妄想ショット

夫のしくじりを容赦しない鬼妻


333

「も、申し訳ございません」

必死で謝る夫に妻は容赦の無い平手打ちを浴びせる。

「タバコは切らすなっていってあるよね」

「は、はい……うっかり買い忘れてしまいました。申し訳ありません……」

「オマエのそのうっかりはいつになったら直るの?」

気が収まらない妻は、夫の頬を三十分近く連続して打ちまくる。

口の中が切れ、鼻骨が折れようが、かまわない。

このバカ亭主は、職を持たない能なしだから、体裁をいまさら気にする必要も無い。

私の気分で殴りたいだけ殴り、気が晴れるまで罵倒する。

「ど、どうか、もう……このくらいで、お許しくださいませ……」

「オマエみたいなバカは、死ななきゃ分からないのよ。いっそ殴り殺してあげようか?」

「ど、どうか、命だけはお助けくださいませ……」

「今度、タバコを買い忘れたりしたら、これくらいじゃ済まさないわよ」

「は、はい……承知いたしました。マダム……」

「顔の血を拭いて、服を脱いで素っ裸になって、私のブーツを舐めなさい」

「はいっ、あ、ありがとうございます」

「せっかく与えてもらったチャンスを無駄にするんじゃないわよ。私がいいというまで舐め続けなさい。この馬鹿犬が」

「は、はい……かしこまりました……」

「仕上がりが私の気に召さなかったら、オマエのその生白い背中を鞭で血だらけにしてあげるわ」

WS001929

My Sadistic Girlfriend sado-ladies.com


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)