Kindle小説サンプル

S女小説 アマゾネスウェーブ3「女軍支配の奴隷艦」


S女小説 アマゾネスウェーブ3「女軍支配の奴隷艦」を電子書籍として出版しました。

内容紹介

海自練習艦《ひめぎく》内外で、女性自衛官による指導という名の暴力に怯え震え続ける男子隊員たち

アマゾネスウェーブ2「矯正指導を厳となせ」続編(最終編)

女性海上自衛官=ウェーブが支配する練習艦《ひめぎく》。日が経つほどに、彼女たちの男曹士に対する指導は厳しくなっていくばかりだった。特に自分たちよりも明らかに能力の低い中年曹に対する扱いは酷く、糟屋肇やその仲間は、肉体的にも精神的にも壊れる寸前まで追い込まれていく。男たちは部下というよりももはや女性隊員たちの奴隷としてひたすら奉仕、忍従する日々を強いられた。そんな地獄のような《ひめぎく》の中にあって、肇らにとって、唯一の頼れる女性上司、癒やし的存在が二十四歳の美人分隊士、二階堂留美三尉だったのであるが……。

第九章 便器を舐めろと命じられ

第十章 格闘訓練という名の虐待

第十一章 血に飢えた女上官たち

第十二章 極東の港に口開く地獄

本文サンプル

第九章 便器を舐めろと命じられ

☆ 四十一

「死にたくなったら……」先任伍長の杉浦香織が、足元で彼女のブーツのつま先を舐めている本木に言う。「いつでもアタシのところに来なよ。ひと思いにやったげるから」
 本木は返事をする代わりに、ペチャペチャと舌音をいっそう強く立てる。
「そう、死に物狂いでやんな」ハスキーな香織の声が艦のエンジン音に交じって船艙の狭い機械室倉庫に響く。「死ぬ気でやればなんだってできるでしょ」
「は、はいっ、伍長殿……」
 肇も本木に負けじと、香織の左足ブーツのつま先から側面に唾液をまぶしていく。

 香織からの無線電話で、分隊長の井村文乃一尉とその補佐役である二階堂留美分隊士が上甲板から船艙に降りてきた。直前に、靴舐めを解放された肇と本木が固い倉庫の床に正座したまま首をうなだれている。
「あれで……」香織が天井の管から垂れ下がっているロープを指して言う。「首を括ろうとしたようです」
 二人がどのような反応を示すのか知りたくて肇は少し顔を上げ、上目遣いに伺う。二階堂留美は驚きの表情を見せたが、井村文乃分隊長は、一瞬目を見開いただけで、続きの説明を待つように長い睫の瞳を香織に向けた。二人とも言葉がない。
「指導がよほど堪えたのかもしれませんが……ただ……」
「ただ?」
 文乃一尉がそこでようやく声を発する。
「本当に死ぬ気はなかったようです……」香織が苦々しそうに本木を見下ろす。「どうも、はったりのようで……こういうのが一番たちが悪い」
「そうなのね……」
 井村文乃一尉はつぶやくように言うと、反論は許さぬと言った視線を本木に送る。
「念のために医官に相談しては……」
 二階堂留美がたまりかねたように口を開く。
「私としては……」香織は文乃と留美を交互に見る。「むしろ、今回の彼の行為は、艦の《特別指導体制》への妨害、もっといえば侮辱として受け止めているのですが」
「そ、そんなことは……」
 本木が焦って、女性たちを見上げ首を振る。助けを求めるように肇にも視線を寄こす。
「は、い……そ、そういうことは、ないと……思いますが……」
 肇は恐る恐る本木を擁護する。一歩間違えると自分に火の粉がかかる状況に声が震える。
「確かに……」井村文乃が言う。「杉浦伍長のおっしゃることはよく分かります」
「分隊長……」
 留美が、男たちのうろたえる様を見て、文乃に声を掛ける。
「二階堂さん」文乃が留美をたしなめる。「ここは大切なところだよ。ここで甘い顔見せると、艦長たちが今まで苦労してやられてきたことが台無しになるかもしれないわ」
「ええ」香織がすかさず同調する。「甘やかせば、いくらでもつけあがりますから、彼らは」
 上司や先輩格の二人にそこまで言い込められると、留美としてももはや言葉がなかった。
「それで……」香織が言う。「本木はしばらくまた私のところで、預からせてもらえませんか」
「分かりました。お願いします」二十九歳の分隊長が、三十八歳の先任伍長を頼もしそうな目で見る。「上には私の方からいいように説明しておきます」
「助かります」
 香織は文乃一尉に礼を述べると、肇にロープや一斗缶を片付けるよう命じ、本木を連れて倉庫を出て行った。

「糟屋」
「は、はい……」
 井村文乃一尉に呼ばれ、肇はすぐに気をつけの姿勢を取る。もはやこの艦の女性に糟屋三曹などと職位込みで呼ばれることはなくなった。
「今回の本木のことは他言しないように」
「は、い……承知いたしました……」
「真似する馬鹿が出てこないとも限らないからね」
「はいっ……」
 肇は紺色の制服に身を包んだ麗人に忠誠を誓うように敬礼する。

 艦内放送により、本木を捜索していた二十三班の男子隊員は全員、午前中の持ち場に向かうよう指示を受ける。今日も厳しい課業がさっそく開始されるのだ。
 船艙よりひとつ上の甲板にあるトレーニングルームに向かう途中で、肇は寺井とすれ違う。
「よう、結局、どこにいたんだよ、本木は」と寺井が声を掛けてくる。
「あ、ああ……それが、どうも、杉浦伍長に直接指導受けて、船艙の談話室を掃除していたみたいで……」
 肇は女性上官たちに指示を受けた通りの説明をする。
「なんだよ……じゃあ、お嬢さんの勘違いじゃねえかまた……」
 寺井は二階堂留美三尉のことを懲りずにそのように言った。
「やめといた方がいいって、寺井さん、本当にそういう言い方は……」
 いつになく真剣な肇の口ぶりに一段と頭が薄くなった中年曹の笑みが陰る。
「どうした……しっかしよ、本木を探し回ったおかげで朝飯抜きだよ……」
「しょうがないですね……急がなくちゃ、もう……」
「ああ、だな」
 それぞれ陰鬱な気分で持ち場に向かう。

☆ 四十二

 正式には保養室と呼ばれるトレーニングルームは、十畳ほどの広さがあり、ベンチプレスやトレッドミル、懸垂棒、サンドバッグなど、筋肉を増強する設備が所狭しと並べられ、奥の方には、柔軟体操のできるマットレスも二枚敷かれていた。ここの掃除が肇の担当である。
 奥で女性がベンチプレスを挙げている。それが天海渚艦長であることに気づき、肇は焦る。
「あ、し、失礼いたしましたっ……」
 毎日、筋トレを欠かさないというのは本当のようだった。
「これから清掃を命じられているのですが、いかがいたしましょうか……」
 肇は長袖Tシャツと短パン姿で汗を流す渚艦長に恐る恐る伺いを立てる。ラフな装いの中にあっても格調や威厳という彼女の魅力が損なわれることは一切なかった。
「もうすぐ終わるから、始めてていいわよ」
 肇には到底挙げられそうにないような重さのバーベルを上げながら渚が言う。額からは玉の汗がこぼれている。
「は、はい……すみません、じゃあ、向こうの方からやらせていただきますので……」
 用具ロッカーからモップを出し、床を磨き始める。
 ほどなくして扉が開き、数人の女性たちが入室してくる。
「あ、お疲れさまですっ」
 モップを片手に敬礼をする肇の視線の先には、岩村亜美二曹がいる。班員の女性海士三名も一緒だ。
 四人の曹士は肇を無視して、奥でベンチプレスに励む艦長へ挨拶に行く。
「天海艦長、相変わらず凄いですね」亜美が感心して言う。「何キロを挙げているのですか」
「七十よ」
 渚艦長は挙げたバーベルをホルダーに戻すと上半身を抜いて、ベンチに腰掛けた。
「わたくしは六十までですね」
 亜美がそう言うと、伊丹冴子士長も「私もです」、川村仁美二士も「私も六十ですね」
「毎日続ければもっといけるわよ、あなたたち若いんだから……竹内一士だったっけ? あなたは相当いくでしょう」
「そ、そうですね……八十くらいまでなら」
 艦長に直接話しかけられ、やや緊張気味に応える。日本人男性の平均値が、四十五から五十キロだから、彼女たちの筋力レベルがいかに凄まじいかがわかる。
「凄いね、やって見せて」
 渚艦長がベンチを立ち上がり、竹内玲奈に譲る。
「糟屋っ」と岩村亜美二曹が肇を呼びつける。
「ウェイト、十キロ足して。できるよね?」
「は、はい……」
「計算できるのか?」
「あ、はいっ……」
 馬鹿にしきった口調の亜美に愛想笑いを送ると棚から五キロのウェイトを取ってバーベルの片側に装着する。
「一つずつとってくるんだ」
 仁美があきれたように言うと、冴子も、「それくらい、まとめて持って来いよ。どんだけ非力なの?」
「す、すみません……」
 八十キロに増量されたバーベルを玲奈が持ち上げる。Tシャツの袖から白い筋肉が盛り上がっているのがわかる。
 女性たちから歓声が上がり、渚艦長も「さすがだね」と笑い、首にかけたタオルで汗を拭うと、「じゃあ、頑張って」と言い残して出口へ向かった。
「お疲れさまでしたっ」
 艦長の背中に女性隊員たちが次々に挨拶を送る。肇もそれに交じって、頭を下げながら声を出す。
「お、お疲れさまでございました……」
 七十キロに落としたバーベルに岩村亜美二曹が挑戦し、「くううっ」と声を挙げながら何とかクリアした。
「班長、さすがですね」
 感嘆の声を挙げた伊丹冴子、川村仁美の二人は、六十キロにトライし、揃ってクリアした。
「ところでカス、お前は何キロ上がるの?」
 腕組みをした岩村亜美二曹が、モップ掛けに戻った肇を見据えて言う。
「いえ、そんな……私は、ぜんぜんです……」
「ぜんぜんってどのくらいだよ」
「あ、あまりやったことないので……」
 《ひめぎく》に載せられるような中年曹が自分からトレーニングルームに向かうようなことはまずなかった。
「ようし、じゃあ、測定だ」
「で、でも、わたくしは掃除が……」
「ここを監督してるアタシがやれっていってんだよ。いいからやれよ、命令だ」
 岩村亜美二曹が声を荒げる。
「は、はい……」
 川村仁美にモップを取り上げられ、六十キロのバーベルの下に潜るよう命じられる。
「こ、こんなのとても……」
「男でしょ。しかもいちおうは自衛隊所属の」八十キロを挙げた竹内玲奈一士が呆れたように言う。「六十くらいあげようよ」
「ほら握って」
「は、はい……」
 鉄棒を握って力を込めるも、これを彼女たちがやるように腕を伸ばしきって持ち上げることなど無理だ。しかし命令ならばとりあえずやるしかない。渾身の力を込める。
「ふくううううっ……」
 バーベルがわずかに上がったが、すぐ力尽きて元に戻す。
「なんだよ、それえ」
「ふざけてんの? お前」
 女子たちが騒ぐ。
「す、すみません……」
 ウェイトが五十キロに落とされる。
「さすがにこれなら挙がるでしょ」
「は、はい……」
 しかし胸の上に腕を伸ばしきって静止させるには至らない。
「も、もう駄目です……」
 肇はこれほどの動作で乳酸を出しきってしまう自分の筋力を情けなく思う。
「嘘でしょ」
「ちょっとお、引いちゃうレベルだね……」
「マジ、キモい」
「どんだけ非力なんだよ」
「よ、四十キロなら、たぶん大丈夫だと思います……」
「当たり前だろ」
「そんなの部活やってる女子中学生でも挙げちゃうよ」
 あまりの腑抜けぶりに白けムードが漂う。
「ちょっと待って。カス、お前、四十キロいけるって言ってるけどさ、本当だろうね」
 亜美が仁美に指示して、バーベルのウェイトを四十キロに落とした。
「挙げてみろ」
「は、はい……」
 バーを握ってゆっくりと挙げていくも、続けざまのリフティングで力が入らない。
「え、マジですか?」
「腕、もうガタガタ震えてるし」
 渾身の力を込めて、腕を伸ばしきったつもりだが、すぐに力尽きて、バーベルを戻す。
「なんだよそれ、最低三秒は止めなきゃ。はい、もう一回」
―――あああああ……
「絶望的な顔すんじゃないよ、これくらいで。何やってんの、お前」
「やれよ、早くっ」
 岩村亜美が短パンから伸びた長い脚を上げて、肇の腹を靴で踏み込む。
「あぐううっ……は、はいっ……や、やりますぅっ」
 渾身の力を込めるもバーベルが二度と上がることはなかった。
「糟屋、お前、そんな非力で、いざいくさとなったらどうすんの?」亜美がため息混じりに言う。「ウチらの背中に隠れて、そうやって泣くのか?」
「目に涙一杯貯めちゃって」
「同情引こうっていう気がヤらしいわ」
「班長、気合い入れ直してあげましょうよ」
 女性海士たちが、岩村亜美班長をけしかける。
「ようし、立て、お前」
 ベンチプレスを降り、恐る恐る立った肇の首に亜美が腕を回して、ヘッドロックで固め、マットレスの方へ連れていく。
「うくあああああっ……許して、ください……」
 豊満な乳が顔を覆い、母のような柔らかさや暖かさを感じる一方で、力強い腕が容赦なくグイグイと首を締め付ける。
―――はあうううう……
 Tシャツに短パン姿の亜美は壁を背にして尻を床に着け、大きく広げた股の間に肇を仰向けに寝かせて、あらためて首を締め上げる。
「あうう……は、班長、殿……ど、どうか……」
 プロレスファンの竹内玲奈一士が寄ってきて、チョークスリーパーの形を亜美に教える。首の下にL字に通した右腕の手首を縦に曲げた左腕で固定し、力を加える。
「締め落としちゃおうか」
―――くふううううっ……
「班長、こういうのもありますよ」玲奈がそう言って肇の両脚をとると4の字に交差させて短パン姿の長い脚を絡める。「4の字固めだあっ」
―――うむおおおおおっ……
 すねが折れんばかりの痛みに肇はのたうち回ろうとするも、首を亜美にしっかり固定されており、悲鳴を上げることもままならない。
「竹内一士、脚へし折っちゃっても平気だよ。こんなやつ、使い物にならないんだから」
 亜美はそう言って、少しだけ首を緩めてやる。
「そうですか……」
 玲奈が笑いながら脚に力を入れる。
―――ぎゃああああああっ……
「うるさいよ、お前はっ」
 伊丹冴子士長の靴が、肇の腹を踏む。
―――うくうっ……
「ちょっと力入れただけで、痛いんですね。脚4の字って」
 川村仁美二士が感心するように言う。
「やってみる?」
 玲奈がようやく脚を外し、肇はホッとするも、すぐにスレンダーな仁美の脚が絡みついてくる。
「こうやって、そこに脚かけて、つま先をコイツの太股の裏に入れて」
「こうですか……」
―――くうううううっ……
「そう、それで、少し力入れてみて」
―――うがあああああああっ……
「うるさいよ、お前はっ」
 肇の大きな叫びにムカついた亜美が腕に力を込めて締め上げていく。
―――うくうううああうううむうう……
 肇の意識が静かに遠のいていく。

「ほらっ、起きなっ」
 頬の痛みに肇が目を開けると虹のイラストが入ったTシャツを着た川村仁美二士が馬乗りになって往復ビンタを放っている。
「はううっ……ああああ……」
「やっとお目覚め? 大いびきかいちゃって」
「きれいに落ちちゃったね」
 肇は目をぱちくりとさせる。股間が少し湿っているのを覚える。
「あああああ……す、すみません……」
「掃除だろ、お前の仕事は」仁美が立ち上がり、肇の脇腹を軽く蹴る。「早く続けなよ」
「は、はいっ」
 頭をクラクラさせながら立ち上がり、壁に立てかけておいたモップを手に取って、床掃除を再開する。肇が気絶している間に、女性たちは皆、筋トレ器具やサンドバッグなどを使って一汗かいたようで、部屋の匂いが一段と濃くなっている。
「きょ、今日もご指導ありがとうございました……」
 肇は入り口に立ち、部屋から出て行く女性上官たち一人ひとりに頭を下げる。
「竹内一士、プロレス技いろいろ教えて下さいよ」と仁美。
「いいよ、実験台はたくさんいるからね」
「壊れたら上に頼んでまた補充すればいいだけの話だし」
 彼女たちのそんなやりとりを見送りながら、肇は脚の痛みとめまいを同時に覚える。
 

S女小説 アマゾネスウェーブ3「女軍支配の奴隷艦」


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)