Kindle小説サンプル

S女小説 アマゾネスウェーブ「血潮の女権革命」


S女小説 アマゾネスウェーブ「血潮の女権革命」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

女性幹部が支配する海自艦船内で、恨みを含んだ矯正指導を受け続ける男子隊員の物語

五十歳を目前にして、二曹への昇任試験に失敗した糟屋肇三曹は、海上自衛隊の特別練習艦《ひめぎく》への転属を命じられた。万年三曹の肩たたき船と言われる《ひめぎく》を実質的に運用しているのは「WAVE(ウェーブ)」の略称で呼ばれる女性自衛官たちであった。他艦で女性に不利益な事件が起こる度に、女性艦長が定める艦の規律は、男性クルーに厳しい内容へと更新されていったが、糟屋肇が乗船した直後、それはこれまでとはまったく違った次元の「特別指導体制」へと引き上げられたのだった。

第一章 直属上司はうら若き乙女

第二章 男の非力を嗤う女海士達

第三章 完全女性上位体制の発令

第四章 上級幹部の部屋付当番へ

本文サンプル

第一章 直属上司はうら若き乙女

☆ 一

くれですか……やはり……」
糟屋肇かすやはじめはうなだれる。
「はい、基地は呉ですが、そこから北上する艦船ですので。お体に気をつけて」
 辞令書を渡した女性事務官は、微笑を浮かべながらも感情を抑えるようにして言った。極めて事務的な態度だった。
「ありがとうございます。長いことお世話になりました」
 二〇代半ばの女性事務官に一礼して四十八歳の海上自衛官は建物を出る。
 佐世保基地の敷地内ベンチに腰掛け、港に浮かぶヘリコプター搭載型護衛艦を前に、濃紺の作業着に忍ばせておいた缶コーヒーを開ける。春の昇任試験前に同僚から言われた言葉を思い出す。
―――糟屋、俺たちたぶん、これがラストチャンスだぞ。ここで、二曹に上がっておかないと、《ひめぎく》行きになっちまうぞ……
 《ひめぎく》は、五年前から運用が開始された特別練習艦で、その主な目的は女性幹部(士官)の指導力強化および女性曹士の実践力鍛錬にあった。そして、《ひめぎく》にはもうひとつの役割があるというのがもっぱらの噂だった。それは、任務遂行能力の低い中高年の万年三曹を肩たたきすることである。同僚は続けた。
―――いいか糟屋、俺たちはもうじき五十だ。しかも、俺もお前も体格の面でハンディがある。おまけにお前は独身ときてる。このまま三曹のままだったら、近いうちに《ひめぎく》行きになるのは確実だよ……
 同僚は試験間近になってもなかなかやる気を示さない肇の肩を叩いた。
―――なあ……《ひめぎく》行きになった連中がどうなるか知ってるか? 年下の女に奴隷みたくこき使われるんだぜ……
 にわかには信じがたい話だった。
―――そんな馬鹿なって思ってるだろ……だって現に《ひめぎく》にいったん乗って無事に復帰できた人間なんていないんだから。みな音を上げて自主退官するか、女たちの万年奴隷だよ……
 結局、危機感を募らせたその同僚は二曹に無事昇格した。彼の言葉どおり、肇だけが《ひめぎく》が待っている呉基地行きを命じられたのだった。
「噂だろ、そんなの。誰かがつくった……」糟屋肇は、目の前の護衛艦がたなびかせる旭日旗を眺めて、生ぬるい缶コーヒーをあおった。「そんなことあり得ないじゃないか……」自分に言い聞かせるようにつぶやき、アルミの缶を握りつぶす。

―――二週間後。
 呉基地に到着した糟屋肇は赤煉瓦庁舎の門をくぐり、指定された個室で待機する。衣類や生活品をつめたビニルバッグを椅子に置き、壁に設えられた鏡の前に立つ。いつも濃紺の作業着ばかり着ているので、白い制服姿がなんだかぎこちなく映る。また少し痩せた。ベルトの穴がもう一つ奥になった。女だらけのふねに乗せてもらえるなんて、かえってありがたいことだ、などと強がってはみたものの、心のどこかで怯えている自分がいた。転属を言い渡された日から、食欲が急激に落ちて、体重は五〇キロを切ろうとしていた。
 肇はバッグの隣の椅子に腰掛け担当者を待つ。
 ほどなくしてノックの音がした。
「はいっ」
 肇の返事を聞いて、ドアが開く。純白の海自制服に身を包んだ若い女性が入室してきた。肇は彼女の肩に階級章があるのを見て、すばやく立ち上がり、敬礼する。
「か、糟屋肇三曹です。佐世保基地より、この度こちらに着任することになりました」
 しなやかな動きで答礼した女性幹部は、着席するよう促し、自分もテーブルを挟んだ向かいに座る。
「二階堂です。よろしくお願いします」
 二階堂留美三尉はやや緊張気味に口を開く。一昨年、防衛大学校を卒業し、一年に及ぶ幹部候補生学校での教育訓練を経て、国内巡航に続く遠洋練習航海を終えた二十四歳は、海の職場にようやく慣れつつあったが、自分の父親ほどの年齢の男性を直接の部下として迎えるのは初めての体験になる。
「こ、こちらこそ、よろしくお願いいたします」
 肇は遠慮がちに留美の顔を見る。いくら年下の女性であろうが、上官と話すときには目を逸らしてはならない。整った面立ちに意思の力をもたらしているのは二重まぶたの澄み切った双眸であり、品位を与えているのはスッと通った鼻筋だった。四十八歳の独身男にはまぶしすぎる美しさだった。
「もう承知かと思いますが、私たちと一緒に乗ってもらうのは、特別練習艦の《ひめぎく》です」
 練習艦は、士官教育のために使用される艦で、通常護衛艦タイプの艦船が使用される。自衛隊で使うので護衛艦などという婉曲な呼称を与えられているが、要は軍艦である。国際法上もそう呼ばれている。
 ひめぎくの乗員は、総員約一五〇名。うち一割ほどが幹部で、艦長、副長をはじめ幹部は全員女性だという。肇が噂で聞いた通りだった。
「はいっ」
 肇は留美が説明の間を置くたびに、目を見て、好印象を与えるための返事に努める。思ったよりすんなりと年下の女性上官を受け入れている自分に驚く。
「なにか、ご質問は?」
 艦について一通りの説明を終え、留美が聞く。
「あ、あの……男性の乗組員は、やはり私のような年代ばかりの……」
 言い淀む肇に留美は多少苛立ちの表情を見せて、首をかしげる。
「い、いえ、すみません……なんでもありません……出航は、いつでありましょうか……」
「明日です」
「明日!」
「ええ……じゃあ、もう、行きましょうか、艦へ……あとのことは、中に入ってからの方がいいでしょうから」
 皆の前で聞きにくいことがあればと思って、事前に個別の時間を取った留美だったが、ここで打ち切ることにした。
「はいっ、よろしくお願いいたします」
 そう言って深々と頭を下げる肇に、留美の方は軽く会釈を返すと立ち上がり、キビキビとした動作で部屋を出て行く。中年海曹は荷物を抱えて、慌ててあとを追う。立ち上がってみて、自分がいかに背の低い男であるかを痛感させられた。前を歩く女性は、特段高いヒールを履いているわけでもないのに、自分よりかなり上背がある。

 艦に入ればなおさらだった。大きな女たちの指揮、指導で小さな男たちがちょこまかと動いている。
 女性艦長の意向で女性隊員は身長一六五センチ以上を中心に、男性隊員は一六〇センチ以下限定で選ばれていた。
「男性の部屋は、少し狭くて申し訳ないんですが……」
 そう言いながら留美が案内した下甲板の男子科員室は、通常の護衛艦が備えている三段ベッドとロッカーの雑居区画だったが、確かにスペースにしてもベッドの規格にしてもやや小ぶりだと、肇は思った。事実そのとおりで、すべては女子の科員室にゆとりをもたせるためのしわ寄せであった。
「い、いえ、大丈夫です……」
 肇は自分ひとりだけが、稼働中の艦にあとから乗ることが初めての経験だったので、そのことについて尋ねた。
「いえ、糟屋さんだけじゃありませんよ。この班にも、他の班にも転属は多数います。昨日も、その前も、搭乗日がずれているだけで。ただ、私もまだ乗ったばかりで詳しくは知りませんが、この艦は特別で、独自のルールも多いと聞いています……なんにしろ、糟屋さんだけではありませんから」
「そ、そうですか……」
 安心していいのかよくわからない返答だったが、肇は了解したように何度か頷いた。
「じゃあ、上がりましょう。みな、明日の出航に向けて、準備を進めていますから……作業服に着替えてください」
「はいっ」
 濃紺の上下に着替えて、連れて行かれたのは食料の搬入現場だった。いったん露天甲板に上がった後、岸へかけたタラップを降りる。大半の食料は搬入済みだったが、このトラック一台分が最終到着便とのことだった。
「彼、新しく入った糟屋三曹」
 留美が長身の女性二曹に紹介する。
「あ……」
 肇は絶句する。七年前、佐世保の部下であった岩村亜美だ。当時は十九歳でまだ一士だった。しかし目の前の帽子と腕の階級章は肇より上の二曹だ。二十六歳にして、四十八歳の肇を追い抜く出世である。
 亜美も一瞬驚いた様子だったが、「どうも。お久しぶりです」と努めて冷静を装い、「そこに入ってお願いします」とバケツリレーの列に、かつての上司を嵌め込んだ。
「お元気でしたか……」
 そう言いかけた肇を制し、そんな悠長な話にいま付き合っている暇はないとばかり、「はいっ、スピードあげてえっ、間に合いませんよ、そんなんじゃあっ」
 亜美は、痩せて小柄な中年男たちが汗をかきかき、食材の段ボールを搬入する列へ大声を浴びせる。
「はいっ」
 声を揃える男たちに、肇も慌てて返事をあわせ、作業に参加する。
「じゃあ、岩村さん、よろしく」と留美。
 敬礼する亜美の姿をチラリと見た肇は、彼女の成長ぶりに驚いた。自信を持って任務に当たっている気概が伝わってくる。このふねにいる女性は、すべてそうなのかもしれない。肇は、早くも荷物を運ぶ腕にきつさを感じながら思った。これまで男中心の職場で見てきた女性隊員たちとはちょっと違う。

☆ 二

「これ、マジで間に合わないですねえ」
 白い制服に制帽、ズボンを履いた岩村亜美が、汗まみれになって働く男たちの脇を大股で歩きながら、これ見よがしに言うと、大きくため息をついた。どうやら、艦上では女性は制服(夏は白、冬は紺)、男は作業服の濃紺になっているようだ。
 亜美が無線電話で応援を要請すると、すぐに甲板から、四人の女性海士たちが降りてきた。やはり、白の上下で、全員が亜美と同じかそれ以上の長身だった。体躯はみな一見スリムに見えるが、屈強さを感じさせる。日々、鍛錬を怠っていないことは、動きを見れば分かる。全員が若く、二十代前半だ。女たちは、男の列と平行になるように別の列を組み、亜美の指示を待つことなく、率先して食料を積み込み始めた。男の列より一人少ないにもかかわらず、彼らの倍近いスピードで荷物が次々と運び込まれる。
「はい、男性、頑張ってください」
 亜美がパンパンと手を打ちながら、一人ひとりに発破をかけていく。
―――屈辱的だ……
 肇は頭ではそう思いつつも、体の方がついていかない。他の男たちも似たり寄ったりだ。圧倒的な女性たちの馬力を目の当たりにして、もはや諦めの気持ちが生じたのか、安堵したのか、中年男たちが運ぶ荷物はさらにスピードを落とした。
 そうするうちに、さらに他の部署からも、体力の有り余った女性海士たちが降りてきた。
「はい、じゃあ、男性さん、作業やめえっ」
 亜美は、肇たちに手を止めさせ、彼女たちに取って代わらせた。
「どうしたの?」
 通りがかった井村文乃一尉が仕事にあぶれて所在なくしている男たちに目をやって尋ねる。二十九歳の彼女は、肇が所属する第二分隊の分隊長である。男たちは文乃の存在に気づくと敬礼をして、その場で直立不動の姿勢を取る。肇も慌てて皆にあわせる。
「あ、分隊長……」
 岩村亜美二曹から事情を聞き終えた井村文乃一尉は、腕組みをして男たちの列の前をゆっくりと歩く。
「きちんと整列しなさいっ」
「はいっ」
 しとやかなルックスに似合わぬ大声に驚き、男たちはバラバラだった間隔を整える。肇も左右を見て自分の立ち位置を調節する。
「気をつけええっ」
 さらなる大声に男たちはびくついて姿勢を整える。
「休めっ……その姿勢のまま……女性たちの仕事ぶりを見ていなさい」
 長い睫を持つ女性一尉は、男たちにいくぶん侮蔑が交じった視線を放ちながら言う。
「はいっ」
 目の前で若い女性たちが食料の段ボールを次から次へ艦内へ運び込んでいる。声を出し合い、溌剌とした雰囲気で、肇たちのような悲観的な態度はみじんも見られない。
「あなたたち、どういう状況か分かってる? 仕事を取り上げられたのよ」
「はいっ……申し訳ありません」
 返事までは揃っていたが、その後の謝罪の言葉はバラバラにしかも尻切れトンボの調子に終わる。それが覇気のなさに映り、普段は物静かな井村文乃一尉の怒りを誘う。
「ねえ、情けないと思わないの? いい年した男が。揃いも揃って」
 十も一回りも、あるいはそれ以上も年下の女性に強い説教を受けても、男たちはまったく反論などできない。艦の中は完全なる階級社会であるからだ。
「あれ、なんの荷物運んでるの? ねえ、寺井三曹」
 文乃は、目の前で顔をこわばらせている五十過ぎの貧相な海曹をねめつけて言う。
「あ、はっ、食料です、だと思います」
「だよねえ」
 文乃は中年男たちを見回してひときわ大きな声を出す。
「自分たちで食べる物資すら、まともに運べないってどういうことよ」
「はっ……申し訳ありません」
 肇は多少うんざりした表情で皆にあわせる。他にもそのような態度を示した仲間がいたようだった。
「なに? なにか不満?」
「いえっ……申し訳ありません……」
 男たちに悲壮な雰囲気が漂う。
 そのとき文乃一尉に無線が入る。
「了解、すぐ行きます」
 レーダー部署で新規格の機器導入の際にトラブルが生じたようだった。機器管理に詳しい文乃一尉のアドバイスを受けたいとの要請だった。
「岩村さん」文乃は、岩村亜美二曹に声を掛ける。「彼ら、作業が終わるまで、このままで」
「はいっ」
 亜美の敬礼を受け、井村文乃一尉は甲板に戻っていった。

「ごくろうさま」
 岩村亜美二曹は、トラック一台分の食料を積み終えた女性海士たちをねぎらうと、惨めに整列させられている中年男たちを眺めやる。
「ねえ……こんなんじゃ、先が思いやられますよ」
 一七〇センチを越す長身の二十六歳が一人ひとりの顔をざっと見渡しながらあきれたように言う。肇は心なしか、自分を見ている時間が少し長かったように思えた。
「はいっ……も、申し訳ありません……」
 脚を少し開き、後ろで腕を組んだ四十、五十の男たちは、うつむきかげんで声を絞り出す。二十六歳の女性二曹に行動を支配されていることに恥ずかしさを噛みしめている。彼女の元上司であった肇はなおさらだった。
「甲板に上がって、あなたたちにでもできる作業をやりますから。今度は真剣に取り組んでくださいね」
「……は、はいっ……」
 幾人かはその言われ様に納得がいかない様子だった。
「いいですねっ」
 亜美は返事のやり直しを命じるように強い口調でもう一度問う。
「はいっ」
 男たちは悔しさをにじませながらも今度は声を揃える。

 課業を終え、一七時ちょうどに夕食が始まる。肇たちの班の順番になり、食堂へ降りて金属製のトレーを取ろうとすると、すぐ後ろに並んでいた同じ班の寺井という男が、「あ、それは女性専用だ。男子はそっち」と一回り小さなトレーを指さした。肇は一瞬絶句したが、「あ、どうも」と小さな声で言いながら、寺井に頭を下げると、目の前で仕事をしている女性の給養員(調理係)の目に遠慮し、小さなトレーにふさわしい控えめな盛りで、肉や野菜の料理を装っていった。

「いや、まいったね。驚いたでしょ」
 寺井がトンカツのソースをつけた口で、肇に言った。五十二歳の寺井は同じく三曹であるが、彼はもう一年ほど、この《ひめぎく》に乗り続けているという。
「はい……びっくりしました。女性が天下のふねだとは聞いていましたが」
「でもね、こんなもんじゃないよ。あの二人はまだ優しい方だよ。怖いのは先任伍長だ」寺井はあたりを見回し、他の科員たちが集まってきたのを見て声を潜める。「もちろん女だけど」
「そ、そうなんですね……」
「とにかく、この艦では絶対、女に逆らっちゃいけないよ」

 ほとんどの雑用は男子科員の仕事である。寺井は食卓番として皿洗いに従事し、肇は食堂の床を拭き掃除する。女性下士官の監視の目があるので、もちろん手を抜くことなどできない。

 床掃除などの雑用を終えた肇が、ようやく風呂に入り、科員室に戻ってベッドの上に疲れた体を横たえていると、周囲が慌ただしくなる。
―――もうこんな時間か……
 時計を見ると一九時半、巡検の時間だ。同じ班の六人が揃って、廊下に並び、整列する。

 

S女小説 アマゾネスウェーブ「血潮の女権革命」


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)