その先には首輪を着けられた彼の夫、つまりは沙樹の父親がブリーフ一枚の姿で正座をさせられていた。
「こ、これは……」
「さあ、行って」
 あまりに特異な状況にうろたえる弘信の背中を沙樹が押す。
「おいくらでしたっけ?」
「あ、いえ……奥様、いくらなんでも、沙樹さんやご主人がいらっしゃる前では……」
「平気よ、うちはこういうのオープンなの」
「アタシは大丈夫だよ、もちろん」
 母親に続いて沙樹が言う。
「あなたは?」
 紗津季が痩せこけた執事のような夫を見下ろして言う。
「は、はい……」
 夫であり父であるはずの男は無念を堪えるようにして返事をした。
「当然でしょっ」
 紗津季が腕を伸ばして、そのしおれた頬に平手を一発張った。
「はううっ」
「仕事もできない、男としての役割も果たせないんだからさ」
「は、い……で、でも奥様……」
「何?」
 弘信は男が妻をそのように呼んでいることに驚く。
「せ、せめて、私は上の部屋にいてもいいでしょうか……」
「何言ってるの、それじゃ罰にならないでしょう。お前、こないだ私の浮気に嫉妬したでしょう」
「え、あああ……紗津季様……」
「罰として妻が逆風俗サービスを受けるところを見ていなさい」紗津季は夫にそう言い放つと弘信の方を淫欲に疼く目で見た。「稲田先生、おいくら? さっさと始めましょうよ」

「あ、ありがとうございます……」
 弘信は紗津季から受け取った紙幣をしまうと、奥のシャワールームで体を洗い、ブリーフ一枚の姿で紗津季の足元に跪く。
 左手の椅子には沙樹が腰掛け、彼女の命令で父親がロングブーツを履かせている。首輪のリードはいまは娘が握っている。
「あなたも着けようか」
 紗津季がそう言って、弘信の首にも首輪を装着し、リードを接続して、ぐいと引っ張った。
「うくうううっ……」首を引き上げられた弘信は苦しそうに呻く。「ど、どうか……お手柔らかにお願いいたします……」
「ふふっ、それは……あなた次第よ」紗津季は弘信の顎を掴んで上向かせた。「さぁて、どうしてくれるの?」
「あ、はい……きょ、今日は、わたくし稲田弘信をお買い上げ頂き、誠にありがとうございます……」
 弘信は、沙樹から徹底的に仕込まれたセリフと態度で、実業家であり、妻であり、母親である美熟女に傅いた。
「うん……で?」
「わ、わたくしは早川紗津季様の舌人形でございます。どこでもお舐めいたしますので、何なりとお申し付け下さいませ……」
「任せるわ、いつもやってるようにやって。葉山さんや木橋さんたちにしてあげてるように」
「は、はい……で、では、おみ足から……」
「へえ、足を舐めてくれるんだ……」
「指を一本一本、しゃぶってくれるよ」
 沙樹が言う。
「うん、やって」
 赤いペディキュアの親指が、弘信の唇に突きつけられる。
 沙樹と同じく一本一本が長い指を持つ足だった。教え子たちの足はさんざん舐めさせられているが、紗津季が彼女たちと違うのはペディキュアをつけていることである。ペディキュアそのものの味はないが、体に毒はないだろうかと気にしながら舐めしゃぶっていく。
「ふふ……くすぐったいわね」
 美熟女の足の皮膚や垢のしょっぱさ酸っぱさが瞬く間に口のなかに広がっていった。

「さて、次は?」
 足を舐め終え、いったん口をゆすいできた弘信に紗津季が問う。
「あ、はい……お母様方はたいてい、乳首、ご希望があれば、わ、腋なども……」
「それは今日はいいわ。あまり時間が無いから……その後は?」
 紗津季はそう言って、一瞬、夫の方を見る。
「うう……」
 男のかすかな呻きが、弘信の耳に入り、思わず目をつぶる。
「ねえ」
 紗津季がリードを手首に巻き付けて引き上げる。
「くううああっ……は、はいっ……最後は、あ、アソコになります……」
「アソコって?」
「先生、ちゃんと言わなきゃ、ママ分かんないよ」沙樹がからかうように言う。「初めてなんだからさ」
「お、オマ○コです……」
 弘信は顔が熱くなるのを感じながら言う。
「何だって? よく聞こえなかったわ」
 紗津季がリードをさらに引き上げる。
「うくああっ、お、オマ○コです。さ、紗津季様のオマ○コをお舐めいたします」
「聞いた?」紗津季は夫の方を見て白い歯をこぼした。「今から、沙樹の先生が、アタシのオマ○コを舐めてくれるんだってさ」

☆ 四

「す、すみません……」
 弘信は紗津季の夫の顔を見ることはできなかったが、そちらの方へ向けて頭を垂れた。
「あなたが謝ることないわよ。アタシが仕事として頼んでるんだから」
「ほら、パパ、稲田先生がやりにくいんだって。なんか言ってあげたら?」
 沙樹が言うが、父親は「あ、ううう……」とうなるばかりだ。
「お仕置きが欲しいの?」
 弘信がうつむく父親の方を改めて見ると、彼の胸にはすでに無数の鞭傷がうっすらと見て取れた。
「い、いえ……」父親は声を絞り出す。「先生、お願いします……」
「何をっ?」今度は妻が大きな声を出した。「はっきり言いな」
「はいいっ」夫は声を裏返す。「せ、先生、妻の……紗津季のオマ○コを舐めてやってください……よ、よろしくお願いします……」
「あ、は、はぁ……」
 弘信は声の方に一礼すると紗津季の下半身に正対する。紗津季はバスローブの腰紐を解いた。くびれの利いた白くてグラマラスなボディには、黒いブラジャーとショーツだけが着けられていた。紗津季はショーツに手を掛けると腰を少し浮かせて太股まで降ろし、弘信の顔をじっと見つめる。

 

名門私立S女学園3「全校統一」

Kindle小説サンプル

S女小説 名門私立S女学園2「学年制覇」

S女小説 名門私立S女学園2「学年制覇」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

女生徒たちの奴隷と化した男性教諭が、さらなる虐待や陵辱を受ける物語

女子高教諭の弘信が犯した校内不倫の代償はあまりにも大きなものだった。女生徒一人ひとりに土下座で詫びさせられ、裸に剥かれ、さらには全員から総計百発に及ぶ一本鞭の罰を受け、挙げ句の果てにはクラス委員長の早川沙樹とクラス委員葉山静香の二人にペニスバンドで尻穴を貫かれたのだ。しかし強度のS性を秘めた少女たちの野望がこの程度にとどまるはずがなかった。クラスを支配し弘信を奴隷状態に置いた沙樹の次なる目標は、学年全体の制覇であった。

第一章 女生徒たちの靴磨き

第二章 母姉への屈辱舌奉仕

第三章 秘密を握る少女たち

第四章 張形はクラスの備品

第五章 美人留学生の鞭打ち

第六章 尻に名前を刻まれて

本文サンプル

第一章 女生徒たちの靴磨き

☆ 一

「で、では……授業を始めます……始めさせていただきます……」
 稲田弘信は教壇に上がり、二年一組の女生徒たちを伏し目がちに見渡すとそう言った。自分の声がいくぶん震えているのが分かる。彼女たちがこちらを見る目がこれまでと明らかに違っている。一年生最後のクラス会において、弘信の担任教師としての権威は地に堕ちてしまった。無理もない。副担任である新任養護教諭、石坂真由美との校内不倫を生徒一人ひとりに土下座で詫びさせられ、裸に剥かれ、さらには全員から総計百発に及ぶ一本鞭の罰を受け、挙げ句の果てにはクラス委員長の早川沙樹とクラス委員の葉山静香の二人にペニスバンドで尻穴を貫かれたのだ。
 あまりのショックに翌日の終業式はもちろん、年次明けの始業式も副担任の石坂真由美に任せ、学校へは出勤したものの、職員室から出ることができなかった。女生徒たちの前に姿を現す勇気がなかった。彼女たちは単なる余興くらいにしか思っていないのかもしれないが、虐待陵辱を受けた当事者にしてみれば、簡単に割り切ることはできなかった。しかし、いつまでもこもってばかりいる訳にもいかない。仕事をしなくては、自分も家族も生きていけない。
「ボーッとしてないで、早く始めて下さいよ」
 早川沙樹がボブヘアの髪を触りながら、切れ長の美しい目で、弘信に強い視線を送っている。教壇に立っていながら、弘信は上から見下ろされているような気になった。
「あ、はい……すみません……では……新しい教科書を開いてください……今日から、数Ⅱに入ります……は、入らせていただきます……」

 幸い授業を妨害されるようなことはなかった。早川沙樹を始め、全員が真面目に勉強に取り組んでいる。そこだけを見れば、歴史ある女子高の優秀な女生徒たちそのものなのである。授業に熱が入るにつれ、弘信は彼女たちの中に棲む悪魔の存在を忘れそうになる。

 授業の終わりを告げるチャイムが鳴る。昼休みだ。
「では……時間も来ましたので、今日はここで終わりにします……」
「先生」
「あ、はい……早川さん……」
「今日はずいぶん久しぶりだったね……」
 沙樹は窓際最前列の自席で片頬杖をつき、斜に構えて言う。二年生になって髪が少し長めになり、一段と大人の女性へ近づいている。
「あ、はあ……ちょっと、体調を崩していまして……」
「学校を休むほどじゃなかったんでしょ。出勤はしてたって聞いてるよ」
「え、あ……す、すみません……」
「終業式も始業式も、石坂さんにまかせっきりで、ちょっとたるんでるんじゃない?」
「い、いえ……あ、は、い……」
 次第に強くなっていく沙樹の口調と対照的に弘信は口ごもっていく。
「こっち、おいでよ。アタシが話してるんだからさ」
「あ、はい……」
 弘信は手に持ちかけていた教科書類を教卓に戻すと、沙樹の席へ赴いた。弁当を広げたり、食堂や売店へ赴こうとしていた女生徒たちが寄ってきて人垣を作る。
「座んな、そこ」
 沙樹は体を半回転させ、机の下から脚を出すと、自分の足元を顎で指して言った。
「は、早川さん……」
「早くしなさいよ、言われているでしょ」
 目の大きな葉山静香が弘信の背中を叩いて言う。バレーボール部の長身美女、時本結菜が腕組みをして近づいてくるのが見えて、弘信はすぐさま従った。固い床に跪いて正座の姿勢を取る。
「ねえ、どうして仮病なんて使ったの?」
 沙樹は紺ハイソックスを履いた長い脚を組みながら聞いた。上履きのつま先が弘信の鼻をかすめそうになる。
「はうああ……い、いえ……仮病ではありません……本当に具合が悪くて……」
「でも、学校には来れたわけでしょ」
「そ、それは、そうですが……」
「それが仮病って言うんだよ」
 いきなり上から白いブラウスの腕が伸びてきて、弘信の頭髪を鷲づかみにし、ぐいと引き上げた。
「きひいいいいっ……す、すみませんっ……」
「どうしてサボった? 終業式も、始業式も、今日のホームルームだって、石坂さんにまかせっきりで……あんた、担任なんてやる資格ないよ」つかんだ髪を前後に揺らしながら罵倒する。「ああっ?」
「きひっ、くわあああっ……も、申し訳ありませんっ……」
「いっそのこと、担任と副担任、交代したら?」
 静香の声がする。
「だよね」沙樹が髪をつかんだ手にいっそう力を加えて頷く。「それがウチらの要望だよ……いや、命令かな」
「あああ……早川さん……沙樹様……」
 クスクスと周囲から笑い声が聞こえる。
「何、恥ずかしそうにアタシの名前呼んでんだよ。ここじゃ、やりにくいか?」
 沙樹が言うとおり、さすがに教室では、様付けした女生徒の名前をはっきりと声に出すのにはためらいがあった。
「……は、い……すみません……」
「じゃあ、ウチらもお腹空いてきたし、続きは放課後やろうか……例の場所でさ」

 放課後、弘信は体育倉庫へ赴く前に、石坂真由美のいる保健室を覗いてみる。
「稲田です」
「どうぞ」
 ドアを開けて部屋にへ入ると白衣の美女の足元に跪いた。
「ま、真由美様……」
「どうだった? 授業は」
 栗色のセミロングヘアをかき上げて、二十四歳の美人教師は聞いた。
「は、はい……授業の方は特に問題なかったのですが、今日、これから体育倉庫の方へ呼ばれています……」
「そう、じゃあ、頑張ってこないと」
「は、い……それと、沙樹様の方から、担任と副担任を交代するよう言われまして……」
「……そう」
 弘信は、真由美の顔色をうかがいながら続ける。
「……さすがにそれは人事の領域になりますので……問題があるかと……」
「そうかな。校内の最終的な人事権は校長だよね、確か。学年主任に進言してもらう形を取れば、できるんじゃない?」
「ま、真由美様の方はそれで……」
「私は問題ないわよ。実際、ここのところ生徒の前に出て担任の役割してるのは私なんだから。コソコソしてるあなたが副担任やった方がいいって生徒たちが思うのも当然じゃないかしら」
「あ、あああ……は、い……」
「要は、あなた次第ってことでしょ。どうなの? 表向きも、アタシの下に着く覚悟ある?」
「そ、それは……」
 弘信の中でいろんな思いが錯綜する。世間への体裁もあるし、妻にはどう説明すればいいだろう。責任の負担は減るものの、雑用が多いのはむしろ副担任の方だ。
「も、もう少し、考えさせてください……すみません……」
「ふっ……じゃ、そうなさい……それより早く行った方がいいんじゃない? 体育倉庫で拷問受けるんでしょ、沙樹様に」
 真由美が茶化すように言った。
「ま、真由美様……」
 弘信はすっかり女主人ぶりが板に付いた恋人の言葉に慌てる。壁の時計の時間を見て、「はい、では行って参ります……」と立ち上がり、一礼をして部屋を出た。

☆ 二

 体育倉庫に着いた弘信は、まだ誰も来てないのが分かって安堵した。扉を閉めて明かりを点け、奥の体操マットの上に正座をして待った。
 前室の本倉庫では聞こえていたバレーボール部の打球音や掛け声が、奧のこの部屋ではほとんど聞こえない。
 弘信も最近知ったのだが、かつて教員同士で組まれたバンドの練習場として使われていたことがあって、その際に完全防音処理が施されたらしい。どうりで用具倉庫にしては分厚い扉が使われているわけだ。
 そんなとりとめのない思いに時間を潰していたら、扉が開く音がして女生徒たちが入室してきた。
 委員長の沙樹を始め、静香、結菜、陽子のクラス委員が全員揃っている。加えて、十人を超えるクラスの生徒が見学に来ている。
「あれ?」
 沙樹が正座する弘信の前に仁王立ちになって、首をかしげた。
「あ、はい……」
 遅刻もしておらず、正座の姿勢で待っていた弘信は、自分に落ち度を認めることができず、ただ大きく唾を飲み込んで、沙樹の方へ首を伸ばす。
「服、着てていいの?」
 沙樹が腕を組み、ため息をつく。
「あ、いえ……」
 まさか、裸で待っているのが当然だとでも言いたいのだろうか。
「ウチらが、この部屋でアンタを指導しようっていってんだからさ」と静香が続ける。
「素っ裸になって、待ってるのが当然だよね」
 そう言う陽子は長い黒髪に赤いフレームの眼鏡がよく似合っている。一年次にはかけてなかったので、視力が落ちたのか、もしくはコンタクトをしていたのだろう。
「すみません、言われてなかったもので……」
 弘信は沙樹を仰ぎ見、反省しきりの顔で言った。立ち上がってベルトを緩め、シャツを脱ぎ、ズボンを降ろし、すばやくパンツ一枚になった。沙樹にジロリとねめつけられ、パンツも脱いで気をつけをする。
 嘲るような蔑むような声があちこちから上がるも、大人の男の裸体を目の前にした少女たちの興奮が伝わってくるように弘信は思った。
「言われなかったから、脱いでないんだ……服を着たまま待ってるんだね、お前は……」
 沙樹が、弘信の怯えを弄ぶようにつぶやく。
 白いウェアに赤い短パン……バレーボール部のユニフォームを身につけた結菜が背後に回るのを見て、弘信は思わず、肩をびくつかせる。
「体で分からせてあげようか……」
 沙樹がそう言った次の瞬間、後ろから長くていかにも健康的な腕が回ってきて弘信の首にからみつき、そのままじわじわと締め上げていった。

「くぅううう……く、苦しい、です……」
 弘信は、背後から首を締め上げる結菜の腕を数度叩いた。
「何それ、ギブアップのつもり?」
 沙樹が嗤う。
「もう降参なの?」
 静香が言うと、見学に来た女生徒たちから嘲笑が漏れた。弘信は苦しさと恥ずかしさで顔を赤くする。
「きひいいいっ……許してください……ゆ、結菜、様……」
「弱すぎるよ、アンタ」
 結菜は腕を緩めると、やれやれといった調子で立ち上がる。
「分かった?」
「反省してる?」
「どうすんの、次からは」
 沙樹と静香、陽子が矢継ぎ早に言葉で責める。
「は、はい……すみませんでした、本当に。こ、今度からは、皆様方にお呼び出しをうけたら…………必ず服を脱いでお待ちします……」
 弘信は途中で咳き込みながらも、なんとか応える。
「全裸で?」と沙樹。
「は、い」
「誰か他の人が入ってきたら、どうすんの?」
「そ、それは……」
「どうするつもりなの? 分かんない?」
「す、すみません……」
 うつむく弘信の目に沙樹のローファーが目に入る。クラス委員のメンバーは、ユニフォーム姿の結菜以外、上履きでなく革のローファーだった。
「この頭は、算数の計算しかできないのか?」
 沙樹の足が跳ね上がり、ローファーがコツンと側頭部を蹴った。再び周囲からクスクスと笑い声が上がった。
「も、申し訳ありません……分かりません……」
「そうか、分かんないか……じゃあ、アタシのローファー磨きながら考えよっか……あれ、こっちへもっといで」
 青いバケツを顎で指した。
「は、はい……」
 弘信は裏返しになったバケツを沙樹の足元へ移動させる。昨年度、この上に載った真由美のブーツを舐めさせられたことを思い起こす。
「磨くくらいは簡単だよね?」
「は、い……」
 舐めるよりはよほどましだ。沙樹もきっとあのときのことを思い出して言ったのだろう。弘信はさらのハンカチをポケットから取りだし、すでに黒光りしているつま先にさらなる磨きを掛けていった。沙樹のローファーは、あらためて磨く必要が無いほどに手入れが施されていた。あの手下のように扱っていた兄に磨かせているのだろうか。兄の顔を思い出し、同時に真由美が彼にバックから犯される映像が甦ったので、弘信は慌てて頭から追い払った。
―――ううう……
 クスクスクスとまたもや周囲から笑い声が聞こえたかと思うと頭頂部に冷たい感触があった。ハッとして頭を上げると、沙樹のすぼめた口から唾液が糸のように垂れ落ちて、頭頂部から額、そして眉間を濡らしている。
「ひぃあああっ……」
「ボーッとしてるからだよ」
 結菜の大きな足が背中を蹴る。
「くわううっ……すみませんっ……」
「答えはどうなってんだよ、てめえっ」
 突然、沙樹が叫び、ローファーの甲が弘信の頬を激しく捉えた。
「がぶふううっ……ひいいいっ……も、申し訳ありません……考えつきません……」
 そうだった。問いを投げかけられているのだった。全裸でいるところに誰かが入ってきたらどうするのか……弘信にはまったく思いつかない。
「ひい、だって……聞いた? みんな」
 静香が嗤うと皆がうなずきながら嘲笑を浴びせた。
「すぐに腕立てはじめんだよ」沙樹がローファーで顎を上向かせながら言った。「トレーニング中だとしたら、不自然じゃないでしょ」
「あ、はいっ……」
 弘信は、沙樹に対して否定の返事はありえないとでもいうように裏返った声を出して頷く。
「それにしてもやっぱ全裸はおかしくない?」陽子が笑いながら言う。「いくらなんでも」
「そうだね」静香が続ける。「ブリーフぐらい履かせてあげたら、沙樹」
「確かに」と結菜。
「ほら、みんな優しいね」沙樹がつま先で顎下を軽く蹴る。「ブリーフは履いてていいんだってよ」
「あ、ありがとうございます……」
 弘信は目の前の教え子を見上げて、すぐに再び頭を下げる。短い丈のスカートの奥の白いショーツがチラリと目に入ってしまい、ドギマギする。
「アタシだけにじゃないでしょう」
「はいっ、み、皆さま、ありがとうございます…お、お気持ちに感謝……いたします…」
 弘信は、周囲の女生徒たちにもペコペコと頭を下げる。
「なんか雑じゃない? ウチらには」
 そう言う静香にもう一度、丁寧に頭を下げる。
「あ、ありがとうございます……です……」
「もっとひれ伏せよ」
 ドスンと背中に重たい足が載る。感触からして、結菜のシューズだろう。
「くわああっ……す、すみません……結菜様……」
「静香様も、申し訳ありません……」
「陽子様、ご無礼いたしました……ありがとうございました……」
 クラス委員を一人ひとり名指しして、頭を上げて目をしっかりとあわせ、次いで、床に額をこすりつけ、精一杯の誠意を見せる。他の教え子たちの視線を痛いように感じる。彼女たちはきっとこの事態を目の当たりにして、自分たちも同じように担任を虐めてかまわない。そんな権利が生じたように理解しているのではないだろうか。
「靴磨きはもうおしまいなの?」
 懸命に愛想を振りまいている弘信の背中に、沙樹の冷たい声が浴びせられる。
「あ、いえ、すみません、沙樹様……」
「ほらほら、忙しいよ」
 クラス委員とは別の女生徒の声がして、その周囲が笑う。弘信は、一段と心音を大きくして沙樹の元へ向かった。今度は左の靴で裏返しのバケツを踏んでいる。
「ピッカピカにすんだよ、息でハーハーしながらやってみ」
「あ……はい……」
 弘信は教え子の命令に従って、ローファーのつま先にハーッと息を吐きかけ、ハンカチを使って磨き上げていく。
 他の女生徒たちは、跳び箱や重ねたマットなど、思い思いに腰を落ち着ける場所を見つけて座り、担任教師の醜態を眺めている。
「沙樹も座ったら?」
 静香が折りたたみ椅子を持ってきた。
「ああ、ありがと」
 沙樹は腰を下ろすと、「こういうことはさ、そもそも、アンタが気がつかないと。稲田」
「あ、あああ……すみません……」
「お前、奴隷だろっ? アタシの」
 沙樹はいきなり声を荒げ、激しくバケツを蹴る。けたたましく転がる音が部屋の緊張感を一気に高めた。
「ひいいいっ……申し訳ありませんっ……」
―――泣きそうな顔しちゃって……
―――よほど沙樹が怖いんだね……
―――完全にビビっちゃってるよ……
―――惨め過ぎるわ、稲田先生……
 女生徒たちのひそひそ声が聞こえる。
「要らないんだよ、もう」
 転がったバケツを取りに行こうとした弘信の脇腹に追いかけてきた沙樹の鋭い蹴りが入る。
「ぐはううっ」
 バクンと音がして、哀れな中年教師はしばし、その場にのたうち回る。
―――ぎうううううう……くはぅわああああ……
 呼吸困難と痛みがようやく治まったところで、すぐに正座の姿勢に体を戻し、脂汗を流しながら、厳し過ぎる教え子を怯えきった目で見上げる。
「片方の手で、靴を持って。もう片方で磨くんだよ」
 椅子に座り直した沙樹は組んだ脚をぶらぶらさせながら凄みの利いた声で言う。
「は、はいっ……」
 弘信は、すぐさま命令に従い、土足の底を左手で支え、革靴に息を吐きかけながら、右手のハンカチで磨いていった。
「で、担任と副担任が入れ替わる件はどうした?」
 切れ長の目を持つ女子高生は威厳たっぷりに聞く。
「あ、ああっ、は、はい……さきほど石坂先生にも、相談しまして、させていただきまして、問題ないとのお返事をいただきました……」
 弘信は、この件についてなんらかのアクションを起こしておいてよかったと、とりあえず安堵する。
「だったら、すぐそうしなよ。明日からでも」
「あ、はい……ただ、これは人事に関わることですので、学年主任や校長先生の同意を得る必要が……」
「肩書きなんてあとからでいいでしょ」長い黒髪の陽子が口を挟んだ。「うちのクラスの中で、現実的にあなたが副担任に降格したということで」
「あ、は、はい……」
 クラスでトップクラスの成績を誇る才媛の口から放たれた『降格』という言葉が弘信の胸に重くのしかかる。
 沙樹が椅子から立ち上がり、静香と交代する。
「し、失礼します……」
 弘信は、沙樹よりはいくぶんサイズが小さいと思われる静香のローファーを手に取り、まずは全体の埃を落としていく。
「ホームルームの時間はさ、稲田」
 沙樹が腰に両手を当てて言う。
「は、はい……」
「手は止めないっ。動かしながら聞きな」
 沙樹の大声が部屋に響く。
 結菜のシューズが伸びて来て、弘信の側頭部を軽く蹴る。
「きひっ、す、すみませんっ……」
 慌てて、静香のローファーに息を吐き着け、熱心に磨く様をアピールする。
「ホームルームの時間は……お前はみんなの靴磨きやろうか。暇でしょ。もう担任じゃなくて、副担任なんだからさ」

☆ 三

「では、朝のホームルームを始めます」
 弘信の代わりに担任としてホームルームを進行する真由美の声が聞こえる。
「し、失礼します……」
 弘信は机の脇から出た大きなローファーにハンカチを当てる。長い脚の持ち主はバレーボール部の結菜である。
「しっかり磨きなさいよ」
「は、はい……承知しました……」
 弘信は、長身のハンサム少女をもう一度見上げて、愛想笑いをつくる。やや茶色がかったショートヘアが窓から差し込む朝日に輝いている。周囲の女生徒たちからの蔑視や嘲笑を背中に感じながら、弘信は最後列に座る結菜のローファーを懸命に磨いている。
「石坂先生、ちょっといいですか?」
 真由美の話の途中で、沙樹が手を挙げる。
「はい、どうぞ」
「みんな、稲田先生の靴磨きが気になってしょうがないみたいだから、前でやってもらってはどうでしょう?」
「……ああ……そうね、そうしましょうか」
 たわいのない、教師と生徒のやりとりのように聞こえるが、生徒から教師への実質的な命令である。このクラスにおいて、もはや沙樹の意見は絶対的なものになりつつあった。
 沙樹の指示で弘信は自ら教壇に、窓と教卓の間に、折りたたみ椅子を運び、広げる。そこへノートと筆記具を手にした結菜が座り、濃紺ハイソックスの長い脚を組んだ。
「し、失礼します……」
 弘信は女生徒たちの視線を一斉に浴びながら、再び結菜の大きなローファーを磨いていく。
「手で、しっかり支えてくださいよ」
 強い口調で結菜が上から叱咤する。
「す、すみませんっ……」
 弘信は、蹴りのひとつでも飛んでくるのではないかと、一瞬、体を縮こめる。
「何、ビビってんのよ、あんまりトロいと、ホントに蹴るわよ」
 結菜はそう言って、つま先を少し上下に揺らす。
「ひっ……や、やります……やりますので……」
「やりますので、何よ」
「……お、お許しください……どうか……」
「じゃあ、やってよ、早く」
「は、はいっ……失礼いたしますっ……」
 教室のあちこちから嘲笑が起こる中、弘信は片手で支えた結菜のつま先にハーッと息を吐きかけ、ハンカチを使って丹念に磨きを掛けていく。
「では、実力考査の日程ですが……」
 真由美がホームルームを進めていく。弘信の屈辱極まりない靴磨きが借景やBGMのように、このクラスにおいてごく自然な存在として扱われている。教師に黒革のローファーを磨かせている結菜は太股に置いたノートに几帳面な字で、真由美からの情報をメモしていった。
 メモを取りながら、結菜がおもむろに口を開く。
「稲田」
「は、はいっ」
 いきなりの呼び捨てに、弘信は声を裏返して、長身美少女を見上げる。
「次から、バインダーを用意しときな。メモ取りにくいから」
「あ、はい……承知しました……」
「アンタ、それくらい自分で気づかないと」
 近くの席の沙樹が言った。再びホームルームが中断し、弘信に女生徒たちの視線が集まる。
「ウチらに言わせた時点で、アウトだよ」
 結菜が続ける。
「す、すみません……気がつきませんで、申し訳ありません……」
「ホントに分かってんのかなあ。とりあえず、謝ってるだけじゃね?」
 肩幅の広い女子アスリートは、勘ぐって言う。
「い、いえ、そんなことはありませんっ、時本さん、反省しています、本当です……」
 弘信は焦り声を出し、少し後ろへ下がって、頭を深々と下げた。
「なあんか怪しいんだよなあ」
 上から結菜の声が降って来て、後頭部に固い靴底がのしかかる。
「ああああ……すみません……」
―――あーあ、踏まれちゃってるよ……
―――ふふっ、女の子に土足でね……
―――最高、いや、最低か……
―――土下座教師、頭を踏まれる……
 教室のざわめきが、火照る弘信の体をさらに熱くした。
「稲田」沙樹の声が聞こえる。「今日はペナルティだよ。このホームルーム、終わるまでそのままな」
「あ、は、はい……承知いたしました……」
 後頭部にのしかかる圧力が卑屈な言葉を嘲笑うようにして高まっていく。

 桜女学園では、朝の授業前と午後の授業後に、それぞれ十分間のホームルームが行われることになっている。弘信は、午後のホームルームが始まる少し前に結菜の元へ向かった。机に腰掛けて、クラスメイトと雑談をしている彼女の足元に跪く。
「今朝は申し訳ありませんでした……要領を得ませんで……そ、それで、時本さん、よかったら、もう一度、靴磨きの方を勉強させていただけませんでしょうか」
「何、それ、アタシに取り入ろうってつもり?」
 結菜は白い歯をこぼして言う。
「あ……えへ、すみませんです……」
 図星を突かれ、弘信は頭をかきながら愛想笑いを浮かべる。
「で? 上靴を磨くの? お前、アタシの上靴を磨くのか?」
 背が高い分だけ脚も長い女生徒は、弘信の鼻の先で上履きのつま先を動かしながら凄む。
「あ……いえ……」
「磨きたいんだったら、てめえでローファー取って来いよっ」
 結菜の恫喝が教室に響き、上靴のつま先が弘信の額を小突いた。
「ひいいっ……す、すみませんっ……」

 シューズロッカーまで駆け込んで来て、弘信は困惑する。
―――しまった……時本くんは何番だったっけ……
 結菜の出席番号が定かでない。二十番台だったとは思うが、万が一間違えでもしたら……。想像するだに恐ろしかった。
「どうしました?」
 振り返ると、陽子が立っていた。クラスでいちばんの才媛は今日も長い黒髪に赤い眼鏡がよく似合っている。
「あ、いえ、木橋さん……あの、時本さんの靴って分かりますでしょうか……」
「覚えてないんですか? 出席番号……信じらんない……」
 眼鏡の奥から、強い視線を放ちながら言った。
「あ、ちょっと、思い出せなくて……すみません……」
「そこですよ」
「あ、ああ……」
 陽子が指さした靴箱にはひときわ大きなローファーが置かれていた。
―――そうだよ。大きさで見ればよかったんだ。まったく、どうかしてる……
 弘信は、注意力が散漫になっている自分を心の中で嘆いた。
 手に取るとずっしりと重たく、中敷きには二十六・五センチと表記されている。弘信よりもずっと大きなサイズだ。
「お、大きいですね……」
 思わずつぶやいてしまう。
「いいの、そんなこと言って。結菜、案外気にしてるかもしれないよ」
「ああ……ど、どうか、ご内密に……」
 陽子に懇願する。
「っていうか、次は私じゃないんですか? 靴磨いてもらうの」
―――そうだった……
 陽子も自分のローファーを取りに来たのだ。
「あ、ああ、はい、すみません……ちょっと朝のやり直しがありまして」
「えーっ」
 思いがけぬほど、陽子が気分を害したようだったので、弘信は慌てる。
「あ、で、でも、少ししたらすぐに木橋さんの方に行きます、伺いますので、ちょ、ちょっとだけ待ってください……お待ちください……」
「ふふっ、分かった。なるべく早く来て下さいね」
 陽子はせせら笑うように言うと、目の前の冴えない教師にきっちり手入れさせる心づもりのローファーを手にして、スタスタと教室へ向かった。

 ホームルームが始まり、真由美はいくつかの連絡事項を伝える。「……っと、今日のところは私からはこれくらいです。あと皆さんの方から何かあったら……」しばし全員を見渡す。「特になければ、時間まで自習にします」そう言い残すと、貯まっている残務を処理するために足早に教室を出て行った。弘信が担任時にも行っていた、よくある流れである。
 しかしその弘信は今、教壇の端に正座し結菜のローファーを懸命に磨いている。陽子を待たせているため、手早く片方の足をすませた。
「すみません……向こうのおみ足をよろしいでしょうか……」
「ずいぶん早いわね。もっとちゃんとやってよ」
「あ、あの……それが……すみません、時本さん……木橋さんをお待たせしていまして……」
「何なの、それ」
 舌打ちが聞こえて、結菜のローファーが弘信の側頭部を蹴る。
「はうううっ……も、申し訳ありませんっ……」
 軽く蹴ったつもりだろうが、頭の芯が揺らぐような衝撃だった。クラクラしている弘信の耳に苛立たしげなローファーの足音が聞こえてくる。
「結菜、いいよ私、次で。明日の朝でも」
 陽子の声がそう言っている。弘信は、じっと床を見つめたままだ。椅子をずらす音があちこちから聞こえ、たくさんの足音が集まってくる。
「この馬鹿、まさかのダブルブッキング?」
 沙樹の声がする。
「い、いえ、すみません、先に時本さんをやって、それから木橋さんをと……そのつもりで……」
 弘信はかすかに揺れる黒革のつま先を見つめながら言う。
十分じゅっぷんしか時間ないのにさ、無理でしょ」
「そんないい加減な仕事しようと思ってたわけ?」
 結菜と陽子が畳み掛けるように言う。
「そんな下ばっかり見てないでさ」結菜のつま先が弘信の顎を上向かせる。「どういうつもりなのか、説明しなよ」

「も、申し訳ありません……何と言っていいのか……」
 弘信は、目の前に仁王立ちする結菜と陽子を交互に見上げて言った。
「みんなにいい顔しようとするから、そういうことになるんだよ」
 背中越しに、沙樹の声が聞こえる。
「あああ……」
「違うの?」
 結菜のローファーが頬を蹴る。
「がううっ……そうです、仰る通りです……」
 軽く蹴ったつもりだろうが、上履きの時とは破壊力がまるで違う。早くも口の中で血の味がする。
「で? どうすんだよ」
「きょ、今日は、時本さんのローファーをお磨きします……」
 弘信は、結菜にそう言って、陽子の方へ膝を向けた。
「木橋さん、も、申し訳ありませんが、明日にさせていただけませんでしょうか……」
「わざわざローファー持ってきたんだよ……」
「申し訳ございません……」

 

名門私立S女学園2「学年制覇」

Kindle小説サンプル

S女小説 名門私立S女学園1「学級支配」

S女小説 名門私立S女学園1「学級支配」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

名門女子高で過ちを冒した男性教諭が、受け持ちクラスの女生徒たちに脅され虐げられる物語

既婚者である男性教諭は、新任の女性教諭と不倫関係に陥ってしまう。二人は同じ一年一組を受け持つ担任と副担任であった。恋に燃えさかる男女は、あろうことか神聖な職場を愛の巣と化してしまう。さらに、そこにはひとりの目撃者がいた。一年一組のクラス委員長を務める女生徒が禁断の場面を記録に収めてしまっていたのだ。美少女の内面に沸々と湧き上がる嫌悪はやがて濃い嗜虐の色を帯びていく。かくして、男の悲劇は始まったのだった。

第一章 教師たちの甘い秘密

第二章 愛する人に頬打たれ

第三章 体育倉庫での生本番

第四章 教え子の騎上位責め

第五章 美人教師の尿を飲む

第六章 女生徒に捧げる尻穴

本文サンプル

第一章 教師たちの甘い秘密

☆ 一

「気をつけっ、礼」
 クラス委員長である早川沙樹の溌剌とした声が教室に響く。
 稲田弘信が六時限目の授業を終えて、一年一組の教室を出ようとすると、「先生」と同じ声に呼び止められる。
「どうした? 早川君」
「ちょっと、ご相談したいことがあって……」
 ボブヘアがよく似合う美少女は、まっすぐに目を見て言う。
「そう……分かった」
 弘信は相談室で待ち合わせる約束をして職員室へといったん戻った。
 稲田弘信が勤務するのは、さくら女学園高等学校。歴史のある私立の女子高だ。生徒の自主性を重んじる自由な校風が特徴であるが、毎年国公立大学や有名私立大学に多数の卒業生を送り込んでいる名門進学校でもある。弘信の担当教科は数学で、彼はこの春から、沙樹が属する《一の一》の担任でもあった。

 約束の時間に相談室へ行くとすでに早川沙樹が机の向こう側に着席していた。
「あ、先生、すみません。お忙しいところを」
 白い制服ブラウスとチェックスカートの美少女はいったん立ち上がって軽く頭を下げる。六月からの衣替えで半袖になったばかりだ。白くて長い腕も印象的である。
「もう慣れたかい? 入学して二ヶ月経つけど」
 弘信は、気が張っている様子の沙樹をリラックスさせるように優しい口調で声がけしながら向かい側に座る。
「はい、だいぶ……」
「それで? 今日は?」
「あ、いえ……大したことじゃないんですけど、あの、今日の授業で、少し分からないところがあって……」
 そう言って沙樹は脇に用意しておいた数学の教科書を広げる。
 弘信はかすかに膨らんだ胸元を見て思わず生唾を飲みそうになる。
「授業のことだったら、教室で聞いてくれていいのに」
「あ、そうですね……でも、クラス委員のことでもちょっと、ご相談があって……」
 沙樹は慌てて付け足すように言った。
「そう、分かった」
「で、ここなんですけど……この赤線引いてるとこの数式がいまいちピンとこなくて……」教科書を差し出し、弘信が読みやすいよう回転させる。「あ、私、そっちへ行ってもいいですか」
「あ、うん……」
 一見控えめに見えて、いざというときには物怖じせず大胆な行動を取れる性格のようだ。クラス委員長にただ一人立候補したときも、弘信は少し驚いた。
 沙樹は弘信の隣の椅子を引いて座る。
「これは、指数法則だよね……」
「あ、はい……」
 弘信が説明を始めると、沙樹は椅子をずらして身を寄せてきた。シャンプーの優しい香りが、三十八歳の男教師の鼻腔をくすぐり、モヤモヤとした気持ちにさせる。
 ―――間違いない……
 早川沙樹は自分に気があるのだと、弘信は思った。これまでの長い教師経験からそう言える。必要以上に質問をよくしてくるし、この相談室で二人きりにさせられるのも一度や二度のことではない。
―――やれやれ……また、この誘惑に耐えなければならないのか…… 
 しかも相手は新世代のミス桜女子と言っていい、とびきりの美少女である。変な気を起こしそうになる前に突き放しておくか。ただ、聞かれた質問には専門教諭として応えねばならないし、クラス委員として悩みがあるなら担任として相談に乗るのは当然だ。弘信は、数学の不明点に対して、メモ用紙に書き込みながら、懇切丁寧に説明する。説明するほどに、沙樹の質問も増えてしまい、それだけで半時間ほどが経ってしまった。
「あ、早川君悪い……」弘信は腕時計をチラリと見やって言う。「このあと、先生方と会議なんだ。クラスの悩みはまたにしてくれるかな……」
「あ、分かりました……ありがとうございました……」
 沙樹は残念そうな顔を見せると、メモを挟んだ教科書を小脇に抱えて席を立ち、一礼すると出ていった。
「ごめんね、早川君」
 弘信は清楚なブラウスの背中に声を掛けて、職員室へと急ぎ戻った。

☆ 二

 職員会議を終えて弘信は自席へ戻り、授業やテストの準備他、上に提出するレポートなど黙々と残業を行う。周囲の教師が一人去り二人去りして、ついに弘信一人きりになったところで、携帯電話からメッセージを送る。
 しばらくして、一人の女性教諭がやってきた。
「お疲れ様です」
 副担任の石坂真由美は、この春新任したばかりの養護教諭、いわゆる《保健の先生》である。栗色のセミロングヘアを輝かせる二十三歳は、目鼻立ちの整った正統派美人である。色白でどこかハーフっぽい雰囲気も持っている。
「お疲れです、あっちでやろうか」
 弘信は後輩の美人教諭を、今日も入り口近くの応接ソファへ誘う。簡易の応接や教職員のちょっとした休憩に使われているスペースだ。
「どうでした? 今日のクラスは」と弘信が問う。
「特に変わりはなかったようです。保健室に来た生徒もいません」
「そっか……じゃあ、明日のホームルームですけど……」
 二人はそれぞれ担任、副担任として話し合いを進めていく。一段落ついたところで、真由美が冷蔵庫へ飲み物を取りに行った。ペットボトルのお茶をコップに注ぎ、両手に持って戻ってくる。テーブルに置いてソファに座り直した彼女の肩を、弘信がそっと抱き寄せる。
「あっ……、稲田先生、だめ……です……」
 そう言う唇を、こちらに向かせて優しく唇で塞いだ。

 弘信が真由美と男女の関係になったのは、二週間前のことである。その日はいまのクラスを受け持って初めての授業参観だった。高校教師になって、この学校へ勤務するようになって、かなりの年月が経つ弘信であるが、この授業参観ばかりはどうにも慣れずずっと不得手だった。今回も準備から当日の授業と神経をすり減らし、希望者への三者面談も経てすべてが終わった夕刻には、ヘトヘトに疲れ切っていた。
「よかったら、打ち上げがてら一緒に食事でもしませんか?」
 弘信の方から誘ってみた。これほどの美女だし、付き合っている彼氏のひとりくらいはいるだろう。もし断られたら素直に引き下がろうと思っていたが、彼の提案はあっさりと受け入れられた。
「ええ、いいですよ、どこ行きます?」
 真由美は、誘われるのを待っていたようにすら思える歓迎の笑顔を見せて言った。
 行きつけの中でもとっておきの店を選んだ弘信だったが、あまり人目に付くのもよくないと思い、個室をあらかじめ予約して別々に向かった。

「なんか私たち怪しい関係みたい」
 グラスを合わせると、真由美は笑った。一気に疲れが癒やされる思いがした。
「そう?」弘信も照れて笑う。「だけど、一緒に肩を並べて校門を出てさ、そのまま飲みに行くのもね」
「それは確かに……でも、ホント授業参観って緊張しますね」
「疲れた?」
「いえ、先生ほどには。私は横で見てただけですから」
「いや、石坂先生のナイスフォローのおかげで、今回は随分と楽だったよ」
「それなら嬉しいですけど……でも、お疲れになったんでしょ」
「まあね……それはそれなりに……」
 ばつの悪そうに言う弘信を見て、真由美は吹き出すように笑った。
「やっぱり……すみません、次はもっとお役に立てるよう頑張ります」
「いや……実は昔、モンスターペアレントというか……女性なんだけど、凄いひとがいて、それがトラウマになっているというか……」
「あ、そうなんですね……」
 弘信の顔から笑みが消えたのを見て、真由美も申し訳なさそうにして真顔になる。
「いや、ごめん」弘信は慌てる。「今日はよそう、そんな話。石坂先生にゆっくり癒やしてもらいたいから」
「ええ、私でよければ……」
 そう言う真由美のグラスはほぼ空になっている。
「強いんだね、お酒」
「なんか喉渇いちゃって……お酒もきらいでは、ないですね」
 真由美は悪戯っぽく笑った。最高の笑顔だと弘信は思った。ビアグラスを煽って空にし、二人分のお代わりを注文する。

 いい気分に酔って、弘信はこのまま家に帰るのがもったいない気がしてくる。
「カラオケにでも行ってみる? 歌うの好き?」
 酔いに任せて誘ってみた。
「好きですよ。たいして上手くもないですけど」
「いいよ、僕も下手だから。じゃあ、ちょっと行ってみよっか」
「はい」
 真由美がトイレに立った間に、妻に(遅くなりそう)とメールを打ち、会計をすませた。

 カラオケボックスでは、先に座った真由美の隣に弘信も座る。最初は、遠慮気味に距離を取っていたが、飲み放題のアルコールが進み、曲を歌うごとにお互いが接近し、ほとんど肩と腰がくっつくほどになる。
「ぜんぜん上手いじゃない」
 弘信は、感じたままを言ってみた。
「いえ、先生こそ」
 さすがの真由美も頬を赤らめている。さっきの店からトータルで十杯近く飲んでいるのではないだろうか。だいぶ酔っているようだ。
「ほら、曲入ったよ」
 弘信のリクエストで、真由美が歌謡曲の懐メロを歌う。たまらなく愛おしくなり、抱きしめそうになるが、すんでのところで思いとどまる。ところが、歌い終わった真由美は靴を脱ぎ、「酔っちゃった」と弘信の太股を枕にソファに横になってしまった。
―――え……
 弘信は歌いながらドギマギする。曲の間奏になって、下を見ると、仰向けの真由美が目をつぶっている。
―――寝ているのだろうか……
 気がついたら、薄オレンジの唇に自身の唇を当てていた。

 カラオケ店を出た二人は、手をつないでホテル街へと向かったのだった。

☆ 三

「おはようございます……」
「あ、お、おはよう……」
 翌日、多少気まずい空気はあったものの、弘信は努めてこれまで通りの担任と副担任の関係で真由美に接した。
―――あれは一夜限りのことだ……彼女にしても、こちらが妻帯者と知ってるのだから……
 しかしそんなふうに真面目ぶった考えをしようとすればするほど、日に日に真由美への思いが募っていくのだった。

 一週間後、弘信が夕食に誘うと真由美は素直に応じた。そして二人はごく自然にホテルへと足を運んだ。
「どう考えてるんですか? 奥さんいるのに」
 事を終えたあとのベッドで真由美が尋ねる。
「……あ、いや……」
 そう言われると何も言えなくなる。
 弘信が困り切った顔をするのを見て、真由美は悪戯っぽく笑う。
「いいですよ、このままで。私は……こんな感じで……ぜんぜん……」
「あ、ああ……」
 真由美の笑顔に逆にとまどった弘信だったが、彼女がせっかくそう言ってくれるのだったら、久々の恋愛を自分も満喫しようと思った。

 そしてそれから数日後の今、二人きりの職員室。入り口近くのソファで、担任は副担任に唇を重ねた。
「い、稲田先生……」真由美は慌てる。「いくらなんでも、ここでは……学校ですよ……」
「うん……だから……かえって……」
 弘信は胸を高鳴らせ、もう一度真由美を抱き寄せ、接吻する。
「あああ……」
 今度は真由美も脱力して素直に応じた。

 その頃、早川沙樹は、ひとり居残りの部活を終えて校門を出ようとしていた。美術部の部室で水彩画に没頭していたのだ。ふと、担任の稲田弘信の顔が頭に浮かぶ。
―――クラス委員のこと相談に行ってみようかな。でも、こんな時間だし、さすがにもう先生もいないか……
 とりあえず職員室の方へ回ってみることにする。
 校舎に入り廊下を進むと、扉の窓から明かりが漏れている。
―――あ、誰かいる……
 そっと窓から職員室の中を覗いてみた。
「あっ……」
 沙樹は目を疑った。いったん扉から体を外して深呼吸をし、もう一度窓を覗く。
―――信じらんない……
 無意識のうちにポケットからスマートフォンを取り出し、カメラのレンズを窓の向こうの被写体に向ける。音が漏れないようスピーカー部分を親指でしっかり押さえながら、無我夢中でシャッターを切った。

 舌を入れあい、唾液を交換するディープキスまで進むと弘信は、真由美の大きな胸をブラウスの上から揉み始めた。
「あああ……だめ、それは、ここじゃ……」
「ねえ」どうにも収まらなくなった弘信は、いまにも真由美の服を引き剥がさんばかりだ。「保健室、行こうか」

 担任と副担任がソファから立ち上がるのを見て、沙樹は慌てて職員室を離れ、階段のスペースに身を隠して様子を伺う。しばらくして、職員室の明かりが消え、二人の男女が出てくる。職員室の向こうに隣接する保健室へと入っていった。沙樹はそっとあとを追う。
 保健室の扉にも窓はあるが、すりガラスになっていて、中の様子を伺うことはできない。沙樹は唇を噛みしめ、大人たちの密室をあとにした。

☆ 四

 翌日、弘信は担任を務める一年一組での授業を終えた後、教卓前を横切って出て行こうとする沙樹に声を掛ける。
「ああ、早川君」
 沙樹は無視して出て行こうとする。
「ねえ、早川君っ」
 沙樹は、振り返って弘信を睨みつける。
―――おお……機嫌が悪い日かな……
 女子高勤務が長い弘信は、気まぐれな女生徒たちの態度に慣れてはいる。
「こないだの続きやろうか? あの相談」
 弘信は周囲に気を遣いながら、クラス委員の悩み相談について促す。
「ああ、もういいです。解決しましたから」
 沙樹はつれなく言うと、足早に教室を出て行った。

 数日後の放課後、早川沙樹は保健室の扉をノックした。
「はい」
 中から石坂真由美が返事をする。
「早川です」
「どうぞ」
 沙樹が中へ入ると、執務机に向かっていた真由美がこちらを向いた。
「どうした?」
「ちょっと、お腹が痛くて。少しの間、横にならせてもらっていいですか?」
「ええ、もちろん。大丈夫? どうしたのかな。お腹のどのあたり?」
「下の方なので、たぶん生理痛だと……」
「お薬あげようか?」
「大丈夫です。ちょっと休んだら落ち着くと思いますので」
 気丈に言う沙樹を真由美は二床あるうちの奥のベッドへ寝かせ、執務机に戻って書類の整理を再開する。養護教諭は一般教諭に比べて暇だと思われているのか、教頭や上司の教諭から雑用的な仕事を押しつけられることが多かった。新任で覚えることもたくさんあるのでここのところ残業続きである。しかし、そんなストレスを和らげてくれているのが、弘信の存在であった。
 その彼から今日もショートメールが送られてきた。
 真由美はベッドのカーテンをそっと開けて見る。沙樹がうっすらと目を開けて天井を見ている。
「どう? 具合は?」
「ええ、だいぶ……」
「じゃあ、もう少し休んでなさい。先生、ちょっと職員室に用事があるから」
「分かりました……私ももう少ししたら、帰りますので……だいぶ落ち着いたみたい……ありがとうございます……」
「そう……そこ、そのままにしといていいからね……お大事に……」

 真由美は保健室に教え子を残して、職員室へと急ぐ。弘信はすでにソファで待っていた。真由美は誰もいないのをあらためて確認するように職員室全体を見回すと、弘信の元へ駆け寄り自分の方から抱きしめて口づけをする。
「ああ、早くこうしたかった……」
「僕もだよ」
 ホームルームの打ち合わせもよそに、二人は時間を惜しむようにして愛を確かめ合う。
「行こうか」
「あ、待って」
 弘信が立ち上がろうとすると真由美が制した。保健室にはベッドで休んでいる生徒がいることを告げる。
「そうなんだ……」
 弘信はややがっかりした様子を見せる。
「待ってて、ちょっと見てくる」
 真由美は、着衣の乱れを直して立ち上がると、職員室を出て行った。

 真由美は保健室へ入って、「早川さん」と声を掛けてみる。返事がないので、奥のベッドのカーテンをめくるとブランケットはきちんと畳まれ、ベッドは元のままにきれいに整頓されていた。そして、一枚の紙片が置いてあった。
「石坂先生 ありがとうございました。おかげですっかり落ち着きました。お先に失礼します。 早川沙樹」
 真由美は、丁寧な字でそう書かれていた紙をポケットにしまうと、職員室で待つ弘信を呼びに戻った。

☆ 五

―――翌週。
「時間も過ぎたし、今日はこの辺で終わります……」
 六時間目、最後の時限と言うこともあり、つい熱が入って、弘信は授業時間をオーバーしてしまう。真由美との関係が充実してから、仕事にも俄然意欲が増してきている。
 クラス委員長の早川沙樹の「起立!」という声が心地よく響く。
―――今日のご機嫌は大丈夫かな……
 そう思いつつ窓際の一番前の席に目をやる。
「礼!」
 沙樹の表情に柔らかさを見て、弘信はホッとする。
「ありがとうございましたっ」
 皆が帰り支度や部活への移動を始める中から、その沙樹が教卓へ近づいてくる。
「稲田先生、今日、相談室、いいですか?」
「あ、ああ……大丈夫だよ……」
 沙樹の顔にはかすかな笑みが浮かんでいる。それを見て和やかな気持ちになるも、女性の扱いは、特に思春期の女子は難しいと弘信は思う。

 ノックの音があって、「失礼します」と声が続き、相談室のドアが開く。
 約束の時間から十分ほど遅れて、早川沙樹が現れた。
「すみません、遅くなっちゃって……」
 その言葉とは裏腹に、まったく悪びれたふうがないのが弘信の心に引っかかった。
「なんだい、相談って、クラス委員のこと? あまり時間がないから……」
 弘信は、生徒に待たされたことに少々苛立ちを見せながら言う。悪いのは彼女だが、あからさまに怒ったりしては、またややこしいことになる。
「いや、もうクラス委員のことはいいんです……アハッ」
 十六歳の美少女は、たまたまダジャレになってしまったことに、照れ笑いして愛らしい唇に手を当てる。
―――すっかりご機嫌は戻ったようだな……深刻な相談でもないようだ……
 そう思うと収まりかけていた怒りが込み上げてきた。言うべきことは言い聞かせなければならない。
「なんだよ。相談があるなら早く言って欲しいな。たいしたことじゃないんだったら、時間取らせないでくれないか。先生はそんなに暇じゃないんだ。そもそもどうして遅れてきたんだよ。十分も待ってたんだぞ」
 弘信は一気にまくし立てた。
「そんなに怖い顔しないでくださいよ、先生……たいしたことあると思いますよ……」
 その態度と言い草がもはや普通ではなかった。
「いい加減にしろよ、キミ……」
 弘信は声を震わせる。
「待ってください」
 沙樹はそれでも落ち着いた様子で、ポケットからスマートフォンを取り出した。
―――いったいなにをしてるんだ……
 弘信は手首のボタンを外して袖をまくり始める。これ以上の無礼があるならば、教師を侮辱するのであれば、もはや手を上げざるを得ない。女子高での体罰は覚悟がいるが、そうなったらそうなったときだ。
「えっと……あ、これだ、これ、見てもらいたいんですよ」
 沙樹はそう言ってスマートフォンの画面を弘信の方へ向ける。
―――え……
 弘信は言葉を発しようとして、それを飲み込んだ。一瞬、何のことか分からなかった。男と女がキスをしている。見覚えのある場所で……職員室のソファだ。男は自分で、女は副担任の石坂真由美である。
「ふふっ」
 沙樹は何も言わず、意味ありげに微笑むだけだ。
「は、早川君、そ、それ……」弘信はパニックに陥るが、なんとか取り繕えないかと必死で頭を回転させる。「ああ、それは、たまたま、ちょっとふざけてて……」
「ふざけてて?」沙樹はにやつきながら首をかしげる。「職員室ですよ、これ」
「ああ、打ち合わせの流れでね……雰囲気で……そういうことだってあるさ……」
 なんとか強気に言ってのける。
「ああ、そうですか……じゃあ、これも打ち合わせの流れのフンイキ?
 保健室のベッドで、半裸になって絡み合う、弘信と真由美の姿があった。
「こ、これは……どうして……」
―――ああああ……これは、駄目だ……
 万事休すだと思った。
「先生、大変だったんだから、これ撮るの……音が鳴らないカメラのアプリをインストールしたし……ずっとベッドの下に隠れてて、体痛いし……」
「は、早川君……」
 弘信は思わずスマートフォンに手を伸ばそうとする。すかさず沙樹が手元に引っ込め、そのままスカートのポケットにしまう。
「相談っていうのはぁ……こういうの見てしまったんだけど、どうしたらいいでしょうかってことなんですよぉ」
 成績優秀なはずの沙樹が、あえてそうでない女子のような口調を真似て言う。
「早川君……ど、どうか……」
「何?」
「け、消してもらえないだろうか……」
「どうして? ……」
「そんなのが表沙汰になったら……」
「ふふっ、自業自得でしょ。アタシ、ホントにショックだったんだから。稲田先生も、石坂先生も尊敬してたのに……」
「頼む。この通りだから……」弘信は机に両手を突き、頭を下げた。「消してくれないか……」
「なあんか、言葉が上からだな」沙樹は冗談っぽく言う。「お願い、じゃないんですか」
「お、お願いです……消して、もらえませんか……」
 弘信が顔を上げると、ボブヘアの似合う美少女は面白くてたまらないという表情でこちらを見ている。
「先生、奥さんいらっしゃいますよね?」
―――ああああ……
「奥さんはもちろんですけど……担任と副担任が不倫なんて、私たちに対してもすっごい裏切りですよ」
「す、すみません……」
「もうちょっと、ちゃんと謝ってください」
「も、申し訳ありません……」
 弘信は机に頭をつけるようにして詫びる。
「そこに、土下座して謝って。先生」
 沙樹は興奮したまま、顎で床を指して言った。
「は、早川君……」
 弘信は、沙樹の表情をよく確かめるように覗く。
「冗談で言ってるんじゃないですよ、アタシ」
 弘信は観念して席を立った。内鍵を閉めると、女生徒の方へ回って、脇にスリッパを脱いだ。

☆ 六

(保健室で待ってる)
 その日、ほとんどの職員が仕事を終えて職員室からいなくなるころ、弘信の携帯にメールが入った。真由美からだ。背徳的な刺激にすっかり取り憑かれてしまったのか、校内での交接は、いまでは弘信よりも、むしろ彼女の方が積極的になっていた。
 弘信が保健室へ入ると、白衣を着た真由美がいかにも官能的な眼差しをしてこちらを見ている。紅い唇は、濃いめのルージュを塗り直したようだ。
「待ってたわ……」
 真由美は両手を広げて、弘信の抱擁を迎えようとする。
「そ、それどころじゃないんだ……」

 翌々日の放課後、真由美の待機する保健室に、ノックの音があった。
「はい、どうぞ」
「失礼します……」
 入ってきたのは早川沙樹だった。真由美は驚いたが、表情には出さないように努めた。
「ど、どうした? またお腹?」
「いえ、ちょっと気分が悪くて……少し横にならせてもらっていいですか?」
「え、ええ……どうぞ……」
 真由美は手前のベッドに沙樹を寝かせる。
 ドギマギする気持ちを抑えながらも、執務机に向かって今日中にやっておかねばならない仕事を進めた。

 半時間ほどして、書類作成にめどがついたところで、沙樹の様子を伺ってみる。ベッドのカーテンをそっと開けて覗く。
「どう?」
「ああ、ええ、だいぶよくなりました……」
 沙樹はそう言って体を起こし、ベッドに腰掛けた。
「どうした? なんかあった?」
 真由美は覚悟を決めた表情をして、丸椅子に座り、沙樹の顔をじっと見つめる。
「ちょっと、ショックなことがあったから……そのせいかも……」
「聞いたわ、一昨日、稲田先生から」
「そうなんですね」
「どうするつもり?」
「どうするつもりって?」
「とぼけないで。アタシたちの写真を撮って、稲田先生を脅したんでしょ」
「脅してなんていませんよ」
 余裕めいた沙樹の態度に、真由美は貯め込んでいた苛立ちと怒りを募らせる。
「うそ、おっしゃいっ」
 気がついたら、沙樹の頬を強く張っていた。
「ううっ……」
 沙樹は驚いて副担任を見る。
 真由美にしてみれば、教え子に手を挙げるなどもちろん初めての経験だった。教え子だけでなく、これまで一度も他人に暴力をふるったことなどなかった。
「ご、ごめんなさい……つい……」
「いえ……でも、びっくりした……」沙樹は打たれた頬を手で撫でながら言う。かすかに手形がつき赤らんでいる。「で、稲田先生はなんて?」
「別れることになったわ。当然だけど……」
 真由美の言葉に、女の未練がにじんでいる。
「ふーっ」沙樹は天井を見上げて大きく息を吐き、ベッドに後ろ手を着いて、頭の中を整理する。「……稲田先生を呼んでもらえますか……」

「鍵掛けといた方が、よくないですか?」
 沙樹は保健室に入ってきた弘信に言う。弘信は一瞬、真由美の方を気にして、しかしすぐに女生徒の指示に従った。
「は、早川君……」
 弘信が何か言おうとするのを制して、沙樹は「ええっと……」とひときわ大きな声を出す。まるでこの部屋の主導権は自分にあるとでも言いたげに。
 所在なさげにしていた弘信が向かいのベッドに腰掛けようとするのを見て、「ちょっと自分勝手過ぎやしないですか?」と部屋の外にも聞こえそうなくらいの大声を出し、二人を脅かす。
「稲田先生は、床に正座してください」
「早川さんっ」
 真由美がたまらず声を挙げる。
「聞けませんか? アタシの言うこと」
 沙樹の口調がいっそう強まる。
「わ、分かった、分かったから……」
 弘信はスリッパを脱いで脇にやり、冷たくて固い保健室の床に正座した。真由美に、この場は沙樹を刺激しない方がいいという視線を送りながら。
「稲田先生」沙樹は弘信を見下ろして言う。「石坂先生と別れるんですって?」
 

S女小説 名門私立S女学園1「学級支配」

Kindle小説サンプル

S女小説 鬼姫劇場(下)「まばゆく逞しく淫虐な女たち」

S女小説 鬼姫劇場(下)「まばゆく逞しく淫虐な女たち」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

笑いの都の舞台裏は、底なしの淫欲を持つS女たちによる男虐逆陵辱の陰惨(下巻)

ストリップ劇場付き漫談家の唐谷マキオと受付嬢の吉川菜々子は、マネージャーである高杉千夜ら鬼女たちから強要された舞台上での男女逆転ペニバン交接をきっかけに、はるか西へと逃避行を図った。駆け落ち先を準備してくれたのは、マキオの旧知の先輩芸人である茂雄だったが、彼はなんと、関西の大御所タレントである下川恵美の夫の席に収まっていた。それを縁に恵美や取り巻き女性たちの影響力の元、マキオと菜々子は、新たなる土地で、一見幸先の良い再出発を果たしたのだが……。

第五幕 逃れた西で待っていた罠と試練

第六幕 理想の夫婦は女性天下の奴隷婚

第七幕 人気バラドルになじられ踏まれ

第八幕 女性向け本番ディルドサービス

第九幕 恋人の華々しきテレビデビュー

第十幕 女王新婦と奴隷新郎の熱き契り

本文サンプル

第五幕 逃れた西で待っていた罠と試練

☆ 一

「すみません、毛布を一枚貸していただけませんか」
 唐谷マキオが頼むと、新幹線の女性パーサーは、グリーン車でないと貸せないのだと申し訳なさそうに応えた。
「ああ、いえ、すみません……」
 かえってマキオの方が恐縮し、女性パーサーに詫びてから、フックにかけた上着に手を伸ばして取って、自分にしなだれかかって寝息を立てている恋人の吉川菜々子に掛けてやった。
 一週間前、所属するストリップ劇場の舞台で、大勢の女性たちが見ている前で、男女逆転の公開セックスを強制させられた二人は、その翌日、逃避行を決断し、今夜、実行に移したのだった。
 行先は関西だ。あの劇場以外に、芸の道を続ける場所はないと思い込んでいたマキオだったが、一か八か、疎遠になっている大阪在住の先輩に連絡を取り、ざっくりと事情を話したところ、とにかく来いとのことだった。
 暗い窓に貼り付いた雨粒が震えながら水平に流れていく。ガラスに映る自分の顔を見つめながら、明日になって二人が逃げたことが分かれば、きっとマネージャーたちは血眼になって探すのだろうと思った。自分も菜々子も劇場関係の電話番号はすべて着信拒否にしてある。一番仲の良かった手品師の中島にはせめて話しておくべきかと思ったが、知って隠しておいたとなると、酷いことになるに違いない。だから申し訳ないと思ったが、彼にも黙って出てきたのであった。

 マキオが頼ったのは、かつて所属していたことのある東京の事務所の先輩で、茂雄という四十歳の漫才師だ。彼は五年ほど前に、関東での活動に見切りを付け、地元である関西に戻っていた。
「ようマキオっ、久しぶりやな」
 茂雄は、夜遅くにもかかわらず、新幹線のホームまで出迎えてくれた。昔はボサボサ頭だった髪型が、きっちり七三にセットされている。黒縁眼鏡を掛けた、マキオと同じくらいの背丈の小男だ。
「茂さん、ご無沙汰しています。ホントすいません、こんなに遅くに。あ、彼女、菜々ちゃんです」
「菜々子です……すみません、お世話になります」
「えろう、べっぴんさんやなあ……お前、やるやないかあっ」
 茂雄は、マキオの背中を叩いた。

 マキオたちが案内されたのは、茂雄の知り合いの劇団が稽古場として使っているという古びた建物の一室だった。
「ここなら、とりあえずはタダで使えるよって、落ち着くまでいててええよ」
「助かります」
「すみません」
 マキオも菜々子も、拝むようにして感謝の意を示した。
「ええよ、ぜんぜん。水くさいこと言いなや」
 茂雄は部屋の説明など少しだけ話すと、「また明日くるから」と言って帰って行った。
 マキオと菜々子は、とりあえず備え付けのシャワーだけ浴びて、疲れ切った心身をひとつのベッドに寄り添わせ、先の見えぬ不安を払拭するようにひとしきり抱き合ったあと、眠りに就いた。

 翌日、茂雄は姿を現さなかった。マキオが電話をすると、急に仕事がかさんできて行きそびれたと詫びた。茂雄だけが頼りのマキオたちは、どうすることもできず、慣れない大阪の街をぶらついたりしながら悶々と過ごした。
 次に茂雄が来たのは、一週間ほど経ってからだった。そろそろバイトでも探さねばと思っていた矢先だった。
「よっしゃ、マキオ、テレビ局に行くで。番組や」
 さんざん待たせたことをたいして悪びれるふうでもなく言った。
「えっ」
 いきなりのことに面食らうが、すぐに着替えて準備をする。菜々子には留守番をしてもらって、茂雄に着いていく。テレビ局は、隠れ家から徒歩で二十分ほどの距離にあった。
「茂さん、番組って何ですか? 誰の番組?」
「メグチャンネルや。下川恵美めぐみの」
「ええっ」
 下川恵美と言えば、関東ではさほど知名度はないが、関西ではいまや女帝と言われている人物である。漫才出身の大御所タレントだ。
「そないびっくりすることないやろ。俺の同期やし」
「そ、そっか……」
 確かに下川恵美と茂雄が無名時代に同期だったという話は聞いた覚えがあった。
「知らんようやな」
「な、何がですか」
「結婚したんや俺ら、実は去年」
「ええええっ……全然、知りませんでしたよ……そんなの……ほ、ホントですか?」
 失礼ながらあまりにもアンバランスな結婚にマキオは驚く。
「まあ、そうやろな。あんまり、おおっぴらにしてないからな、嫁の考えで」
「そうなんですか……」
「恵美の意向でマスコミが黙るくらい、凄いっちゅうことや。東京のお偉いさんにもいろいろコネがあるみたいやし。週刊誌にもほとんど載ってないはずやで」
「なるほど……ええっ、でも凄いですね、ホント……驚きました」
「まあ、芸人として、いまでは相当な差を付けられてしまったけどな。家でもほとんど女王様と奴隷や」
 茂雄は自虐的に笑った。
 そのときは、マキオも冗談と受け止めて一緒に笑ったのだった。
「とりあえず、挨拶だけしとこうや」
 茂雄が恵美に相談したところ、楽屋に連れてくるよう言われたという。
「ええ、ぜひに! ありがとうございますっ」
「いまのうちの嫁の力があれば、マキオひとりくらいどうにでもなるで」
「ほ、ホントですか」
 思わぬ展開に、マキオは胸を躍らせた。
 下川恵美の楽屋へ向かうとすでに入り口に列ができていた。
「ほら、あれが俗に言う《下川もうで》ちゅうやっちゃ」
「へえ! ……」
「大阪のこの業界でなんかやろう思ったら、まず恵美に挨拶せんとあかんのや」
 二人は列の最後尾に並ぶ。
「身内やから言うて割り込んだりするのを一番嫌うんや、うちの嫁は」
 茂雄が缶コーヒーを買ってきてくれた。
「ありがとうございます。何から何まで、すいません、ホント」
 茂雄の親切に、マキオは泣きそうになる。

 半時間ほど待って、マキオたちの順番がきた。マネージャーらしき大柄な女性に案内され、部屋へ通される。
「恵美ちゃん、すんません」
 茂雄は揉み手をしながら、下川恵美にペコペコと頭を下げて挨拶をする。とても夫とは思えない態度だった。
「なん? 茂雄」
 派手な指輪をたくさん嵌めた手に煙草を挟んだ美人タレントは、少々ハスキーな声を出した。テレビで聞きなじみのある声だ。マキオは緊張で顔と体をこわばらせる。まぶしいオーラに、つい視線を落としてしまう。
「ほら、昨日話した……ちょっと恵美ちゃんにぜひご挨拶しときたいちゅうヤツを連れてきてん、後輩の唐谷……」
「ああ、そうやったね」
 ソファにゆったりと座った恵美は、マキオの方に視線を移して微笑んだ。色白の肌に亜麻色の髪がよく似合う美女で、黙っていれば、大御所タレントとういよりも、映画で主役を張れる女優のような佇まいだ。
 そこへ大柄のマネージャーらしき女性がやってきて恵美に耳打ちをする。急激に恵美の表情がこわばった。
「呼びやっ、いますぐ」
 恵美の大声に、茂雄もマキオも肩をびくつかせる。
「茂雄、少し待って。ちょっと勘違いしてる阿呆プロデューサーがおるから」
「あ、はい……」
 茂雄とマキオは部屋の隅の方へ下がる。
 そこへ、くだんのプロデューサーがやってきた。眼鏡にパーマの優男で、年齢は、恵美より少し上ではないだろうか。
「あ、この度は、すみません、先生っ」
 男はいきなり平身低頭で謝罪する。
「ふん、お前どういうつもりや、武井。うちが出した企画に駄目出しって」
「それが……先生、スポンサーの一社がどうにも難色を示しまして……」
「外せや、そんなスポンサー」
 ため息をつくように大きく煙草の煙を吐く。
「そ、そういうわけには……」
「そもそも、そんな我が儘言う素人を説得すんのが、武井、お前の仕事ちゃうんか」
「は、はい……」
「はい言うて、どうすんのや」
 恵美は苛立たしそうに煙草の灰を落とす。
「そ、それは……」
 男は困り果てたようにして天井を見上げる。
「もう、そっちの番組降りようかな」
「せ、先生……」
「ウチだけちゃうで。お前の他の番組でてる若い子も、全部引き上げさせるからな……もうええ、帰れ」
 恵美の事務所には、彼女以外にもたくさんの女性タレントが所属していて、さまざまな番組で活躍していた。それがいなくなると番組が成り立たない。プロデューサーは焦りまくった。
「先生、そ、それだけは、どうか……も、もう一度、スポンサーを説得しますので……」
「もう一度やないやろ。説得できるまでやれや。できんかったら、全部引き上げるで。ホンマに。アタシの性格分かってるよな?」
「は、はい……」
「ふーっ、お前のせいで、朝から気分悪いわ」
 恵美はため息をつきながら、煙草の火を折るように揉み消す。
「す、すみません……」
「さっきから、すみません、すみませんって、それがお前の謝罪か? ああ?」
 興奮で語尾が大声になり、部屋の空気がいっそう凍てつく。
「あ、いえ、あああ……」
「土下座せえや。床に頭こすりつけて……」

「茂雄、待たせたな」
 土下座から解放されたプロデューサーが出ていったあと、恵美はようやく表情を落ち着かせた。
「いや、恵美ちゃん、忙しいとこ、こっちこそ、すんません……」茂雄は、恵美の厳しさにいまさらながら驚いて焦る。「コイツ、唐谷マキオいうんやけど、昨日もチラッと話した通り、昔の事務所の後輩で……ちょっとわけあって、東京からこっちきたんや。なんとかしてもらえんやろか」
「あ、そ」
「いきなりのことで、すみませんっ」マキオも今し方の剣幕に震え上がっている。「唐谷マキオと申します。ピンで漫談をやっております」
「ふうん、可愛い顔してるやん……」
 マキオが東京での活動などを半ばしどろもどろになりながらも一生懸命話すのをしばし黙って頷きながら聞く。
 数分もしないうちに、大柄な女性マネージャーが「先生、そろそろ時間です」と告げに来た。
「お、もうこんな時間か……」恵美は、宝石がちりばめられた腕時計を見て言う。「翔子ちゃん、彼、どっかはいれる番組あったら、入れたって」マネージャーにひと言そう告げると、収録に向かった。

☆ 二

 一週間後、恵美に呼ばれて、マキオは茂雄と一緒に、事務所に向かった。難波の一等地にある白壁の上品なオフィスビルである。
 受付嬢に会釈して、エレベーターに乗り込む。
「これ自社ビルやで」と茂雄が言う。「化粧品の通販とかもやってるんや。恵美は商才もあってな。ホンマ、えげつない女子おなごじゃ」
「テレビショッピング見たことありますよ。ご本人が出てらっしゃる……」
「それや、それそれ」
 最上階に上がって秘書らしき女性の指示でしばらくドア付近のソファで待たされる。部屋から憔悴しきった中年男が出てきて、エレベーターで降りていった。
「あれもきっと、恵美にこってり絞られた口やで」
 茂雄がマキオの耳元で囁いた。
 ドアが開いて、マネージャーの翔子が二人を呼び入れた。大柄な美人マネージャーである。
「おはようさんです」
「おはようございますっ」
 茂雄についてマキオも中に入る。広い部屋には、白と金色の大きなシャンデリアや本革ソファなどの高級家具が配置され、壁は大小様々な絵画で彩られていた。
 部屋中央のソファで、オフィスの筆頭タレントであり、代表でもある恵美が寛いでいる。
「おはよ。そこ、座り」
 テーブルを挟んだ自分の前へと促す。
 茂雄に続いてマキオも腰掛ける。
「し、失礼します」
 運ばれてきたコーヒーをマキオは緊張しながら口に運ぶ。
「で、さっそく本題やけど……」恵美がコーヒーカップを置いた。「今度、うち、番組の制作もやるようになってな」
「へええ……」
 二人とも驚いて頷く。恵美は夫の茂雄にそのようなことは一切相談しない。
「最初にやんのがロケ番組なんやけど、それにアンタら二人で出てもらおうと思うて」
「へえっ、ホンマにっ」
 久々に活躍の場を与えられて、茂雄の顔がほころぶ。代表の配偶者といえど、ここでは一兵卒なのである。
「あ、ありがとうございます」
 マキオは、感激のあまり、何度も頭を下げる。
「でな……」恵美は二人の喜びように満足げな笑顔を作る。「唐谷ちゃんやったよな……」
「はい」
 マキオは背筋を伸ばしてかしこまる。
「アンタこっちきて、事務所入ってないんやろ?」
「あ、は、い……」
「うちにおいで」
「え……ほ、ホントですか……」マキオはまたもや驚き、あまりの嬉しさに声を震わせる。「そうしていただけるならぜひ。あ、ありがとうございます」
 本当なら、条件など確認してから返事すべきなのだろうが、いまのマキオにはそんな余裕はなかった。
「じゃ、決まりやな」
「おおきに。すんません……」
 茂雄も妻に頭を下げ、礼を述べる。
「これから、茂雄は、ラジオかなんかやろ?」
「あ、ああ、うん、そう、いろいろ……」
 本当は、予定などなかったのだが、妻がそんな言い方をしたときは、頷いておかねばならない。表情から忖度しなければならなかった。
「なら、しょうがないな。唐谷ちゃん、ご飯行こか」
 やはりそういうことかと茂雄は思うが、顔には出さなかった。

「す、すみません……こんな美味しいものをごちそうになってしまって……」
 マキオは、恵美から何が食べたいかを聞かれ、彼女が挙げた《天ぷら》という単語に飛びついた。マキオのいちばんの好物だが、こんな上等な天ぷらを食したのは生まれて初めてだった。
「なかなかやろ。ずっと、ひいきにしとんのや……じゃあ、次行こか。もう食べるんはええか?」
「はい、もう充分です。ごちそうさまです。ありがとうございますっ」
 マキオはビールと揚げ物で久々に満たされた腹をさすりながら頭を下げる。
 タクシーに乗って連れられたのは、繁華街からは少し離れたところにある地下のバーだった。
「ここアタシの店やねん」
 まだ少し時間が早いせいか、薄暗い店内にはお客は誰も居なかった。
「何でも好きなの頼みや」
 恵美に続いて、マキオもカクテルを注文する。
 バーテンの女性が、オーナーである恵美に、「新しい彼氏さんですか?」と冗談ぽく尋ねた。
「まだ。これからや。今から仕込むから、彼のんに眠り薬入れといて」と恵美が笑い、マキオもつられて笑った。
「乾杯!」
 二人は二軒目のグラスを合わせる。ほどなくして、マキオを急激な睡魔が襲ってきた。

「ここは……」
 うっすらと目を開けたマキオは、全裸になり、両手両脚が手錠で拘束されているのに気づく。仰向きにベッドに固定されているのだ。
「目ぇ覚ましたか」
 グラスを片手に、恵美が近づいてきた。隣にマネージャーの翔子もいる。二人がかりで、服を脱がせて、ベッドに拘束したのだろう。
「先生っ、これはいったい……ここは? ……」
 マキオはしびれの残った頭を左右に振る。
「さっきのバーの奥の部屋や。アタシ専用の。言うたやろ。薬盛るって」
「ご、ご冗談を……」マキオは懸命に笑顔を作ってみるが、事態が変わらないことを悟ると、表情を沈めた。「ど、どうするつもりなんですか……」
「さて、どうしようか……煮て食おうが焼いて食おうが、ウチらの勝手やで。アンタそういう契約書にさっきサインしたやんか」
 確かに、オフィスを出る直前に、言われるがまま署名し、拇印を押した。
「そ、そんな……」
「それと……アンタ、ウチらに隠してることあるやろ」
「え……」
「前の事務所、円満退社してきたっていったけど。あれ嘘やな。逃げてきたんやろ、お前。連れと一緒に」
「あっ、あああ……す、すみません……つい……」
「意外と狭いんやで、この業界。うちとこにはいろんな情報が入ってきてるし。東京にはつても多いから。高杉千夜のことも知ってるよ。ストリップ劇場のお嬢さんやろ」
「ああああああっ……」
 手が自由になるなら、両手で顔を覆いたかった。
「でも、安心し。うちとこにいる以上は、誰にも手出しさせへんから」恵美は、呆然としているマキオをじっと見つめる。「その代わり、うちの言うことはなんでも聞いてもらうで」
 恵美はスカートに手を入れガータベルトを外すと、黒いショーツを降ろして脱いだ。ベッドに上がり、尻をマキオの顔の方へ向けて跨ぐと、そのままスカートをたくし上げながら腰を降ろし、黒々と繁った秘部を鼻口に押しつけた。
「舐めや。舌奉仕、上手なんやろ。千夜から聞いたで」
「お毛毛、ないね。皮も被っちゃって」
 マネージャーの翔子が笑う。
「どうしたんや? これ」
 いったん腰を浮かす。
「あああ……は、い……」
 マキオはもはや恵美にはすべて正直に話さなければならない気がして、千夜の命令で、恋人の菜々子に剃ってもらったことまで話した。
「でも、ポツポツ伸びてきてるよな。こっちきて、もう剃らんでようなったと思うてんちゃうの」恵美が濡れてきた陰唇でマキオの鼻を咥え込みながら言う。「駄目やで。うちも同じ命令出すで。いつもここは、つるんつるんにしとき」
 恵美は返事を待つようにして、再び少し腰を浮かす。
「はうああああ……」
「分かったかっ」
 両乳首を同時にピンピンと弾く。
「くわうああっ……わ、分かりましたっ……」
「何が分かったんや、こら」恵美の手が、マキオのペニスをグッと握る。「この、皮被りがっ」
「ひいいいっ……分かりましたっ、な、菜々子に頼んで、またきれいに剃ってもらってきますっ……」
「そうか、じゃあ、その菜々子ちゃんとやらも、今度連れといでや」親指の腹で顔を覗かせつつある亀頭を刺激する。「なあ」
「くきいいいっ……はいっ、承知いたしましたアアッ……」
「なんか、虐められ慣れてる感じ……」
 マネージャーの翔子が嘲笑うように言い、マキオの顔が熱くなる。
「舌使いも上手やわ。こら、相当躾けられてるで……なあ」
 ペニスを握る手にぐっと力を込め、返事を待つように腰を少し浮かす。
「ぎひいっ……はいいっ……あ、ありがとうございますぅ……」
「ようし、なら、違う穴も舐めてもらおか」
 恵美はそう言うと、体を上向け、アナルをマキオの口にあてがった。
「はううううっ……」
 アナル舐めは、手品師の中島がよくやらされていたのを知っていたが、マキオは未体験であった。女の尻の穴を口奉仕するなど、たまらない屈辱である。
「ほら、舐めえ」
 熟れた女の菊の紋がマキオの口にグイグイと押しつけられる。

☆ 三

「外側だけやなくて、舌を穴の中に入れんと」
 恵美に命じられたものの、アナル舐めに慣れないマキオは、まだそこまでの踏ん切りが付かない。
「くううううっ……」
「翔ちゃん、煙草持ってきて」
 ややあって、カチリとライターの音がする。フーッと煙を吐く息が聞こえる。
「できんなら、こうや」
 マキオの左の乳首に激痛が走る。
「ぐわああああああっ……」
「右側も焼いたげようか?」
 灼熱が右の乳首に近づいてくる。恵美は火の着いた煙草の先を当てているのだった。
「くひいいいいっ……や、やりますっ、恵美先生っ、やりますのでえええっ……」
「舌の先で、うちのケツの穴、きれいに掃除してくれるんやな?」
「はいいいっ、やりますっ、や、やらせてくださいいっ……」
 マキオは伸ばした舌を細く丸めて、菊の紋の内へと挿入していく。ざらついた感触ときつい匂いが、一気に襲ってくる。
「くうううううっ……」
 経験の浅い漫談師には、あまりにも酷な仕事であった。ひるんでしまったマキオは、思わず舌を引っ込めてしまう。
「乳、いびるぐらいじゃ、足りひんようやな。そうや……この薄ら伸びてきてるチン毛、一本一本、焼いたろか」
 陰嚢に刃物が当たったような激痛が走る。
「ぐわあああああああっ……」
 叫び声を挙げたあと、すぐさま舌を丸めて、アヌスに突っ込み、腸壁を舐め回していく。
「くううっ……そうや、最初っから、そうせんと」
 アナルの刺激を受け、恵美のヴァギナが興奮の淫液をマキオの顎に滴らし始める。
「むむうううう……」
「ようし、一発、嵌め込んだろか」
 マキオのペニスをぐっと握って、上下に激しく擦り始める。
「はうううあああっ……ああっ、あっ、あああっ……」
「そうら、勃ってきた、剥けてきた、だいぶ大きゅうなってきたで……」
 恵美は体を反転させ、騎上位の体勢でマキオの腰を跨ぐ。片膝を立てて、マキオの肉棒を握り直し、自身の淫裂にあてがった。
「いくで。嵌めるで」
「あ、あああああ……先生、どうか……」
「そういいながら、勃ててるやん。嵌めて欲しいんやろ? ホンマは」
「ああああ……」
 マキオは、菜々子の顔を思い浮かべ、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
 恵美は、翔子に預けていた火付き煙草を受け取る。
「どうなんやって」
 くわえ煙草で、マキオの頬に強烈なビンタを張った。
「はうううっ……は、はい……」
「はいじゃ分からん」
 さらに往復ビンタが炸裂する。
「くわっ、かううっ……」
 千夜や咲耶の張り手に勝るとも劣らないほどの激しさだ。
「は、嵌めて……ください……先生……」
「そうか。おねだりされたんなら、やらなしゃあないな」
 恵美は、マキオの亀頭で割れ目を上下に擦りながら言う。肉竿がさらに硬くなっていく。
「いくよ」
 恵美がゆっくりと体重を載せ、淫液にまみれたヴァギナがマキオのペニスをズブズブと飲み込んでいった。
「はくううううっ……」
―――な、菜々ちゃん……ごめん……すみません……
「なんや、お前、しけた悲しげなツラして。もっと悦ばんかい」
 美人タレントは煙草をくわえるとマキオの腋の下をぐっとつかんで、前後に強い抽送を始める。
「はううっ、あああっ、はんっ、やっ、はうあああっ……」
 ひとしきり突くと、体を起こして、くわえた煙草を手に取る。
「それとも、また熱いのが欲しいか?」
 腰を小刻みに動かしながら、火の着いた煙草の先をマキオの乳首に近づける。
「はがああああっ……い、いいですううっ、め、恵美先生、凄いですううっ……」
「何が? アタシの何が、凄いんや?」
「あ、アソコが……」
「ぼかすなや、ボケ。オマ○コってはっきり言わんかい。しゃべくりで飯食っとる端くれやろが、いちおう」
 腰を激しく回し始める。
「はううううっ……は、はい……め、恵美先生のオマ○コ、す、凄すぎます……許して……」
「ふん、まだまだ許さへんよ。お前の彼女とどっちがいい? どっちが名器や」
「は、はうあああっ……も、もう、堪忍してください……」
「駄目や。言え。言わんと、今度のロケ番組、お前を使わんよ」
 派手なダイヤのピアスを揺らしながら言う。
「あっ、ああああっ、そ、それは……」
「あかんやろ? だったら言え」
 ペニスを完全に征服したヴァギナが、くちゅくちゅと音を立てている。
「くわううっ、め、恵美先生のオマ○コの方が、な、菜々子のオマ○コよりも凄いです……」
「どう凄いんや、言うてみい」
 腰を浮かして、カリの部分だけを嵌めた状態から、一気に腰を落として飲み込む。
「うおおおおおっ……」
「し、締まりが強くて、も、ものが全然違います……いちばんの名器です……」
「そやろ。しっかし、お前、きちんと毛剃ってこんから、チクチクして痛いやないか」
「す、すみませんっ……」
「こんなんじゃ、調子出えへんで」
 恵美は苛立たしそうに腰を抜くと、体を前に移動させて、顔面に股間を押しつけた。翔子が持ってきた灰皿に煙草を揉み消す。
「口でいかせろ。責任とれや」
「あ、あい……」
 マキオは恵美の剣幕に気圧されて、必死で舌を使い、ぐっしょりと濡れたヴァギナを舐めまくる。
「そこは、もう充分や。女のチ○ポを舐めえ」
 恵美のヴァギナの上部には、肥大して皮のめくれたクリトリスがそそり立っていた。マキオはそれを咥えてチュパチュパと舐めしゃぶる。
「くうううっ……そうや、それそれ。しっかりフェラすんやで」
 マキオの頭髪を両手でつかんで、腰を打ち込むようにする。
「うぷっ、むぷうううっ……」
「先生、それってもう、イラマチオですね」
 翔子がクスリと笑って言う。
「そうや、逆イラマや」
「きひいいいいっ……」
 マキオの苦しむ顔が、さらに恵美の嗜虐心を煽る。
「こうしたら、どないや」
 鼻をつまんで、股間を押しつけ、呼吸をできなくする。
「むうっ、むぷうううっ」
 マキオは手足をバタバタさせてもがく。
 限界かと思ったところで、恵美が解放してやる。
「ぷはああっ……ゆ、許してください、先生……一生懸命やりますので……」
「そう、必死さが足りひんから、こないな目に遭うんやで」
 マキオは、ますます太さと長さを増しつつある恵美の女根の茎胴をまんべんなく舐め回していく。
「舐めてるばっかやなくて、咥えや」
 マキオは恵美のクリトリスをいかにも長大なものをつっこまれているかのように頬張り、頬をへこませ懸命にあやす。
「そうや、AV女優みたいやな、唐谷、お前。才能あるよ、そっちの……あああ、やっと気持ちようなってきた……」
 恵美は細かく腰を使いながら、天井を仰ぐ。
「いくで、出すでっ、口開けえええっ!」
 大きく開けたマキオの口腔に、恵美のヴァギナから噴出された怒濤の灼熱がほとばしる。その三分の一くらいは、飛び散って口中に収まりきれず、顔面に広くぶちまけられた。
「はううううう……あああ……」

「翔子も一発犯るか?」
 恵美の誘いに、二十六歳のマネージャーは、「えっ」と驚く。あくまでも恵美のサポートに来たまでで、そんなつもりは毛頭なかったし、考えたこともなかった。しかし、四肢をベッドに固定され、顔を女潮だらけにした情けない男を見ていると、自分の中に潜む魔性が首をもたげる。
「犯るって?」
 その意味を確かめるように恵美を見る。
「うちがやってたみたいに、騎上位で嵌め込むんよ」
「でも、チクチクして痛いんじゃ……」
 毛が生え始めているマキオの股間を覗いていった。
「せやった、確かに。今日はやめといたがええかもな」
―――今日は……では、いずれ、この二十六歳のマネージャーにも騎上位で、犯されてしまう日が来るのか……そうなったら……菜々子に……どう説明すればいいのか……
 マキオは顔面にべっとりと降りかかった女潮の甘酸っぱい匂いの中、ぼんやりした頭で考えた。
「じゃあ、ちょっと違うことしよか」
 恵美はそう言うと、翔子にあれこれと指示をした。
 翔子はまずおしぼりを使ってマキオの顔に付着した女潮をきれいに拭き上げた。マキオは口の中いっぱいに広がる女臭にむせながら、東京で千夜が中島にしていたように、小便を飲ませられるようなことがないよう祈った。
 続いてマキオの両手両足の枷がベッドから外され、左右の手足をそれぞれ束ねるように結わえ付けられた。手足を突き上げるような格好で、苦しくて痛いのと同時に、惨め極まりない。
「あああああ……や、やめて……許してください……」
 翔子は大股を広げたマキオの尻を天井に向けて支え、恵美の準備が整うのを待った。

 

 

S女小説 鬼姫劇場(下)「まばゆく逞しく淫虐な女たち」

Kindle小説サンプル

S女小説 鬼姫劇場(上)「強く美しく残酷な女たち」

S女小説 鬼姫劇場(上)「強く美しく残酷な女たち」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

女性マネージャーに虐待・陵辱を受ける幕間芸人たちの悲劇(上巻)

売れない漫談家である唐谷マキオ(30)は、再起を賭けるべく、とあるストリップ劇場の面接を受けることにした。合格すれば幕間芸人としての身分が保障され、定職にありつくことができる。面接を行ったのは、劇場支配人の娘でマネージャーである高杉千夜(28)という女性。もともと外資系商社のキャリアウーマンだった彼女は判断力や機知に優れ、そのぶん気が強く、たぶんに嗜虐性を備えていた。千夜は、いきなりマキオに芸を演じさせ、辛口の評価を与えるも、思わせぶりな態度を取ってみせる。ここが正念場だと悟ったマキオは、プライドをかなぐり捨て、床に跪いて懸命に採用を懇願したのであった。それが地獄の始まりであるとも気づかずに……。ただ、一目惚れして交際を申し込んだ受付嬢の吉川菜々子(23)だけが、彼の希望のヒロインだった。

第一幕 美人マネージャーの脚揉み当番

第二幕 モデルボクサーの強打に怯えて

第三幕 女性実業家のペニバン逆レイプ

第四幕 大切な恋人に鞭打たれ陵辱され

本文サンプル

第一幕 美人マネージャーの脚揉み当番

☆ 一

「そこをなんとか、お願いできませんでしょうか」
 唐谷マキオは、額が机に着くほどに頭を下げ、女性マネージャーの高杉千夜ちやに懇願した。もうあとがなかった。ここを断られたら、もはや芸人を辞めて堅気の仕事に就くしかない。それくらいの覚悟で赴いたのだった。
「何度も言ってるけど、幕間まくあいの芸人さんは今のところ間に合ってるし……もし、空きが出たら連絡しますから」
 まだ二十代かと思われる美貌のマネージャーはすげなくそう言った。唐谷マキオは、三十歳の漫談師である。かけだしの頃は、漫才師としてコンビを組んでいたこともあるが、喧嘩別れしてからはピン芸人となった。以来、鳴かず飛ばずのまま、今年で芸歴十二年を迎える。所属事務所との契約も切れ、フリーの立場であった。もはや堅気の仕事を探すしかないと観念していたところへ、知人からこのストリップ劇場を紹介され、面接に挑んだのであった。幕間芸人の立場を確保できれば、なんとか定職にできる。そう思った。
「最低の条件でかまいませんので……」
 マキオはもう一度深々と頭を下げる。早、薄くなりつつある後頭部を美女に見下ろされるのは恥ずかしいが、そんなことを気にしている場合ではない。
「そう言われてもねぇ」
 ため息をつく高杉千夜マネージャーにしても、実のところこの職についたのは一年前のことであった。元々外資系の商社に勤めていた才女であるが、今年の初めに支配人であった父親が他界したのを機に、母親に泣きつかれて、引き継いだ次第である。マネージャーだったその母がいまでは支配人の椅子に座っている。
 目の前のマキオのことは、とりあえず会うだけでも会ってみてくれと知人に頼まれたので、そうしているまでのことであった。
「どうかお願いします、私にチャンスをいただけませんでしょうか……実を言うと、も、もし、ここが駄目なら、もう芸人を辞めようかと思ってるんです」
 マキオにしてみれば、相手が年下の女性であろうが、もはや体裁を気にしている場合ではなかった。二人きりの面接であったのも幸いした。もし人目があったりしたら、こんななりふりかまわずの態度に出られたかどうかは分からない。
「そう、ですか……じゃあ、とりあえず、見せてもらえますか? 何も見ないでお断りするのもなんだし……」
「あ、ね、ネタをですか?」
「うん、今、ここで」
「わ、分かりました……」
 ネタ見せをするのなど久しぶりで、本番より緊張する思いがした。マキオは席を立ち、引きつっているかもしれない頬を両手で揉みほぐした。
「はいっ、では、ありがとうございます……」
 マキオは、機会を与えてくれたことに感謝しつつ、汗をかきかき、渾身の漫談を披露した。

「なるほど……なんか、ほのぼのした感じですね。悪くないけど、迫力に欠けるっていうか……声が小さいのかな」
「あ、ありがとうございます……こ、声は、舞台だともっと張れます、この部屋だと少し、遠慮ぎみになっちゃって……」
 マキオにしてみれば、相手はマネージャーといえど元キャリアウーマンで、就任してまだ一年ほどだと聞いている。芸のことはおそらく素人に近い彼女に意見されたことに憤りとまではいかないが複雑な思いを抱いた。それが少し表情に出たのかも知れなかった。
「舞台なら、もっと本気出せるんだ……」
 千夜は真顔でつぶやくように言った。
「あ、すみません……」マキオは慌てた。怒らせてしまったのではないだろうか。「そう言う意味ではなくて……本気では、やりましたけど……ここで大声を出すと耳障りかと思いまして……」
 女性はマキオが慌てる様子をやや面白げに見ている。少し間を開けて、「じゃあ、舞台でもう一度やって見せてもらいましょうか」

「は、はじめまして、唐谷マキオと言います……」
 客席には、踊り子たちや女性スタッフがまばらに座っている。このような劇場にしては珍しく、女性だけで運営されているらしい。
 ほぼ中央の前よりの席に高杉千夜マネージャーがいるのを見つけて、マキオは生唾を飲み込む。こんなに緊張する舞台は初めてだ。
「すみません、ほとんどの方がはじめましてだと思います。なんせ、テレビにはあまり出たことがありませんので……」
 少しの笑いを期待したのだが、誰もクスリとも笑わない。これでさらに緊張が高まってしまった。もともとはあがり症を克服するために、お笑いを始めたことを思い出す。

―――酷い出来だった……
 千夜と二人きりの事務所に戻ったマキオは、すでに諦めていた。少しは笑いが起こったが、あれは自分が笑わせたのではない。笑われたのだ。どもり、突っかかる漫才師を踊り子や女性スタッフたちにバカにされたのだと思った。十年以上もやっているはずなのにあるまじき醜態だ。結果は聞かずとも分かっている。マキオは、一刻も早く逃げ帰りたい気分だった。
「悪くはないかもね……」
 千夜はセミロングのストレートヘアを触りながら、確かにそう言った。
「え……ほ、ホントですか」
「こんなこといっちゃ、失礼かも分かんないけど、妙に素人っぽいところが新鮮ね。計算でやってるの?」
「え、いえ、あ、まあ、多少は……」
 一転して意外な展開になりつつあることに、急な期待感を覚える。素人などと言われるのは心外だが、このままお笑いを続ける道が開けるのなら、ここはひとまず従順な態度を見せておくべきではないだろうか。
「どうします? その気がないなら、それで別にかまわないけど」
 千夜は、一瞬戸惑いを見せたマキオに、やや憮然としている。
「え、い、いえ……使っていただけるのなら、ぜひ……お願いします……」
 マキオは再び机に額をつかんばかりにして、懇願する。頭を下げたまま、美女の承諾を待っているが、その声は聞こえてこない。マキオはたまりかねて、顔を上げる。女マネージャーは腕を組み、黙ってこちらを見つめている。見つめているというよりも、立場が上の人間が、自分の聞きたい言葉を待って上から見据えているという感じだ。
「す、すみません……」とりあえずそう言うしか、元の空気に戻す術はなさそうだった。「どうか、チャンスをお与えいただけませんでしょうか……」卑屈に過ぎる言葉かも知れなかったが、他の誰に聞かれているわけでもない。何が何でもここをくぐり抜けねば、目の前の女マネージャーに首を縦に振ってもらわねばならないと思った。これからまだまだ先の長いはずの人生がかかっているのだ。
「どの程度の覚悟なの?」
 千夜がポツリと言う。
「ほ、本気です……人生が掛かっています……」
 マキオの言葉に千夜はかすかに首をかしげる。言葉に真実味がないのだろうか。三十路に入ったばかりの男芸人は不安を募らせる。つかみかけたロープが手の届かない高さへと無情に引き上げられようとしている。
「お、お願いします……どうか……」
 マキオは席を立つとテーブル脇に移動して靴を脱ぎ、脇へ揃える。生まれて初めてする行いに体を震わせつつ、その場にしゃがみ込み、赤いタイトスカートを履いた彼女の足元に向けて正座を整えた。
「ど、どうか、お願いです、た、高杉、様……」
 マキオは女マネージャーを見上げる。黒っぽいインナーにデニムのジャケットを羽織った美女は、変わらぬ落ち着きでマキオを見下ろしている。唇とマニキュアの真紅が鮮烈である。しかし彼女は、依然として無言のままだ。
「一生懸命、頑張らせていただきますので、どうか、わたくしを使ってやってくださいませ……」
 必死の思いでそう言うと床に向かって深く頭を下げた。黒いパンプスのつま先が、照明を浴びて妖しい光沢を放っている。

☆ 二

「……では、このあと、また、踊り子さんが出てきますのでね。どうも、ありがとうございあしたぁ……」
 まばらな拍手の中、マキオは舞台を降りる。
「お疲れさま」
 舞台袖で見ていた受付嬢の吉川菜々子が、楽屋へ向かうマキオに声を掛ける。清廉という言葉が似合う二十三歳の美女は、一見このような職場にはそぐわない印象だが、昨今の女性客増加に応えるべく、ストリップ劇場の従来のイメージを刷新したいという高杉千夜マネージャーの意向で、先月からこの職場に就いている。元来お笑い好きのようで、休憩中など、菜々子は芸人たちの漫才や手品を舞台袖から見るのを好んでいた。
「あ、ああ、どうも……」
 そんな菜々子にマキオは一目惚れしていた。こんな魅力的な女性との出会いが待っているのならば、プライドをなげうって、年下の女性マネージャーに土下座までした甲斐があったというものだ。
「結構、ウケてましたね」
 菜々子は、頬にえくぼをつくって微笑んだ。拍手はまばらだったが、このような劇場では拍手があるだけでもありがたい。
「そ、そう?……そりゃどうも、ありがとう……そう言ってもらえると……嬉しいね……が、頑張ります……」
 菜々子を見ると年甲斐もなく、少年時代に戻ったような心持ちになる。マキオは照れて逃げるようにしてすぐ裏手の楽屋へ戻った。

「お疲れさん。ウケてたじゃねえの、なかなか」
 手品師の中島が茶を注いでくれる。口ひげを生やした五十代の小男だ。
「あ、すいません。ですかね……優しいお客さんが多かったのかな……」
「んなことねえよ、オイラんときゃ、結構野次られたぜ」
「そうですか?」
 マキオはズズッとお茶を啜ってまんざらでもなさげにする。
 中島は舞台の上では、タキシードを着て上品な語り口で優雅な手品芸を見せるのに、舞台を降りた途端に口が荒っぽくなる。そのギャップが面白くて、そのうちネタにして舞台で話してやろうかとマキオは思った。
 廊下から気の立った足音が聞こえてくる。
―――カッ、カッ、カッ、カッ……
 引き戸が開いて、劇場マネージャーの高杉千夜が入ってきた。
「ほら、何してるの、悠長にお茶飲んでる場合じゃないでしょ」
 千夜はだいぶ年上であるはずの中島を見下げた口調で注意する。
「あ、お嬢さん、すいやせん、すぐ行きますんで」
 中島は千夜にペコペコと頭を下げながら、部屋を出て行く。踊り子たちの楽屋へ行くのだ。幕間芸人は、彼女たちの雑用係でもあった。
「どう? 少しは慣れた?」
 千夜がテーブルを挟んでマキオの前に、さきほどまで中島がいた座布団の上に座る。
「あ、はい……多少は……」
 面接の日から一週間が経っていた。
 マキオはぎこちない手つきで、千夜にお茶を入れる。
「最初に言ったように、三ヶ月は様子見だから、気を抜かないようにね」
「はいっ……頑張らせていただきます……」
 マキオは座っていた座布団を外し、正座の姿勢を再度整えて、千夜の方へ頭を下げる。
「それと……あなたも、来週くらいから、踊り子たちの楽屋に行ってもらわないと」
「は、はあ……」
 気が進まないが、それがここのしきたりらしい。そのような説明や最低限の給金の話は、すべてマキオが土下座をした後に聞かされた話だった。外資系の商社で百戦錬磨の交渉術を身につけた千夜にとっては、一般常識に疎い下層芸人たちの処遇を優位に進めるなど、赤子の手をひねるより簡単なことのようだった。
「踊り子さんたちの稼ぎで、あなたたちの給金がまかなえるんだからね。くれぐれもそこんとこを忘れないように」
 千夜は積極的な態度を見せないマキオに釘を刺す。
「は、はい……でも、ち、千夜さん……」マキオはおもねる気持ちを込めて、思いきって下の名前で呼んでみる。「踊り子さんたちの雑用って例えば、どんなことを……」
「彼女たちが頼んできたことは、何でも」
「な、何でも……」

 千夜が出ていった後、マキオはしばらく、師匠から破門されて流れてきた落語家と一緒だったがその彼が舞台に上がったところで、手品師の中島が戻ってきた。
「中島さん、踊り子さんたちの雑用っていったいどんなことをするんですか?」
 なんとなく聞きづらいことだったが、思いきって尋ねてみる。
「彼女たちが望むことはなんでもだよ」
 中島は口髭を触りながら、千夜と同じ事を言った。
「例えば?」
「例えば……いや、それは自分で確かめな……」
「え……」
 マキオは、中島が口にできないほどのことをやらされるのかと不安になる。

 マキオは、マネージャー室をノックする。
「はい」
「あ、唐谷です。ま、マネージャー、ちょっとお話しが……」
「どうした?」
 千夜はパソコンのキーボードを叩きながら画面に目をやったまま聞く。
「お忙しいところ、すみません……やはり、ちょっと例の踊り子さんの雑用のことが気になって……中島さんに聞いても、教えてもらえなくて……自分で確かめろって……」
 マキオの話を遮るように、千夜は大きくため息をつくと席を立ち、壁際のソファへ腰掛けた。今日は外で打ち合わせでもしてきたのか、ベージュ色のいかにも上等そうなスーツを身につけている。
「煙草、取って」
 千夜は机の上を顎で指して言う。マキオは一瞬、驚いた表情をして、生唾を飲み込んだが、言われるまま、シガレットボックスとライターを手渡した。
「要はね。そういうことをさ、言われなくてもやるようにするの。アタシが煙草吸うって、もう分かってるでしょ?」
 千夜は煙草に火を着けると大きく煙を吐いた。
「……は、はい……」
 マキオは屈辱に身を震わせながらも、若い雇い主の言葉を懸命に受け入れようとする。
「ボーッと突っ立ってないでさ、そこ座んな」
「え……」
 マキオは椅子を探して、あたりを見回す。千夜が顎で指している場所が、冷たい床の上であることを悟ると、今一度確かめるように彼女の顔を見る。
「早くしなさいよ」
 低く厳しい声にマキオは背筋に寒気を走らせ、すぐに靴を脱ぎ、しゃがみ込んで膝を揃えた。
「あとはね……例えば、足を揉むとか」
「あ、足を……揉む? ……踊り子さんたちの……」
 マキオは愕然とした表情をする。それはあまりにも惨め過ぎはしないか。いくら幕間芸人とはいえ、それなりに志を持って芸を磨いているつもりだ。立場上ある程度の雑用は仕方ないとしても、そのような下人のようなことをさせられる筋合いはないのではないか。
「嫌? できない?」
「あ、いえ……でも、それでは、あまりにも……」
 マキオは長い脚を組んだ豪腕美女の顔色をうかがいながらも、なんとか異議を取り合ってもらえないか言葉尻を濁す。
 とたんに千夜の表情が険しくなった。
「ちょっと、あなた勘違いしてるみたいだから、もう一度、きちんと話しようか」
「あ、は、い……すみません……」
「うちに来るお客さんは、誰に対してお金を払ってるの?」
「それは……踊り子さんたちです……」
「だよね、それは説明したはずだよね。何度も」
 赤いルージュを引いた口がきっぱりと言う。
「は、はい……」
「彼女たちがいなけりゃ、あんたら、舞台に立つことできないんだよ。こんなこと本当はいいたくないけど、そのおこぼれにあずかってるだけの立場だってことを分かってもらわないと」
「あ、ああああ……」
「アタシが言ってること間違ってるかなぁ」
「…………」
「だとしたら、これ以上、話することないわ、あんたに。出てっていいよ、いますぐ」
「あ、いえ……すみませんっ……」マキオは焦って詫びた。「やります、踊り子さんたちの言う通りにします」
「どうだか……そんな中途半端な、甘ったるい考えで、この先、やってけるのかなぁ」
 千夜の厳しい言葉と態度に、マキオは不安と恐怖を募らせる。
「お、お嬢さん……」マキオは、他の芸人たちと同様に、最上位に敬う呼び方をした。「本当に、申し訳ありませんでした」床に額がつかんばかりに謝罪をする。
「いまのアンタのまま、踊り子さんたちのところにやるのは不安だなぁ、ちょっと教育が必要かもね」
「は、はいっ……よろしくお願いします」
 マキオは涙目で、二つ年下の美人マネージャーを見上げた。

☆ 三

「もうちょっと、力出ないの?」
 煙草をくゆらせながら、千夜が言う。彼女の足の裏、土踏まずを押し続けているマキオの親指はもはや吊りそうである。
「すみません……」
 教育をすると言われた日から、ほぼ毎晩、千夜はマキオを呼びつけて、足を揉ませている。
「アンタらを売り込むために営業してきてあげてるんだからね、少しは感謝してもらわないと……そうでしょ?」
「は、はい……ありがとうございます……お、お嬢さん……」
 暇な時間の多い幕間芸人たちをイベントやテレビ番組などに派遣する芸能事務所的な機能を思いついた千夜は、持ち前の行動力でさっそく実行に移すことにした。商社時代のコネを生かして営業に回っているところだ。テレビ出演はもう少し時間が掛かりそうだが、ショッピングモールのイベントや結婚式への芸人派遣は、近々にも動きが出そうな感触だった。
「感謝してるの? 本当に」
「はい、それは、もちろん……」
「じゃあ、証拠を見せてもらおうか……」
 そう言って、千夜は三本目の缶ビールを飲み干した。頬をほんのりと染めて、気分良く酔っているようだった。
「しょ、証拠……と、いいますと……」
 千夜は鋭い眼差しでじっとマキオを見つめる。マキオが耐えきれず、目をそらしかけたそのとき、「舐めて」といい、足の指先を彼の鼻先に差しだした。
「あ、ああああ……」
「何? 感謝してるんじゃなかったの?」
 千夜のこわばった表情にマキオは、一巻の終わりになってしまいそうな気配を感じる。
「お、お嬢さん、分かりました。や、やりますので……でも……」
 マキオはようやく、千夜が多分に嗜虐的な性向を持つ女性なのだと察した。でなければここまでの命令を出すはずがない。
「でも?」
「でも、どうか、他には内緒にしておいてやってください……」
 どうにも免れないと観念したマキオは、声を絞り出すようにしてそう言った。

 

S女小説 鬼姫劇場(上)「強く美しく残酷な女たち」

Kindle小説サンプル

S女小説 荒ぶる女神たち「不用僕の運命」

S女小説 荒ぶる女神たち「不用僕の運命」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

超女尊男卑へと移ろう世における、男たちの悲哀と絶望

画期的な婦人薬の発明により、女性の知力、体力が大幅に向上し、さらには嗜虐性までが高まった結果、世は超女尊男卑社会へと移行していった。女性主導による専横的な政府は、男を女性に隷属させるための憲法および法律の改正を次々に行い、施行準備を整えていった。地理教員として若草女子高に勤務していた持田(旧姓細野)友弘も、そのような時代の犠牲となったひとりであった。

プロローグ

第一章 女性教師のバター犬

第二章 新任女性に犯されて

第三章 銃を撃つ女生徒たち

第四章 奴隷市場での男売買

第五章 タトゥー美女の浣腸

第六章 処刑に昂ぶる女たち

本文サンプル

プロローグ

「しょうがないよね、そうせざるを得ないことをやってしまったんだから、お前は」
 リビングのソファに腰掛けた妻は、足元に正座させた全裸の夫を見据えて言い放った。ゆるくウェーブが掛かったセミロングヘアに包まれた高貴な面持ちが窓から差し込む午後の日差しに白く輝いている。その眼差しは、下僕である夫への蔑みに満ちていた。
「洋子様……私には、まったく身に覚えのないことで……」
 ろくに食べ物を与えられておらず、栄養失調寸前の夫、友弘は声を震わせる。
「身に覚えのないものがどうしてあんなところにあるの?」
 持田家のパソコンの中から発見されたのは、男が女を陵辱するという、遙か旧い時代の動画ファイルだった。
「し、しかし……洋子様……」
 本当に身に覚えのない友弘は、目に涙を浮かべている。
「まだ言い訳する?」
 妻の洋子は、夫である友弘の額を制裁用ブーツの尖ったつま先で軽く小突く。今や家庭内の女性は多くが土足履きの習慣だ。
「あああ……洋子様……どうか、お許しを……」
 恐怖に夫の両膝はガクガクと震えている。
「読みなさい、声を出して」
 友弘はどうか夢であって欲しいと願いながら、さきほど渡された一枚の手紙を両手で持ち上げ、震える声で読み始める。

「世帯主 持田洋子様
 この度は、若草女子高等学校射撃部の処刑実習にご協力いただけるということで、誠にありがとうございます。
 先般の日程調整通り、二月三日早朝に不用僕を引き取りに伺います。
 処刑は五名の女子部員が機関銃にて執り行う予定です。
 万が一の事情により中止される場合は、二月二日十五時までに、所有女性ご本人が直接ご連絡ください。
*これ以降はいかなる事由がありましても、処刑は中止できませんので、あらかじめご了承ください。
 若草女子高等学校三年一組 射撃部キャプテン(処刑隊長)浅野聖美」
 読み終えた友弘の目に涙があふれ、震える手紙の上にポタポタとこぼれる。
「よ、洋子様……どうか……」
「今度、馬鹿やったら、《不用僕》にするっていったよね、アタシ。冗談だと思ってたの?」
 世の中は変わった。
 女性の知力、体力のめまぐるしい向上を経て、史上初の女性政権が誕生し、国会議員の三分の二以上を女性が占めるようになった。女性優位の風潮が芽生えたかと思うと、それはあっという間に女尊男卑の世の中へと加速されていき、憲法が大幅に改正され、女が男を支配するための新しい法律が次々と制定されていった。
 事の発端は、遠い昔に遡る。女子医大研究グループによる画期的な婦人薬の発明がきっかけであった。新しい薬には人間の基礎能力を大幅に高める作用があった。多くの女性がその薬を、初潮の始まる頃から服用するようになったのだった。男女間の力の差は縮まり、追い抜き、さらに、時を経るごとに広がるばかりであった。その妙薬に男性への嗜虐性を高める成分が含まれていると言う事実は、いまだに公表されていない。
 そして……夫の所有権は妻にあるという憲法改正に基づいて、ついに昨年頭に、妻は夫を不用僕としていつでも殺処分できるという法律が制定され、昨夏から施行されるに至ったのだった。
「うううう……」
 恐怖に震え、怯え、涙を流す友弘を、部屋の隅から、同じく全裸に剥かれた二人の若い男たちが、やはり怯えた表情で状況を見守っている。いつ自分たちも同じ目に遭わされるか分からないからだ。
 一妻多夫が憲法により認められている今、古い夫に飽きた妻が、彼を不用僕として処分することは、いともたやすかった。
 そのとき、持田家に一人の女子高生が訪ねてきた。
 紺のスクールブレザーに白いブラウス、チェック柄のスカートを身につけた女生徒が、若い夫の案内でリビングに通される。
「こんにちは。この度、処刑隊長を務めさせていただきます、浅野です」
 さきほどの手紙の差出人である女子高生、浅野聖美きよみだ。
 玄関口で土足でかまわないと説明を受けた聖美の足元は黒革のローファーに膝下丈の紺のハイソックスであった。
「ご挨拶はっ」
 洋子のブーツのつま先が、友弘の額を強く小突く。
「うがあっ、は、はいっ、すみませんっ……」
 不用僕となった夫の友弘は、そばに立つ女子高生を見上げる。二重まぶたと白い肌の持ち主は、ミスコンの上位入賞者として紹介されても何の違和も感じないほどに完成された美少女だった。
 しかし、礼儀正しさの中に収まりきれない若さの躍動がみなぎる、その佇まいは、女性上位の世の中にどこにでもいそうな、今風の女子高生の一人でもあった。
 友弘は、彼女に見覚えがあった。
―――この少女ひとたちに、自分は殺められるのか……
 友弘は恐怖の中にあってなぜか昂ぶるものを感じる。
「こ、こんにちは……も、持田、友弘です……」
 よろしくお願いします、と言いかけて、やはり口にはできなかった。死ぬのは恐ろしい。
 少女は少し微笑むだけで何も言わずじっと友弘を見下ろした。友弘は、その目力に耐えきれぬように頭を下げ、黒光りするローファーのつま先に視線を落とす。
「この度は、処刑実習へのご協力、ホントにありがとうございます」浅野聖美は、実習材料の提供者である持田洋子に頭を軽く下げる。「何かご質問などあれば、伺おうと思って参りました」
「どうぞ、お掛けになって」
 洋子は自分の隣に誘った。
「はい、失礼します」
「手紙!」
 洋子に言われて、友弘が手元の手紙を震えが止まらない手で渡した。その様子を見て女性たちはうっすらとした笑みを交わす。
「中止のリミットは……今日の十五時ね」
 洋子が壁の時計を見上げると、聖美も一瞥し、「ええ、あと一時間です。私にこの場で言っていただくか、そこに書いてある携帯番号にご連絡いただければ」と、いちおう説明するのが義務であるふうに言った。
「大丈夫。今のところ、そのつもりはないので」
 洋子はきっぱりと言い、もう一度手紙を確認する。
「よ、洋子様……」
 掠れる声ですがろうとする友弘を無視し、妻は元夫の手をはねのけるようにしてブーツの脚を組み直す。
「あ、あと、これはお願いなんですが……」聖美が一瞬、友弘を見下ろした。「処刑前にできれば不用僕をボクシング部のサンドバッグ実習にも使用させていただけないでしょうか」
「……ええ、かまいません……女の子に殺される前に、女の子に叩きのめしてもらうといいわ。それにふさわしいことをやったんですものね、あなたは」
 洋子は厳しい眼差しを友弘にやった。
「ありがとうございます……彼は一体何を? 差し支えなければ」
 そう尋ねる聖美に応えて、洋子は元夫に自らの口で説明するよう命じた。

「なるほど……分かりました。処刑隊のメンバーにも伝えておきます」聖美は友弘の説明を聞いて頷き、洋子の方を向く。「他に、ご質問などは?」
「特に」
 もう気持ちは固まったというように、洋子は頷いた。
「であれば、最後になりますが……処刑の直前に、不用僕には命乞いの機会が一度だけ与えられます」
「どういった?」
 洋子が、言葉を失った友弘の代わりに尋ねる。
「一年生から三年生の女子で構成される処刑隊は、私を含めて五人で、実習時に長靴ちょうかを履きますが、それを一人当たりだいたい五分間ずつ舌で舐めながら……」
「助命を乞うのね」
「ええ」
「その結果、隊長の判断、つまり私ですが、助命に値すると判断した場合は、助命確認の連絡を所有女性、持田様の携帯電話にお入れしますので、助命もしくは処刑の最終判断をお願いします」
「ずいぶん、回りくどいことをするのね」
「ええ、処罰の一環としてですが」
「電話に出なかったときは?」
「不通の場合は、無条件で処刑となります。電話連絡は一度だけです」
「なるほど……命乞いで助かる場合もあるの?」
「私たちでいうと、助命の判断が、半々くらいです。助命の場合は、それから電話連絡で、所有女性に最終判断を委ねますが、これも半々かそれ以下です」
「じゃあ、トータルで八割くらいが処刑?」
「そんなところだと思います」
「だってさ、どうする、お前」
 洋子が黒革ブーツの甲で、友弘の頬をピタピタと打った。
「はうううっ……ど、どうか……お許しくださいませ……」
 友弘の声は震えている。
 いきなり処刑されると言われ、手紙を見せられ、担当者として女子高生がやってきて、現実のようで現実でないのではという思いが、友弘の脳裏で渦巻いている。
「ちょっと、やってみな。命乞い。せっかくだから、見てもらいましょうか。若くてチャーミングな隊長さんに」
「あ、あああ……はい……」
 友弘は、女子高生が見ている前で、妻の土足を舐めることなど、もちろん抵抗があったが、命が助かる確率が少しでもあがるのであれば、そんなことにかまっている場合ではない。
 おずおずと舌を伸ばして、尖ったつま先の裏側をペロリと舐める。確認を取るように妻を見上げ、女子高生の方にも控えめに視線を送る。
「ふっ……」
 聖美は小首をかしげ、思わず鼻で嗤った。
「どう?」
 洋子が尋ねると、聖美は「いや……ちょっと……こんなの、命乞いでもなんでもないですよ」
 憮然として言い放った。
 友弘は、それで我に返ったようになり、焦ってペロペロと舌を使い始めた。妻のブーツの靴底を丹念に舐め上げていく。
「ふふっ、そうそう、その調子で必死にやんないと」
 新鮮な感覚の虐待を面白がる洋子……早くも汗を額から流して必死に命令に従う友弘……女子高生の聖美は、女性上位時代の典型的な夫婦を、冷静に観察している。
「どうかしら?」
 洋子があらためて尋ねた。
「実際、その場にならないと……」聖美は軽くため息をつき、感情のない眼差しを足元の男に与えながら言った。「実弾入りの機関銃を持った女の子たちの足元に跪いてみないと……こんな程度じゃすまないって、そのときにならないと、わかんないかもですね……やっぱり……」

第一章 女性教師のバター犬

☆ 一

―――五年前、二XX一年九月。
 若草女子高等学校に教諭として務めていた友弘は当時、未婚であり、旧姓の細野を名乗っていた。
 放課後、細野友弘は、担当教科である地理の実力テストの採点をしているところだった。
「細野さん、ちょっと」
 肩を叩かれ振り返ると、学年主任の江上則子が立っていた。
「あ、ああ……」
 コツコツと鳴らすパンプスのあとを、友弘は緊張気味に着いていく。
 階段を上がることが分かって、友弘は愕然とする。職員室の上階にあるのは、生徒指導室ならぬ、教員指導室であった。
 紺色のスーツにはち切れんばかりのグラマラスな身を包み、くびれの利いた蜂腰を左右に揺らしながら、階段を上る三十三歳の女性教諭。その後ろ姿は官能的であり、挑発的でもあった。
 教員指導室は上位の教諭が、部下や後輩の教諭を指導する部屋である。絶対女性上位の現世にあっては、女性教諭が男性教諭を叱咤する空間となっている。
 壁際のソファに腰掛けた江上則子が、「そこ、正座して」と自分の足元を指さす。「え……」と一瞬驚いた友弘だが、これまでにない則子の迫力に、大きく唾を飲み込んで、スリッパを脇に脱ぎ、命令通り跪いた。
「ねえ、あなたちょっと勘違いしてない?」
「あ、うん、え……といいますと……」
 もともと、江上則子は友弘の大学の後輩で二つ年下であったが、一浪で入学した友弘がさらに一年留年したため、卒業時には同学年となり、同期として揃って同じ女子高の教諭になったのである。ギリギリの単位で卒業した友弘とは対照的に、彼女は首席卒業のエリートだった。
 女性上位政策が打ち出されてからは、女性の出世がめざましく、則子も半年前に、ついに念願の学年主任に抜擢された。平教員の友弘に、はっきりと職位の差を付けた格好である。
「その、うん、てのだよ。やめな」
 則子は目つきをなおさら鋭くして言う。
「あ、は、はい……」
「いつまでも同期の気分でいられると、こっちも凄くやりにくいから」
「わ、分かった……いや、いえ、分かりました……」
 今日はこれを言うと決めてきたのだろう、江上則子の表情に強い覚悟が見て取れた。それにしてもさすがは元ミスキャンパスである。切れ長の双眸、高い鼻筋、ストレートの黒髪に包まれた美貌は、三十三歳のいま、衰えるどころか、さらに洗練を増している。運動神経も抜群で、大学ではボクシング部に所属しており、プロテストの誘いが頻繁にくるほどの実力の持ち主だった。この女子高でもボクシング部の顧問をしている。
 隣の部屋から、女性教師が男子教師を恫喝する声が聞こえる。続いて平手打ちの音……。友弘の脳裏にはその部屋の様子がありありと浮かぶ。もはや、この学校では日常的な光景になりつつある。女性から男性への暴力は、家庭内であろうが、企業、学校であろうが、敷地内であれば、主たる女性の裁量でいかようにもできる。そのように法律で定められている。女性校長が許可通達を出しているこの学校でももちろん、問題ない。
―――まったく、とんでもない世の中になったものだ……
「ねえ、アタシが大学の後輩だからって、ひょっとして、手を挙げないって思ってる?」
「あ、あああ……」
 隣部屋の剣幕を聞きながら、則子の気持ちが昂ぶっていく。
「けじめ付けようよ、そろそろ」
 そう言いながら、則子が紺色スーツのポケットから、革手袋を取り出した。
「ああああ……江上、さん……」
「江上さん? で、いいの?」
 則子は左手に装着した革手袋の裾を引っ張りながら、グーパーを繰り返し、指先をなじませている。
「え、江上、先生……」
「大学の先輩を殴っちゃいけないなんて、変な前例を作りたくないからさ、アタシも」
「せ、先生、僕に悪いところがあったのであれば、改めますので、ど、どうか暴力は……」
「暴力? 人聞きの悪いこと言わないでよ。女性から男性への鉄拳指導は、法の下に保障されてるんだから。うちの学校では特に推奨されてるし、新しい職員手帳にも書いてあるよね。知らないとは言わせないよ」
「は、はい……」
 則子の両手におどろおどろしい黒革が完全に装着されたのを見て、友弘はもはや覚悟せざるを得なかった。
「それじゃ、打てないでしょ。膝立ちしな」
 則子の革手が伸びてきて、友弘のネクタイをつかみ、さらに自分の方へ引き寄せる。
「くふううううっ……」
「なんて声出してんの、情けない……歯、くいしばんなよ」
「くうっ……」
 友弘は、殴るなら早く終わらせて欲しいと思いながら、奥歯を喰い締める。
「目は開けてな」
 女性にしてはドスの利きすぎた低い声を出す。目を開けると、黒髪の美貌が冷笑を浮かべている。友弘は美しく強い目力に耐えきれず、思わず首を少し右に向けてしまう。
「目ぇそらすんじゃないよっ」
 ネクタイがさらに引きつけられる。
「くううううっ……」
「アタシの目をみな」
 額から脂汗をタラタラと流しながら、視線を則子の双眸に戻す。則子の右腕がさっと上がったかと思うと、頬に強い衝撃を受ける。
「はぐうううっ……」
 想像していたより遙かに強烈な打撃で、脳震とうを起こしたようになる。
「おらああっ……」
 続いて手の甲で返すようにして、反対の頬にもう一撃が放たれる。
「ぐわううううっ……」
 さらにもう一発、かしぐ頬をカウンターぎみに打たれ、友弘は体ごと床になぎ倒された。
「ぎゃはうううっ……」
 口の中が血の味で満たされていく。殴られることは覚悟したが、このように手加減なしだとは想像していなかった。体がガタガタと震える。
「いつまでも寝てんじゃないわよっ」
 パンプスのヒールが友弘の腰を踏みつける。気づけば、則子は立ち上がり、革手袋の手を両腰に当て、鋭い視線で見下ろしている。
「す、すみませんっ……」
 友弘は頭をクラクラさせながら、正座の姿勢に戻り、広めに脚を広げて立つ女性上司の足元に視線を落とす。
「すみません? 何に対してすみませんなの、ねえ」
 パンプスのヒールが太股に刺さる。
「はがうううっ……」
 友弘は何を言えばいいのかとっさには思いつかなかった。
「聞かれてるでしょう、ねえ」
 則子はパンプスを左右にツイストさせ、ヒールをさらにねじ込んでいく。
「ぐわああああっ……」
 慈悲を乞い願おうと顔を上げるが、視線の先の美女は冷笑を浮かべるばかりで、容赦の気配などかけらも見当たらない。友弘は元後輩でいまでは恐ろしい上司になってしまった彼女に対して、何を言うべきか必死になって言葉を探す。
「私が、お、愚かでした……上司である江上先生に対して、うっかりタメ口を使うなどしてしまった自分を深く反省しています……こ、今後は、そのようなことが一切ないよう努めます……」
「アタシには、今後、最上級の敬語を使うこと。いい?」
 則子は興奮の吐息で肩を上下させている。
「……は、はい……」
「他の先生が見てる前でもだよ」
「……わ、分かりました……」
「生徒の前でもね」則子の顔に嗜虐的な笑みが浮かぶ。「女の子たちが見ている前でも、私に恭しく仕える態度でいなさい」
「あああ……」
「返事はあっ」
 革の手が拳になって、友弘の頭を殴りつける。
「うがあっ、はいいいっ……しょ、承知いたしましたあっ……」
「アタシが見逃してきたのをいいことに、さんざん調子に乗ってくれたよね」
 則子は女性特有の執拗さで、すでに完全に彼女の足元にひれ伏している男をさらに責め立てる。
「ほ、本当にすみませんでした……」
 友弘はどうにかして、解放してもらえないかと涙声を出す。
「ふん、それがあなたの謝罪?」
「あ、ああああ……も、申し訳ありません……」
 友弘はさらに頭を下げて、声を震わせる。
「床に頭をこすりつけてさ」腿を踏んでいた則子の脚がサッと上がり、今度は後頭部にのしかかる。「申し訳ございませんでしたって、言うのが本来の謝罪の仕方じゃないの? ねえ」
 アドレナリンが全開になった則子の勢いはもはや止まらない。
 友弘の額が冷たく硬い床に当たって、ゴンと音を立てる。
「うぎゃぐわあああっ……ひいいいっ……も、申し訳ございませんでした……江上先生……」
「それくらいさ、アタシに頭踏まれる前に自分からやってよ。馬鹿なのか? お前」
「い、いえ……は、はい……」
「馬鹿だよな、お前は。そうでしょ?」
「…………」
 頭を踏みつけられたまま、酷い言葉を浴びせられ、もはや男としてのプライドが崩壊寸前であった。
「ビンタから、もう一回やり直そうか?」
 天から注ぐような美しく冷たい声に我に返り、友弘は江上則子の恐ろしさを肝に刻み込む。
「お、仰るとおり、私が馬鹿でした……」
「でした? お前、やっぱり分かってないじゃない」
 則子は踏んだ頭を転がすようにして、そのまま友弘の頬を、横顔を床にさらに強く踏み込む。
「ゆがあああっ……ば、馬鹿です……いまも、そうです……」
「だから?」
「こ、この馬鹿を、どうか、心ゆくまで、ご指導くださいませ……え、江上則子様……」
 顔を踏まれた脚がようやく退かされ、友弘は生きた心地を取り戻す。

☆ 二

―――約一ヶ月後、十月某日。
 この日も、友弘は江上則子に指導室へ呼び出され、職務態度についてこっぴどく罵られ、平手打ちの体罰指導を受けていた。
「すっかりしょげかえっちゃって、可愛いわね」
 二つ年下の女性にそのように言われ、友弘は複雑な思いである。しかし、今や反抗的な態度はもちろん、彼女に対して、どのような意見も申し立ても許されないのだと理解し始めていた。
「せっかくだから、続きの指導をやろうか。それが希望なんでしょ?」
「え……あああ……」
 またもや暴力かと、友弘は気を滅入らせる。
「心配しないで。一日に何度も殴りはしないわよ。こっちだって痛いんだから」
 そう言いながら革手袋を外したので、友弘は少し安心する。さっきから続いていた隣の部屋のヒステリックな剣幕もいつの間にか収まったようだった。
 則子が立ち上がって、部屋のドアの内鍵を閉め、戻りしなスーツの上着を脱いで、テーブル椅子の背に掛けた。
「さあ、おいで」
 友弘の背中を叩いて、壁際のソファに腰掛ける。
 恐る恐る隣に座った友弘の体がグッと抱き寄せられる。
「あああ……え、江上先生……」
 友弘は、想像を遙かに超えた則子の力の強さに驚き、身をすくめる。則子の左腕に肩を抱かれ、淡い色のマニキュアが光る右手で、器用にネクタイが緩められ、シャツのボタンが上から外されていく。
「こ、困ります……本当に……」
 友弘は眉毛を八の字にして、まさしく困惑の表情を作り、則子に懇願の視線を送った。同じ大学とはいえ、学年学部が違うので学生時代はほぼ面識がなかったが、ミスキャンパスの優勝者として有名であった彼女のことはよく知っていた。しかし、その頃抱いていた清廉なイメージからは想像もできない暴力に続く、セクハラであった。
「ふっ」
 年下の美人上司は、友弘の困惑を鼻で嗤うようにして、かまわず彼のシャツの中に指を滑らせ、アンダーシャツの上から指の腹で乳首を弄り始める。
「はあぅ……」
 友弘は思わず、甲高い声を挙げてしまって恥ずかしく思う。
「ほら」則子が笑みを浮かべる。「体は正直じゃない。感じてるんでしょ。乳首、しこってきてるし」
 甘いコロンの香りを漂わせながら、友弘の左乳首をつまんで弄り回す。
「はぅあぁ……江上、先生……」
「そろそろ、下の名前で呼んでもらおうかなあ、アタシも」
 男性教師が女性教師を下の名前で呼んだのであれば、それは忠誠を誓っている証拠であった。
「あ、ああああ……先生……」
「ねえ、また殴られたいの……」
 則子は下着の中に手を滑らせ、友弘の乳首を直につまむ。
「はん、はぅあぁっ……の、則子、先生……」
「アタシのことはこれから、ずっとそう呼びなさい」
「……は、い……」
 女性上司の命令は絶対だ。他の女性教師や女生徒の前でも、則子先生と呼ばねばならなくなったことが確定し、友弘に諦めのような気持ちが訪れた。
「コチコチに勃ってきてるじゃない、乳首」
「はぅあああ……せ、先生、の、則子先生……もう……」
「敏感なんだね、ふふっ、その顔、クラスの子たちに見せてあげたいね」
「あぅはぁあ……の、則子先生、それは……そんなのだけは……」
 受け持ちの女生徒の前で弄ばれる自分を想像して、顔が熱くなる。
「こっちの方はどうなってるのかしら」
 則子の手がスルスルと下へ降り、ズボンのファスナーを開けて、ブリーフの上から、局部をまさぐり始める。
「うううっ……」
「ほら、大きくしちゃって。やっぱり触られて悦んでるんじゃない。正直だね、体は」
 則子の手が興奮で膨らんだ友弘の竿をグッと握り、上下にさするように刺激する。
「はううっ……ふあああっ……も、もう……やめて……ください……」
 付き合ってもいない女性にこのようなことをされるのは、たまらないと思った。
「やめないわよ。やめる理由もないしね」
 女性から男性へのパワハラ、セクハラは、指導の範囲であるならば法律的にも許容されている。
「やめてなんて言えるのは、アタシに忠誠が足りない証拠だよ。この可愛いお口で忠誠をしっかり誓ってもらおうかしら」
「はううっ」
 友弘の口を則子の唇が塞ぎ、唾液が送り込まれる。大きな肉厚の舌が、友弘の口腔の中で猛威を振るう。淫欲の衝動にだけ基づいた愛のないディープキスに蹂躙され、友弘の体から力が抜けていく。
「さあ、声を出して、アタシに忠誠を誓いなさい」
 則子の右手がブリーフの中に侵入し、友弘のペニスを直に握り直す。
「あはむぅっ……の、則子先生……ち、誓います……」
「何をっ」
 握った指にいっそうの力が込められ上下に強く擦られる。
「うくああわあっ……ちゅ、忠誠を誓います……の、則子先生に、ずっと従います、着いていきます……」
「今までみたいに、おざなりな態度は一切許さないからね、いいわね」
 則子の親指の腹が亀頭を押しつぶすように刺激する。
「は、はい……しょ、承知しました、くうううう……」
「何? これは?」
 ズボンから上げた右手の指に、先走りの液がヌラついている。
「あ、あああ……すみません……」
 友弘は、恥ずかしげに目を伏せる。
「生意気にガマン汁なんて出してんじゃないわよ」
 則子が先走り液の付いた指を友弘の口を無理矢理こじ開けるようにして突っ込む。
「はうぅ……」
「自分が出したものは、ちゃんと自分で処分してもらわないとねぇ。きれいに舐めな」
 友弘は、口の中に突っ込まれた則子の指を仕方なしに舌で触る。かすかに甘酸っぱい味がしたが、自身のものだと思うとさほど嫌な気持ちにはならなかった。
「ほら、フェラみたいに、やってみな」
 則子が自身の指を男根に見立てて、友弘の口に抜き差しする。
「はふううっ……はむぅ……」
 友弘は、責められる側の、受け身側の快感が少しだけなんとなく分かる気がした。そういう気分になると自分の方から、ちゅぱちゅぱと音を立てて、則子の指を舐めしゃぶり始めた。
「そうそう、もっとヤらしく、やってみせて」
 則子は手のひらを広げて、親指の先が、友弘の喉奥につかんばかりに押し込み、左右にグリグリと押し回した。
「はむうううっ、くむっ、くわはあっ……」
 友弘の吐きそうに苦しむ顔をしばし愉快そうに眺めたあと、則子はようやく指を出してやる。
「あーあ、私の指、ベトベトにしてくれちゃったね」
 則子は友弘のシャツの裾で、よだれだらけの指を拭く。
「す、すみません……」
「さてと……アタシに忠誠を誓うって言ったよね」
「……は、はい……」
 友弘は生唾を飲み込んで頷く。
 則子は年上の男部下を抱いていた左腕を抜くと、「じゃあ、さっそく態度で示してもらおうかしら」と強い口調で言い、友弘の前髪を鷲づかみにして、乱暴にソファから引きずり下ろした。
「あぐああああっ……の、則子先生……」
 もうそろそろ、解放してください……そんな目をして、友弘は則子を見上げる。
「何、その顔は。同情でも買いたい?」
 則子はそう言って、髪をつかんだ手を前後に揺さぶる。
「くわううっわっ……」
「だいぶ寂しくなってきたんじゃない? 貴重な髪の毛でしょ。いいの? ふふっ」
 則子は、薄くなってきた友弘の後頭部を覗き込むようにして言う。
「ぅううう……」
 友弘は密かなコンプレックスをあからさまに嘲笑われて、これまでのどの仕打ちよりも、辱めを受けた気持ちになった。
「の、則子先生の、仰るとおりに、し、従います……どうぞ、ご、ご命令くださいませ……」
「だよね……忠誠を誓うってそういうことでしょ」
 則子は立ち上がって、タイトスカートを下ろし脱ぐと、友弘に渡した。
「あ……」
「これから、度々、やってもらうことだからね、訓練だよ」
 友弘は、則子の命令に従い、スカートを軽く畳んで、ソファの空いたところに置いた。
「Sit !」
 則子が、英語教師らしい、ネイティブに近い発音で叫ぶ。
「……」
「何、ボーッとしてんのっ」則子のビンタが炸裂する。「そう言われたらさ、アタシの足元に正座だろっ」
 まるで犬みたいだ、と思いながらも友弘は渋々従う。
「もっと、すばやくっ……少し調教が必要だね……」
 そう言いながら、則子はにやりと笑った。
「Garter !」
 戸惑う友弘に、則子は、「一度だけしか、言わないよ」と鷹揚な態度で言い、ガーターベルトの外し方を教えた。
 ガーターベルトが外れると、則子は黒いショーツを脱いで、それを友弘の後方に放り投げた。
 唖然とする友弘に、「ほらあっ」と声を荒げ、平手打ちを食らわせる。
「くわううっ……」
「ご主人様のショーツを取ってこないかっ。忠実な犬だろ、お前はアタシの」

 

S女小説 荒ぶる女神たち「不用僕の運命」