読むFemdomシーン

極刑を免れたいがために必死で女性看守のブーツを舐める


WS000881大柄な女性看守はつま先のとがったロングブーツを身につけている。裁判にかけられた哀れな男は、女性への忠誠心を証明するため、女性のロングブーツを舐めることを強要される。長身女性の威圧感におびえながら、必死でブーツに舌を這わせる男。「ああ、はっ、ああ・・・・・・」命乞いともとれるうめき声を上げながら、下から上へと舐め上げていく。つま先を舐めてないことを見て取った女性は、腰をかがめ男の頭を押しつけて、まんべんなくブーツを舐めさせようとする。ブーツの足首のしわに舌先を入れ込んで、まるで、ブーツを掃除するために生まれてきたかのように、一生懸命女性の足元に奉仕する。女性は、反対側のブーツも舐めるよう、脚を男の顔の前に入れ替える。「はっ、はっ、はっ・・・・・・」犬のような男の吐息が、静かな空間に響き渡る。今度は、つま先の方ばかり舐めている男の首輪につないでいる鎖を引き、まんべんなく舐めさせる。ダメな男は、ブーツの舐め方も知らなかったようだ。これでは極刑は免れないだろう。


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)