読むFemdomシーン

立て膝ブーツで男を犯す


WS000879身長174センチ、二〇代前半の女性が、黒いペニスバンドをつけて、無理矢理男をバックから犯している。黒革ロングブーツを履き片膝を立てて腰を突き出すさまは、まるで、捕虜を蹂躙する鬼軍曹を思わせる。「おら」
「ハア、ハア、ハア、ハア、ハア・・・・・・」男は女性の腰の動きに合わせて高いよがり声を上げる。「はあああ、あはあ、うふう、ひぃいい、あ、ひい、うううっ・・・・・・」男は、気持ちいいのか苦しいのかよくわからない。女性は時折、立てる膝の脚を変え、男の腰を両手で持って、哀れなアナルを犯し続ける。「ひいいいいいっ、ハッハッハッハッ」「ほら、ズボズボはいってるよ」女性は笑いながらいう。女性がさらに腰の動きを高速化すると、男は「うわあ、あっあっあっあっ」と断末魔のような声を上げる。女性が最後に、深く数度突くとそれにあわせ、「あっ・・・・・・ぎゃっ・・・・・・あっ」と声を上げ、床にひしゃげ、痙攣したように顔をひくひくさせる。腰を抜いた女性の股間には、男を破壊した巨大な黒いペニスがぶら下がっている。


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)