読むFemdomシーン

バレーボールのようにビンタされる中年男


WS000878「何、その顔?」二〇代半ばの美しい長身女性が大きな手で、気をつけの姿勢にさせた中年男の額をつかんでいる。「はい」「え?」「いいえ」「いいえ?」女性は男の額を押す。「はい」「どっちだ」というやいなや、パーンと大きな音がして、男は思わず「うおあっ」と声を上げる。女性の強烈なビンタが、男の頬を襲った。元スポーツ選手の女性は、身長が一七五センチあり、その立ち姿も美しい。「ねえ」「はい」すかさず、パーンと次のビンタが炸裂する。「ふあっ」さらに反対側からパーン。「んむっ」もう一度右手でパーン。「んっ」「どっち? はい? いいえ?」「は、はい」もう一発パーン。「ううっ」「え?」パーン。「うわあっ」男は女性から体を逃がすようにうなだれて、血だらけになった口の中を確認する。「おら」女性は、男の額に手をかけ、元通りに頭を上げさせる。女性は冷笑を浮かべ、さらに強烈な一撃を真っ赤になった男の頬に浴びせる。「うはああっ、あっ」「ふふ」さらに反対側からパーン。「うわああっ、ああっ」男は顔を押さえて、女性から体を反らす。「うわああっ」そのまま床にひざまづく。女性のビンタには全く容赦がない。さらに追い打ちをかけるように、女性は、男の背中を長い脚で、強く蹴り降ろす。「うおおおおっ」


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)