読むFemdomシーン

若くて美しい女性による強制飲尿


WS001030「寝ろ」。若くて美しい女性はパンツ一枚で立たされている男に命じた。「早く寝ろ」。男はうろたえながら、床に跪こうとしたが、その腹を女性に蹴られ、仰向けになった。それを見ながら女性はショーツの下の部分に片手をかける。そして、性器を露わにするようにずらすと仰向けになった男の顔をブーツの脚で跨ぐ。「口開けろ、こら」。女性は男の顔面にしゃがみ込み、空いている手で、「早く口開けろよ」といいながら、彼の鼻をつまむ。男は呼吸が苦しくなり思わず口を開ける。そこを目がけて、女性の尿道から、おしっこが勢いよく飛び出す。女性は躊躇することなく、我が家のトイレでするようにして、男の口を便器代わりに使う。「口開けろっていってんだよ」。便器のように思い通りにおしっこが入らないことにいらだち、女性は大声を出す。「こぼしてんじゃねえよ」。男の口からごぼごぼという声ともうなりともつかない息が漏れる。「ほら、ん」。シャーという音と共に女性のおしっこは勢いを失うことなく、男の口や目鼻、顔面に降りかかる。うえっ、ごほっ・・・・・・男は本当に苦しそうだ。さらに、ごほごほと咳き込む。ブーツの脚をM字型に開いてしゃがんだ女性は、その中央の茂みから、まだまだ勢いのある小水を、男性の口を目がけて放たつ。ようやくおしっこが弱まるとと女性は鼻をつまんだ手を離して、「こぼしてんじゃねえよ」といって立ち上がり、まだ落ち続ける残りの小便を男の顔面に垂れ流す。ブーツの脚の間で、男は激しく咳き込む。女性の小便が呼吸器の方に入ったようだ。男は今日から日に何度も女性の便器として使われるようになるのかと思うと、絶望的な気分になった。

強制飲尿動画


エムソルトS女小説(Amazon・Kindle)